20ドル以下で楽しめるフード&ドリンクなら「クヒオアベニュー・フードホール」で!

2023.04.21食べる

待望のハワイ旅行でおいしいものをがっつり食べたいのに、物価高のせいで予算が厳しいという方に朗報です!ワイキキの一大ショッピングセンター「インターナショナルマーケットプレイス」内にある「クヒオアベニュー・フードホール」では、20ドル以下でボリュームたっぷりの料理が楽しめるんですよ~。

ハンバーガー、メキシカン、ピザ、ギリシャ、バーベキュー、ラーメン、サンドイッチ、バーなど、バラエティ豊かなお店が集結したフードホールから今回は、人気の「バンザイバーガー」「ラ・ピナ・カンティーナ」「ティプシー・ティキ・バー」の3店をご紹介します。

Banzai Burger

店名に日本語を取り入れたハワイらしい「バンザイバーガー」は、アメリカの国民食的なハンバーガーのほか、ハワイのローカルフードを代表するロコモコなども取り揃えたお店です。

肉厚のパティ2枚とベーコン、チーズがふわふわのバンズにムギュッと挟み込まれた「ワイメアバーガー($13) 」は、ひと口かぶりつくごとに肉汁があふれ出て、肉のうまみをしっかり味わえます。甘みあふれる玉ねぎはダイナミックな肉の味をマイルドにする味のアクセント。とろけるチーズと照り焼き味のバンザイソースはまさに日本人好みです。

豪快なハンバーガーのサイドディッシュに選んだのは、ニンニクの効いた「ガーリックフライ($5)」。細切りなので、普通のフライドポテトよりカリカリ度がアップして、より食感が楽しめます。

分厚い魚のフライが贅沢な「ローカルキャッチフィッシュサンドイッチ($11)」は、ハワイ近海で採れたカジキをサクッと揚げ、インパクトのあるソースで仕上げたフィッシュバーガー。しゃっきりしたレタスにトロトロのチーズ、そしてさっぱりとしたピクルスが絶妙にマッチします。

サイドの「オニオンリング($5)」もボリューム満点!でも、素材の味わいを活かしたナチュラルな味付けで胃に重くない感じなので、案外ペロっといけちゃいますよ。

地元の人たちのお気に入り「バンザイ・ロコモコ($13)」は、ご飯がボルケーノ(火山)のように盛り付けられていて、かなりのボリュームです。グレービーソースはコクがあって、とってもリッチな味わい。食べるときは卵の黄身をスプーンでつぶして、トロ~リを楽しんで。

La Pina Cantina

次は、スパイスの効いたメキシコ料理が人気の「ラ・ピナ・カンティーナ」です。

店自慢の一品が、この「シグネチャー・シュリンプタコス($15)」。揚げたてのぷりぷりエビがメインのタコスです。シャキシャキのコールスローとカリッとしたシュリンプは相性抜群!マンゴーの甘みとライムの酸味が絶妙なマンゴーサルサとメキシコ名物チポトレソースがピリッと刺激的なタコスに仕上げます。

「ビリア・タコス&ラーメン($16)」は、メキシカンスパイスの効いたビーフタコス。柔らかくなるまでじっくり煮込んだビーフからは噛むごとに肉汁が滴ります。なによりも美味しいのがサイドのラーメン。ビーフを煮込んだ汁をベースに作られたスープは濃厚で、ビーフシチューのメキシコ版といった感じ。もっちりした麺がしっかりスープになじんで、食べだしたら止まりません。

「エロテ・メキシカン・ストリートコーン($8)」は、メキシコの屋台で売られているスナック感覚の焼きトウモロコシ。ふりかけられたアンチョビペッパーパウダーは、塩気があるのになぜか素朴な味わい。日本で食べる甘ダレ醤油の焼きトウモロコシとは一味違う、メキシコ屋台の味をお試しあれ!

Tipsy Tiki Bar

では、最後に南国ムード漂う「ティプシー・ティキ・バー」をご紹介しましょう。「バンザイバーガー」と「ラ・ピナ・カンティーナ」は、クヒオ通り沿いに面したテラス席のレストランですが、ティプシー・ティキ・バーはフードホールの中にあるカジュアルなバー。フットボールなどのスポーツ中継のある日は昼から大賑わいです。

まずは、ハワイの青い海を想わせる「ブルーハワイ($12.57)」はいかが?甘いラムと香り高いブルーキュラソー、そしてパイナップルとレモンの果汁を合わせた、ハワイ生まれのすっきりさわやなテイストのカクテルです。

パイナップルのエキゾチックな味が際立つ、トロピカルカクテルの女王「ティプシー・マイタイ($10.47)」。こちらもラム酒をベースにした濃厚な香りが魅力。名前の由来はタヒチ語の「最高~!」から。大人っぽくてクールな飲み心地が人気です。

ジンとベルモットで作られたカクテルにライチの甘みを加えた「ライチ・マティーニ($10.47)」。爽快感のあるマティーニにライチのほのかな甘みが漂い、トロピカルムードを演出します。ちょっぴり強めのカクテルなので、甘いからと油断しないでのんびりまったり味わいましょう。

いかがでしたか?今回ご紹介したフードやドリンクはすべて20ドル以下!美味しいだけではなく、ボリュームもあるので本当に得した気分になりますよ。ショッピングの合間にちょこっと休憩して軽く食べたい、カジュアルに飲みたい、クヒオ通りの賑わいを感じたいときなどにおすすめのフードホールです。

当サイトでご紹介した内容は
予告なく変更となる場合があります。

この記事をシェアする

20ドル以下で楽しめるフード&ドリンクなら「クヒオアベニュー・フードホール」で!

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

後で読む

この記事の関連情報

「食べる」の最新記事