10ドル台で楽しめる!インターナショナルマーケットプレイスの超絶おトクなハッピーアワー

2023.12.27食べる

物価上昇中のハワイで超絶おトクなハッピーアワーを展開する救世主的存在の「インターナショナルマーケットプレイス」。前回フィーチャーした「ストリップステーキ」と「イーティングハウス1849」に続き、今回は「へリンボーン」と「ショアファイヤー」のハッピーアワーメニューをご紹介します!

へリンボーン・ワイキキ

インターナショナルマーケットプレイス3階のグランドラナイに位置する「へリンボーン・ワイキキ」は、南カリフォルニア生まれのシーフードレストラン。オイスターアワーと呼ばれるこのお店のハッピーアワーは、毎日午後4時から6時と、午後9時から閉店まで実施されています。

「へリンボーン・ワイキキ」の魅力はなんといっても、開放感抜群のテラス席。広々とした空間でハワイの風を感じながらドリンクやププを楽しむことができるんです。

最初にオーダーしたのは、マンゴーカートやグアバカートなどのトロピカルなビールで有名なゴールデンロードブリューイングによる「へリンボーン・ブロンドエール($7)」。へリンボーンのために生み出されたというこのエールは口当たりが軽くて、どんな料理にも合う万能ビールです。

ビールが苦手という方におすすめなのが、ラズベリーとレモンの酸味がさわやかな「ベリーグッドタイム($11)」。甘さ控えめでごくごく飲みたくなるカクテルです。写真映えするピンク色もきれいですよね。

ハッピーアワーをオイスターアワーと呼んでいるへリンボーンで絶対に外せないププは「スリーバックシャック($9)」。スリーバックとは3ドルのことで、なんと生牡蠣をひとつ3ドルでいただけるんです!ワイキキの真ん中の高級レストランで、この値段はいい意味でびっくりですよね?

ひとくちサイズの生牡蠣は臭みなど一切なく、ぷりぷり&クリーミーで悶えるほど美味。酸味の効いたピリ辛キムチミニョネット、チリウォーター、わさびカクテルの3種類のソースが付いてくるので、味をかえながら楽しんでくださいね。ちなみに生牡蠣は3個からのオーダーとなります。

お花畑のようにカラフルな「ハマチクルド($15)」は、脂がのったハマチにローカル産のマイクログリーンやマンゴーなどをトッピングし、白トリュフとゆずのビネグレットソースを添えた一品。口の中でとろけるハマチがたまりません!

シーフードレストランとして知られるへリンボーンですが、実はお肉も文句なしにおいしいんです。熱々の石板と一緒にサーブされる「和州牛ビーフ・ホットストーン($18)」は、テーブルで焼肉を楽しめる、遊び心のあるメニュー。

黒にんにくポンズソースと白トリュフオイルで味付けされた高品質の和州牛は、カリカリになるまで焼いてもよし、さっと火を通してミディアムレアでいただくもよし。ほっぺたが落ちるほどおいしいセルフ焼肉をご堪能あれ。

ドリンクもププも驚くほどクオリティの高い「へリンボーン」のオイスターアワー。今回ご紹介したメニューのほかにも、コチュジャンオクトパス、フィッシュタコス、芽キャベツ、ぺレフステーキ、ハマチカマなどバラエティ豊かなププがあるので、ぜひトライしてみてくださいね!

ショアファイヤー

ワイキキでおいしいローカルフードが楽しめると評判の「ショアファイヤー」では、毎日午後4時から6時まで、月曜日はなんと開店から閉店まで一日中おトクなハッピーアワーを利用することができます。エントランスには来年の干支である辰(ドラゴン)が飾られていました。かわいい♪

広々とした店内の一面はガラス張りになっていて、窓の外には165年もの歴史を誇るバニヤンツリーが広がります。モダンな店内とノスタルジックな眺めのギャップが、なんともいえない独特な雰囲気を醸し出していますね。

天井が高くオープンなラナイ席では、ワイキキの街並みやビルの間から見えるビーチを眺めながら食事やドリンクを楽しむことができますよ。

ハッピーアワーのドリンクは、ビール、ワイン、カクテルと種類豊富で、今回は「ハウススパークリングワイン($7)」をオーダーしてみました。大きめのグラスにたっぷりと注がれたスパークリングワインとハワイらしいお花の飾りに気分が上がります!

ジュースみたいなボックスがかわいい「ビートボックス($5)」は、甘いカクテルが好きな方におすすめ。ジューシーマンゴー、ピンクレモネード、トロピカルパンチの3種類があって、全種類試してみたくなっちゃいます。

暑いハワイにぴったりな「フレッシュアヒたたき($12.50)」は、なめらかなまぐろのたたきにネギやふりかけをトッピングし、甘辛いスパイシーアイオリソースで仕上げた冷たいププ。お酒が進むのはもちろんですが、これは白いご飯も欲しくなるなぁ(笑)。

写真映えするププなら「トロピカルシュリンプセヴィーチェ($12.50)」がイチオシ。ぷりぷりの小エビをパイナップル、トマト、レッドオニオン、ハラペーニョなどとミックスした、ピリッとパンチのある味が楽しい!

セヴィーチェはシンプルにそのままいただくのもいいですが、付け合わせのコーンチップスと一緒に頬ばれば、おいしさ倍増。カリカリの食感もクセになりそうです。

食べやすいようにカットされた「ヒバチステーキ($12.50)」は、柔らかくジューシー。オニオンやマッシュルームも入っているので、お腹いっぱい食べても罪悪感少なめなのがうれしいポイント。こちらもお酒に合う甘辛い味付けです。

ほかのお店ではなかなか味わえないユニークなププを食べてみたいという方は「レチョンカワリ($11.50)」をオーダーしてみて。レチョンカワリとは豚バラを油で揚げたフィリピン料理で、表面はカリカリ、中はジューシーで病みつきになるおいしさなんです。お酢が効いたアドボソースと一緒に召し上がれ。

ハッピーアワーのププはそのほか、具だくさんのナチョス、スイカのポケ、ポップコーンシュリンプ、ヒバチチキン、ガーリックフライなどがあり、すべて13ドル以下という驚きのお値段です。ドリンクは月替わりのカクテルもあるので試してみて。

いかがでしたか?インターナショナルマーケットプレイスのハッピーアワーで、おトクでおいしいハワイを楽しんでくださいね!

この記事をシェアする

10ドル台で楽しめる!インターナショナルマーケットプレイスの超絶おトクなハッピーアワー

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

後で読む

この記事の関連情報

「食べる」の最新記事