【オリオリベスト5】ワイキキで食べられる10ドル前後ランチ第2位 「スピットファイヤー」

2022.12.16食べる

【ワイキキで食べられる10ドル前後ランチ】の第2位に輝いたのは、人気のグルメスポット「デュークス・レーン・マーケット&イータリー」の中にある「スピットファイヤー・ロティサリー&フラットブレッド」です!

テイクアウト専門店「スピットファイヤー」では、ガーリックシュリンプやロコモコ、ポケ丼など、ハワイで絶対に食べたいローカルグルメをはじめ、サンドイッチやバーガー、日替わりメニューなど、バラエティ豊かな料理をリーズナブルに楽しむことができるんです。

ゆうに二人分はある大きなフラットブレッドピザは、なんと$10.99!ペパロニもたっぷりのっていて食欲をそそります。ピザはペパロニのほか、チーズ、マルゲリータ、ハワイアン、BBQチキン、ベジタブルの全6種類があり、お値段は$8.99~$13.99となっています。

自家製のフレッシュ生地を使ったピザは、オーダーが入ってから焼いているので、いつでもできたての熱々。チーズもトロトロで文句なしのクオリティーです。これ、本当は教えたくなかったかも・・・(笑)

ボリューム満点のロコモコも、驚きの$10.99!柔らかくジューシーなアンガスビーフのパティと、その味を引き立てるマイルドなグレイビーの相性もバッチリでした。

ぷりぷりのエビが9尾も入ったガーリックシュリンプは$13.49と、ノースショアのシュリンプワゴンよりもお得な値段。ニンニクとバターもたっぷり使われていて濃厚な味わいです。

お花畑のようなポケボウルは、1/4ポンドのレギュラー(約113グラム)$11.99、1/2ポンドのラージ(約226グラム)$15.99から、サイズを選べるのがうれしいポイント。今回はレギュラーをオーダーしましたが、十分な量でした。

ポケボウルはサイズのほか、ポケの種類、ベース、トッピング、ソースなど、たくさんのチョイスがあるので、以下の順番で伝えてくださいね。
 1:白米、玄米、サラダからベースをひとつ選択
 2:ポケの種類とサイズを選択
 3:レギュラートッピングを好きなだけ選択
 4:プレミアムトッピングをひとつ選択
 5:ソースをひとつ選択

自家製ポケの種類は、ハワイアンアヒ、スパイシーアヒ、醤油アヒ、オイスターソースアヒ、ダイナマイトアヒ、ハワイアンカリフォルニアアヒ、サーモン、ダイナマイトサーモン、くらげサラダ、カジキがあり、ポケのみの購入も可能です。冷凍ものではない上質なマグロを使ったアヒポケはマストトライですよ~。

リーズナブルなお値段の秘密は、調理済みの食品や冷凍食品などは使用せず、新鮮な食材を店内で調理することでコストを抑えているから。ピザの生地やパンも自家製、ポケはフィッシュマーケットで仕入れた魚を店内でさばいて作っているんです。妥協せず、手間を惜しまず、心を込めておいしいものを提供する、それが「スピットファイヤー」のコンセプトなのです。

今回ご紹介した料理のほかにも、ラップサンドイッチやサラダ、お寿司、ホットデリなどもあるので、今日は何を食べようかなぁなんて迷った日には、ぜひ「スピットファイヤー」に立ち寄ってみてくださいね。

ショーケースの中に美しく並べられたフード
ボリューム満点のラップサンドイッチやカットフルーツ
フレッシュサラダもシーザーやアジアンなどバラエティー豊か
お寿司もあるのがうれしい!
温かいフライドチキンは1個から購入できるのでおやつにもぴったり
当日の日替わりメニューはスイートチリフィッシュ、ロティサリーチキン、BBQビーフ。どれもおいしそう!

この記事をシェアする

【オリオリベスト5】ワイキキで食べられる10ドル前後ランチ第2位 「スピットファイヤー」

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

後で読む

この記事の関連情報

「食べる」の最新記事