食べなきゃ損する「バーガーズ・オン・ビショップ」の激うま和牛バーガー!

2023.04.09食べる

ファストフード系からグルメ系まで、数多くのバーガー店があるホノルルで、食通のロコたちが通う人気店のひとつが「バーガーズ・オン・ビショップ」。以前ヌウアヌ地区にあった「バーガーズ・アンド・シングス」が、店名を新たにリニューアルし、移転オープンしたレストランです。

新店舗はホノルルのダウンタウンにある「トパ・ファイナンシャル・センター」の1階に位置します。目立つ看板などはないので、少々見つけにくいのですが、それがまた”隠れ家”っぽくていい感じ!

バーガーズ・オン・ビショップでは、エントランスを入ってすぐのカウンターで注文と支払いを済ませると番号札が渡されるので、それを持って好きな席に座りましょう。番号札をテーブルの上に置いておくと、フードとドリンクが運ばれてきます。

バーガーズ・オン・ビショップの定番メニューは「和牛バーガー($14)+スモークゴーダチーズ($1.25)」。香ばしく焼き上げたジューシーな和牛パティに、しめじ、えのき、マッシュルーム、ソテーオニオンをたっぷりのせて、ホースラディッシュアイオリソースとマスタード入りのクリーミー和牛ソースで仕上げたバーガーは、笑っちゃうほどウマい!

焦げ目をつけてから肉汁で煮込んだビーフパティに、オーガニックグリーンと地元産のトマトを合わせた「オールアメリカンバーガー($9)」は、お肉のうま味とバルサミックアイオリソースの相性が抜群。そのまま食べてもおいしいですが、シャープチェダーチーズ($1.25)とアボカド($1.25)を足してボリュームアップすれば、満足度もアップします。

バーガーズ・オン・ビショップでは、それぞれのバーガーに好みのチーズを合わせることができるのもうれしいポイント。チーズの種類はシャープチェダー、スイス、ペッパージャック、ブリー、ブルー、マンチェゴなどから選べますが、「和牛バーガー」にはスモークゴーダ、「オールアメリカンバーガー」にはシャープチェダーが合いますよ。

バーガーのお供にオーダーしたいフライドポテトは「ガーリック&トリュフフライ($6.50)」がイチオシ。サイドワンダーというユニークなカットのポテトをカリッカリに揚げて、ガーリックトリュフソースとパルメザンチーズをまぶしたフライは、ひとつ食べたら止まりません!

ドリンクは、ワイキキの人気カフェ「コナコーヒー・パーベイヤーズ」のコナコーヒー100%を使った「コナコーヒージェリードリンク($4.50)」がおすすめ。コーヒーゼリー、コーヒーミルクゼリー、ミルクの層が美しくて、クセになるおいしさです。

ハワイ生まれの紅茶専門店「ティーチェストハワイ」の「アイスティー($3)」も見逃せません。できるだけハワイ産、オーガニック栽培にこだわり、「Farm to Cup(農園からカップまで)」をポリシーに厳選された紅茶は、香り高くて絶品なのです。

今回ご紹介したバーガーのほかにも、ニイハウ島のラム肉を使ったバーガーや、南部スタイルのクリスピーチキンサンドイッチ、オニオンフライやフライドピクルスなどのサイドメニューをはじめ、自家製のクロワッサンやスコーン、アボカドトースト等の朝食メニューも充実しています。

ハワイの食通を唸らせる「バーガーズ・オン・ビショップ」で、数々の絶品フードとドリンクをご堪能あれ!

当サイトでご紹介した内容は
予告なく変更となる場合があります。

この記事をシェアする

食べなきゃ損する「バーガーズ・オン・ビショップ」の激うま和牛バーガー!

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

後で読む

この記事の関連情報

「食べる」の最新記事