インターナショナルマーケットプレイスでひんやりおいしいハワイグルメをエンジョイ!

2023.06.30食べる

一年を通して気温が高いハワイ。日中ずっと外にいると暑さで体力を消耗しがちですが、そんなときはひんやりグルメでリフレッシュ。今回はインターナショナル マーケットプレイス内で冷たい食事とスイーツを楽しめるお店をご紹介します!

まずは、ポケ専門店の「アンクル・シャーキー・ポケバー」から。

「アンクル・シャーキー・ポケバー」は、ローカルのソウルフードとして親しまれているポケをファストフード感覚でカジュアルに味わえるお店です。

ここではバラエティ豊かなポケ丼をはじめ、パイナップルで有名なノースショアのドールソフトサーブやボバティーも楽しめます。

アンクルシャーキーのシグネチャーメニューは、店名を冠した「アンクル・シャーキー・ポケボウル($17.95)」。アヒ、サーモン、エビの3種類のポケと野菜がたっぷり盛られたボリューム満点の一品です。いろいろなポケが試せるのでコスパが高いのも魅力のひとつ。

そして大人気の「スパイシーアヒ・ポケボウル($15.95)」は、ぴりりとした辛さがやみつきになる美味しさ。ベースはサラダやご飯をはじめ、ご飯とサラダのハーフ&ハーフのチョイスも可能。また、ソースもシラチャマヨ、ごまマヨ、オリジナルのパイナップルわさびマヨソースから選べます。アボカドは$2で追加可能。アボカドとポケは相性抜群なので、追加することをおすすめします!

食事のシメはドールの「ソフトサーブ($5.75)」で。現在パイナップルをはじめ4種類のフレーバーがありますが、ここでしか食べられないのがスイカフレーバー。甘いけれど、デイリーフリー、グルテンフリーでとてもヘルシー。後味もさっぱりしているので、食後の口直しにぴったりです。ノースの味がワイキキで楽しめるお手軽さがうれしいですね。

そして、ひんやりグルメで外せないのがアイスクリーム!同じインターナショナル マーケットプレイスの2階、クヒオ通り側にある「マグノリア・アイスクリーム&トリート」は、本格的なフィリピンのスイーツが評判のお店です。

店内はポップなインテリアで、カウンターにはアイスクリームがずらり。看板メニューのウベ(紫芋)のアイスクリームをはじめ、フィリピンスタイルのかき氷のハロハロが人気。

アボカドやチーズ&チーズなどの今まで試したことがないようなユニークなフレーバーもありました。でも、初めてここを訪れる方におすすめしたいのが「ウベアイスクリーム(1スクープ$6.99)」。

オレオやグミなどオプションでトッピングできますが、今回はレインボースプリンクル($0.75)を組み合わせてカラフルに。ウベアイスクリームは、インパクトのある紫の見た目に反して、素朴でしっかり芋感のある味わいで、超なめらかなスイートポテトを食べているかのよう。

もうひとつの人気メニューのハロハロは「マンゴー・マッドネス($10.29)」をピックアップ。マンゴーアイスクリームの上にマンゴーの果肉が入ったソースがたっぷり。アイスクリームの下にはゼリーやジャックフルーツ、ミルクなどがレイヤーになって入っています。混ぜて食べるも良し、上から順番に食べるも良し、好きな食べ方を見つけましょう。溶けるのが早いので、サクサク食べ進めるべし!ミルキーな味わいが口の中いっぱいに広がり、疲れた体を癒やしてくれます。

ハワイらしいシェイブアイスもここで楽しめますよ。ストロベリー、バナナ、ブルーバニラのシロップがかかった「レインボー・シェイブアイス($7.49)」は、シャリシャリとした昔ながらのかき氷の食感。シロップがたっぷりかかっていますが、甘すぎず、さっぱりとした後味が魅力です。

インターナショナル マーケットプレイスは、徒歩約5分でビーチにアクセスできる好ロケーション。ビーチの行き帰りにひんやりグルメを体験してみませんか?ポケはホテルで食べる用にテイクアウトするのも良いですが、アイスクリームは溶けやすいのでお店またはインターナショナル マーケットプレイス内の休憩スポットでのんびり食べるのがおすすめです。

当サイトでご紹介した内容は
予告なく変更となる場合があります。

この記事をシェアする

インターナショナルマーケットプレイスでひんやりおいしいハワイグルメをエンジョイ!

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

後で読む

この記事の関連情報

「食べる」の最新記事