ノースショア散歩 タートルベイ~カフク

2022.07.28遊ぶ

サーフィンの街として知られているノースショア。ショップやレストランで賑わう「ハレイワ」を抜けてオアフ島東部へつながる「タートルベイ」と「カフク」のエリアのちょうど真ん中あたりの自然いっぱいのスポットを散策してみました。

タートルベイ
ノースショアの「カフク」はエビの養殖とランチワゴンで有名ですが、オアフ島の最北端に位置している事はあまり知られていないのではないでしょうか?そのカフクと、タートル・ベイ・リゾートの間にある海岸を散策してみました。

海岸へ続く小径は、白砂と海岸を覆う植物の緑のコントラストが美しいです。

ハワイ諸島の海岸線ではどこにでも見られるこちらの植物は「ヒナヒナ」と呼ばれるハワイ固有の植物。小さめの白いお花が咲くとレイにも使われるとか。激しい日光、強風、砂と岩地の厳しい環境にも関わらず、繁殖力が強いとして知られています。葉っぱや花は沸騰したお湯に入れて煮だすと美味しいお茶になるとか。

この辺りの海岸はごつごつした岩地で成り立っています。海はサンゴ礁の反射で美しいグラデーションを見ることができます。
左側に見えるのは、2つのチャンピオンシップゴルフコースを持つ「タートル・ベイ・リゾート」。ハリウッド映画にもたびたび登場する大型人気リゾートは、美しい自然に囲まれ都会の喧騒をしばし忘れてさせてくれる大人のリゾートです。

海へのエントランスは、岩場になっているところもあります。写真を撮るのには絶好の場所ですね。潮の流れは速いので注意が必要です。

ずっと海岸線を散策していくと、右側に「カフクポイント」が見えてきました。こちらがオアフ島の最北端になります。

更にこのエリアにはこんな立て看板が目につきます。カエナ岬やカウアイ島のキラウエア灯台周辺でも繁殖するコアホウドリへの注意喚起の看板。日本だと伊豆や小笠原諸島で見られるコアホウドリですが、長い年月ハワイ主要8島には見られなかったのが1977年を境に各島で生息・繁殖が確認されているそうです。

成長したコアホウドリの飛ぶ姿は美しくて目をとらえます。広げた翼は約2メートルにもなるそう。絶滅危惧種に指定されているアホウドリはハワイの各島には飛来しないので、このコアホウドリとは区別されています。

ハレイワ以外にもこのような手つかずの自然をみることの出来るノースショアのタートルベイ、カフクエリア。是非次回のハワイ旅行の際に訪れてみては。

ノースショア散歩 ハレイワ~ワイルア~モクレイア
https://www.oliolihawaii.com/column/216683

この記事をシェアする

ノースショア散歩 タートルベイ~カフク

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

後で読む

「遊ぶ」の最新記事