毎朝食付きでとってもお得なカジュアルホテル!「ホリデイ イン エクスプレス ワイキキ IHG ホテル」

2022.11.04泊まる

制限緩和で海外旅行がしやすくなりました!けれど加速する円安の影響で旅行に二の足を踏んでいる方も多いのでは。

そこで今回はカジュアルなハワイ旅行をお探しの方におすすめしたいホテルのひとつ、毎朝食付きの「ホリデイ イン エクスプレス ワイキキ IHG ホテル」をご紹介します!(以下:ホリデイインエクスプレス)

ホリデイインエクスプレスはワイキキの西側のクヒオ通りに沿いにあります。

ワイキキの中心からは、ほんの少し離れているものの、徒歩圏内には緑豊かな公園があり、公園の先には混雑の少ない広いビーチがあります。また、日本の方々にもファンの多い「ディーンアンドデルーカ」や「エッグスンシングス」が歩いて数分のところにあります。

ホリデーインエキスプレスは、44階まで客室のある高層ホテル。もし高層階のお部屋に宿泊すれば、お部屋からは素晴らしい景色をご覧いただけます。カジュアルホテルとは言え、ここはホテル内の施設がとっても充実しているんです!

クヒオ通りの正面エントランスを入って左側にあるのがフロントデスクです。私達が訪れた時はたくさんのお客様で賑わっていましたが、スタッフがテキパキ対応しているので、あっという間に列が短くなっていました。

それではホテルの1階にあるファシリティをご紹介していきますね。少し分かりにくいのですが、フロントの直ぐ右横には「The Market」があります。ちょっとしたお菓子やお飲み物、チョコレートなどのお土産も置いてあります。

カイルアで作られているオエノ・ワイナリー(Oeno WINERY)のワインも冷蔵庫に冷えています。まだトライしたことが無いので、どんなテイストなのかが気になります。マーケットをご利用の際にはフロントスタッフに声を掛けて下さいね。

その他、フロントの手前にはビジネスセンターとエントランスから真っ直ぐ奥に進むとコンシェルジュデスクがあります。多くのお客様が滞在しているのが分かりますね。

コンシェルジュデスクの前を通り過ぎ、エレベーターホールの奥にあるのが、毎朝食がいただけるカフェテリアの入口です。毎朝6:30~9:30の間にオープンしています。

広々としたカフェテリアの一番奥がアメリカンスタイルのビュッフコーナーとなっています。ビュッフェなので、好きなものを好きなだけ選べるのがいいところ。

パン類やトースターは数か所に置いてあるので、空いているところを見つけて、早速パンをトーストしてみましょう!今朝は食パンとベーグル、ミニカップケーキが置いてありました。

自動パンケーキマシーンもあります!スタートボタンを押して、お皿をセットするだけ。実際に作ってみたのですが、ミニパンケーキが2枚、可愛く焼けました!思っていた以上に美味しかったので、ちょっとビックリ!(笑)

ホットミールは2種類のお肉、チキンパテとスパム、薄く焼いたオムレツがありました。そのまま食べてもいいけれど、パンに乗せたり、挟んでホットサンドにしても良いですね。

この日のフルーツはバナナとオレンジ。隣のカウンターにはシリアルが3種類とクエーカーのオートミールも数種類置いてありました。カラフルなシリアルは正にアメリカンな朝食って感じですね。

冷蔵後にはミルクと豆乳にヨーグルトが入っています。

冷たい飲み物は、ハワイらしいパイナップルなどのジュースが4種類。

温かいコーヒーなども全ておかわり自由です。

さあ、マイプレートが完成したら、お好きな席で朝食を頂きましょ~!因みにテイクアウト用のボックスも用意があるので、好きなものを詰めてビーチや公園で食べるのも良さそうですね。

続いては5階のリクリエーションフロアーをご紹介します。

まずは室内にあるフィトネスルーム。各種マシーンが揃っているので、ジム通いが日課の人でも満足のできる運動ができますね。

そしてその向かい側はテレビゲーム専用のお部屋となっています。専用ルームがあるのは珍しいですよね。室内でゆっくり過ごしたい日はぜひご利用下さい。分からないことはプールエリアにいるスタッフに聞いてみて下さいね。

続いて屋外のスカイデッキへ出てみましょう!

通常のプールとワールプール*の2つがあり、その周りにはたくさんのプールチェアーとカーテンで仕切るタイプのカバナがあり、どれも無料で利用できます。
(*ジェットバススタイルのプール、ジャグジー。)

タワービルディングを囲むように作られたデッキには、他にもミニゴルフ場や大きなチェスにシャッフルボード、卓球台やコーンホール*などもあってホテル内でも十分楽しめます。ここならお子様と一緒に楽しい時間が過ごせそうですね。
(*アメリカでは人気のお手軽ゲーム。台の穴をめがけてビーンバックを投げて、着地した位置でスコアが決まります。)

また3階にはランドリールームもあり、長期滞在なら着替えを少なめにして荷物をコンパクトにすることができるし、たくさん遊んで服を汚してしまっても、洗濯できるのはとっても便利ですね。

それではお待ちかねのお部屋を紹介していきましょう~!今回は、LOOK JTB MySTYLEでご予約頂けるカテゴリーのお部屋をご紹介しますね。

最初にご紹介するのはパーシャルオーシャンビューのベッドが2台のお部屋です。
(今回は全て40階のお部屋のご紹介となりますので、お泊りの階やお部屋の向きにより眺望やベッドの配置等は異なります。)

コンパクトなバスルームですが、ベッドが2台のお部屋はバスタブ付きです。

バスルームのアメニティーはダブ(Dove)。愛用者が多くお馴染みのブランドなので、安心して使えるのが良いですね。

続いては同じパーシャルオーシャンビューで、ベッドが1台のお部屋。お部屋の向きにもよりますが、こちらからはダイアモンドヘッドも見えます。

全てのお部屋にキューリグのコーヒーメーカーとコーヒー、紅茶のKカップ、電子レンジ、ミニ冷蔵庫があります。電子レンジまで備わっているホテルはなかなか少ないですが、あるととても便利なんですよね!

キングベッドが1台のお部屋は全てシャワーのみとなりますが、ホリデイインエクスプレスは2017年に大改装されていますので、お部屋もバスルームも清潔感がありとても奇麗です。

こちらは部屋指定無しのカテゴリーで、ベッドが2台か1台のお部屋です。お部屋からの景色は、シティービューかマウンテンビューとなります。

リピーターの方の中には、あえてシティーやマウンテンビューを選ぶ方も多かったりします。夜は高層ビルや山肌に建つ家々の明かりが灯って、夜景がとてもロマンチックなんですよね。

ベッドサイドテーブルには電話、ラジオ、デジタルクロックやコンセントなどが揃っていますし、もうひとつ可動式のサービステーブルもあるので、ベッドに座ったままPCを使えるのも便利です。全てのお部屋には無料の高速インターネットも繋がっているので、少しずつ増えてきているワーケーションにもGood!

ベッドは、数多くのホテルで採用されているサータ(Serta)のマットレスなので寝心地も良く、枕はsoft(やわらかめ)、firm(かため)があって、お好みのアレンジも可能です。枕が変わると眠れない方も多いので、これはとてもうれしいサービスですね。

お値段重視のカジュアルな旅をお考えでしたら、毎朝食付きで、ホテル内施設も充実の「ホリデイ イン エクスプレス ワイキキ IHG ホテル」を是非ご利用下さいね!!

※2022年10月13日現在の情報です。

ホリデイ イン エクスプレス ワイキキ IHG ホテル
2058 Kuhio AvenueHonolulu, Hawaii 96815
電話: 808-947-2828
https://www.hiexwaikiki.com

LOOK JTB MySTYLE
https://www.jtb.co.jp/ovs_dp/
トップページから「ホテルの条件を追加」で「ホリデイイン」で検索して下さい!

当サイトでご紹介した内容は掲載時点での内容・料金となり予告なく変更となる場合がございます。

この記事をシェアする

毎朝食付きでとってもお得なカジュアルホテル!「ホリデイ イン エクスプレス ワイキキ IHG ホテル…

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

後で読む

「泊まる」の最新記事