フォトジェニックなホテル 「ザ・モダン・ホノルル」

2017年06月07日

テーマ:ハワイのホテル

多くのハワイ好きが口ずさむ、「いつか泊まってみたい」、「気になるホテル」、「インスタ映え間違いなし」、「泊まるべきホテル」ザ・モダン・ホノルルに泊まってきました。このホテルの特徴は何と言ってもロケーション、プライベート感、ホテルとしてのクオリティーの高さです。

 

モダン・ワイキキは、ワイキキの西側に位置しアラモアナ・センターまで徒歩圏。ヒルトン・ハワイアン・ビレッジとプリンス・ワイキキホテルの間に位置する少し隠れ家的な中型ホテルです。人目が気にならず、のんびり自由な時間を過ごせます。

 

他のホテルやコンドミニアムに囲まれていますが、海側を向けば視界を邪魔するものがなく海と空とリゾートらしいヤシの木が広がり、プライベートな空間を満喫できます。

 

お部屋はこんな感じ。白を基調としたお部屋は昼間は外からの自然光で明るく、夜間は間接ライトの照明でお部屋の光は調節可能です。

 

モダンホノルルのお部屋にはインテリアのように飾られているウクレレや、カラフルなパレオが置かれています。今回はちょっと大人色のパレオ。プールに行くのにも使えたりと重宝さがありがたいですね。パレオにはたくさんのデザインと色味があるんだそうです。ホテル内ショップでも購入できるので思い出にいかがでしょうか。

 

バスルームはシンプル。エコ派や自然派のお客様に好まれるホテルなだけに、余計なものは置かれていません。

 

広々と使えるシンクは二人で一緒に利用しても十分なスペースとなっています。

 

バスアメニティーはホテル内のスパLATHERのもので、しっかりしたサイズのものでした。

 

お部屋から見下ろすと、サンセットプールでウエディングセレモニーが行われていました。
プールの上を渡る蒼い花道が素敵です。滞在中には様々なスペースでウエディングを見かけることができました。プライベート感を求めるお客様に支持されるホテルというのがわかります。

 

サンライズプールでのリラックス時間。
週末だったのもあり、なかなか混んでいました。プールサイドのデイベッド(大きなパラソル付のキングサイズベッド)は宿泊者限定で予約を受け付けています。また予想とは違って驚くほど破格な値段でしたので、次の滞在時には事前予約をしようと思いました。(この日は予約でいっぱいで残念でした…)

 

プールサイドのお食事も自然派に愛されるメニューが揃っています。ケール、グレイン、季節のフルーツのサラダをいただいたのですが、見た目通りボリュームたっぷり、食べごたえあり。絡めてあるレモンビネガードレッシングがとってもおいしかったです。

 

スパ LATHER
チェックインの日に到着が早かったお客様にはスパのシャワーを利用いただけます。シャワーでスッキリ、リフレッシュしてお出かけや、プールサイドでのんびりとできるのが嬉しい。客室に置かれているシャンプーなどはこのスパブランドとなっています。レモングラスやオレンジなどのエッセンシャルオイルを多く取り入れている爽やかな香り漂うスパでした。

 

もちろんスパで使用する製品は購入も可能です。マンネリ化したハワイ土産を何とかしたいという方は、是非ともこちらの製品を!バラマキ土産としてもよいスクラブセットが魅力的でしたのでチェックしてみてくださいね。

 

夕食 Ravish
以前は別のレストランが入っていましたが昨年末よりホテル直営のレストランとしてRavish(ラビッシュ)がオープン。パシフィックリムの創作料理が味わえます。コンセプトはスペインのタパス風で、シェアするスタイル。色んなものを頼んで仲間とシェアして楽しめます。

 

店内は柔らかい色を起用し、すっきりとしたデザインです。お外にテントを張ったお席もあるので、風を楽しみたい方は座席指定をしてみてくださいね。

 

いろいろと沢山オーダーしてみましたので、お料理を少しご紹介します。メニューは定期的に変わりますのでご参考としてご覧ください。

 

お通し

 

カウアイ ガーリックシュリンプ は香ばしい香りとぷりぷりのエビの身

 

炙り寿司 モダン寿司3種。スターターとしてお寿司が出てきました。西洋わさびやハラペーニョ乗せで、モダンなスタイルとなっています。

 

カリフラワーサラダ
スライスアーモンドとローストしたカリフラワーの甘みが好印象。食感の違う食材が一皿に盛られているのが楽しい。

 

スキュアーポークベリーバン
お肉がすっごく柔らかくバーベキューソースが丁度いい味付けです。

 

グリル スクイッド
下味のついたイカとフレッシュレッドオニオンのコンビネーション!ただのイカ焼きではありません!

 

プライム ストリップ ステーキ
中は丁度いいピンク色。サイドのジェノベーゼソースとの相性もバッチシで旨味が増す新しい発見。

 

‘ELE ‘ELE(エレ エレ=黒)
イカ墨のリゾットに魚介グリルとお野菜を乗せた一品。ヨーグルトソースが爽やかさをいっそう引き立てます。

 

バースデーサプライズ スウィーツ
ゴマのパンナコッタ、ゴマ餅と柚子ジュレ ココナッツアイス添え

 

ベトナムコーヒーとドーナッツムース
食べるベトナムコーヒー!甘い、あまい、アマイ~♪

 

誕生日だったので、バースデーサプライズスウィーツを用意してくれましたが、記念日をステキに過ごすのには、ぴったりの最高のおもてなしで、感動です。

 

翌朝は重いお腹をすっきりさせるために朝ヨガへ。
宿泊者は無料で参加できる朝ヨガ。緑に囲まれた18歳以上用のサンセットプールサイドで砂の上にヨガマットを敷いて行われます。

 

自然に帰った感覚で、涼しく気持ちいいの一言に尽きます!パワーチャージも完了。カップルやお友達同士での参加が多いと思いきや、お1人様でのご参加も結構いらっしゃいました。(開催日は月・水・金の朝。時間などの詳細はホテルにお尋ねください。)

 

朝食 Grove Restaurant(グローブレストラン)
ヨガを済ませて、さっそく朝食。

 

甘いものは好きだけどクリームが苦手な私、オーダーしたワッフルはクリームがサイドに用意されていることに感動!ザクザクマカダミアナッツとキャラメライズされたバナナが香ばしくて、本当に美味しかったです。

 

他にもこんな朝食が楽しめます。

単品のペイストリー3種、チキンアップルソーセージ

 

エッグベネディクトとハッシュブラン

 

アボガドブレッド ポーチドエッグ のせ

 

キュアドサーモンとベーグル

 

エッグス&ソルジャーズ 

 

最後に今回利用しませんでしたが、毎晩開催されている、若手アーティストによるライブミュージックの演奏を楽しみながらお酒やププ(おつまみ)が楽しめるThe Study(ザ・スタディー)というバーや、週末の夜だけオープンするAddiction(アディクション)クラブもホテル内施設としてあります。アディクションクラブは宿泊者は入場無料となっています。

 

もちろん宿泊していなくてもお食事やバー、スパのご利用も可能です、是非足を運んでみてください。フォトジェニックにはお墨付きのデザイナーズホテル、ザ・モダン・ホノルルでした。

 

次のハワイはザ・モダン・ホノルルに泊まってみませんか?
詳細はこちらから。

 

★ルックJTBで行くハワイ★

札幌、名古屋、関空、福岡​ ​発も!
ザ・モダン・ホノルルの詳細をチェックする!

 

★7月からのハワイウエディング★

札幌、名古屋、関空、福岡​ ​発も!
デジタルパンフP55
憧れのハワイウエディング&スタイリッシュなステイ+特典をチェックする!

 

エアとホテルをお好きに組み合わせられる♪
エアホでさくっとハワイ♪ウェブから検索♪

 

 

JTBハワイ 仕入課

 


★今回ご紹介した情報は予告なく変更される場合があります★
★今回ご紹介した情報は予告なく
変更される場合があります★

必見ハワイの過ごし方!モデルプランはこちらから>>

おすすめレストラン&ショーのお申し込みはこちらから>>

おすすめレストラン&ショーの
お申し込みは
こちらから>>

category_1 category_13

 

category_3 

 

※本サイト内の全てのコンテンツ(画像、映像等)を無断で転用、複製することはお控えください。

Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。