無料で行けちゃう?!ずっと行きたかったシャングリラ…憧れの「ハレクラニ」宿泊特典♪

2014年09月08日

テーマ:ハワイのホテル

本日はブログを2本アップします

 

「午後の部」もお見逃しなく!!
一生に一度は泊まりたい!
憧れのホテルハレクラニ

 

今日は、先日ご紹介した、
スパ・ハレクラニの極上スパ体験
「天国にふさわしい家」ハレクラニのお部屋
に続いて…

 

前回、ちらっとご紹介した
フォー・ユー・エブリシング・プログラム
について、ご紹介します!!

 

ホテルが素敵だと、
日中もずーっとホテルで
過ごしたくなってしまいますが
せっかくのバケーション、
観光にも出かけなくちゃ
もったいないですよね

 

ハワイの定番観光スポットと言えば、
キレイな海ダイヤモンドヘッド
など自然が多いですが、
ハレクラニが提案するのは
芸術のハワイ

 

そう!意外と知られていないですが
ハワイはアメリカで唯一の宮殿
が残っていたり
イスラムアートが楽しめたり、
歴史的建造物があったり…と
芸術も充実しているんです

 

例えば、

 

1.ビショップミュージアム
ハワイ王家伝来
美術工芸品など…
ハワイやポリネシアなど
太平洋地域の自然・文化等に
関するコレクションが
200万点以上収蔵されている
ハワイ州最大の博物館

 

2.ホノルル美術館
東洋と西洋の歴史的アートと
現代アートの両方が揃う
時代と国境を超えたアート
を感じる事ができる
ハワイ州最古・最大の美術館

 

3.イオラニ宮殿
世界各国の調度品や、当時の最先端技術が揃う
ハワイアン王朝の英華が忍ばれる
アメリカで唯一の王族の公邸
ブログ記事>>

 

4.スポルディングハウス
現代美術コレクションを中心に、
1200点以上の所蔵作品を集める
ブログ記事>>

 

と言った定番のアートスポットに加え、

 

5.ドリス・デュークのシャングリラ邸宅
世界的な大富豪ドリス・デュークの別荘で
ダイヤモンドヘッドを望む
イスラム芸術で彩られた理想郷

 

6.リジェストランド ハウス
ハワイを代表する建築家、
ウラジミール・オシポフ氏
が設計した
タンタラスの丘に建つ国家歴史登録財

 

と言った、有名建築

 

7.ハワイ シンフォニー オーケストラ
1900年に結成された由緒ある交響楽団

 

など、音楽だって楽しめますよっ!!

 

しかも、この7つの、
アート施設や文化体験、
ハレクラニに宿泊している人は
な・ん・と!!
無料で楽しめちゃうんです

 

嬉しいっ!
素敵すぎる特典ですよね

 

と言う事で…
この機会に!!ずーっと行ってみたかった
大富豪が建てたユニークな邸宅
ドリス デュークのシャングリラ邸宅
に行ってきちゃいました~

 

ホノルル美術館などは、
ルームキーがチケット代わり
入場できちゃうようですが
シャングリラ邸宅は、
ツアー見学のみのため、
事前にホテル1階の
コンシェルジュデスク
参加希望の旨伝えます

 

↓ コンシェルジュデスク ↓

 

シャングリラ邸のツアーは、
毎週水曜日の12:00から
集合は2階のカンファレンスルームでした。

 

お部屋に入ると、
他の参加者の方と一緒に
チーフ・コンシェルジュのフランクさん
がいて、ご挨拶、プログラムの紹介の後、
シャングリラのビデオ
を見せてくれました。

 

説明やビデオは英語でしたが
、ゆっくりお話してくれるし、
日本語を話す私たちへ、都度理解できたか
心配りをしてくれるので、
ご安心を

 

ビデオを見終わったら、
いよいよ専用のバス
乗り込み出発です
このとき、小さめのミネラルウォーター
サービスしてくれました

 

さて、ワイキキからダイヤモンドヘッドへ
車窓風景を楽しむこと15分
ダイヤモンドヘッドの麓
ひっそりと立つ大邸宅
その名も「シャングリラ」に到着!

 

見た目シンプルに見えますでしょ!?
これが扉をあけると・・・
別世界なんです

 

ここから、ガイドさんに付いて
お宅拝見です
本来、ハレクラニ宿泊者のツアーでは
英語のガイドさんなのですが
この日はタイミング良く
「シャングリラ日本語ツアー」の方と
時間が合ったので
こちらと一緒に回らせていただきました

 

ツアーの注意事項!外観の説明
を聞いた後は、いよいよ中へ!
シンプルな白壁の玄関から、
一歩足を踏み入れると
床、天井、壁まですべてが
手の込んだアートで
埋め尽くされた空間
が始まります

 

左から右にずらっと設置された
ステンドグラスからの光だけが
内側を照らすようになっていて、
ちょっぴりミステリアス

 

明暗の激しさに、
一瞬くらりとなりますが
目が慣れてくると、
その自然の光を
上手に取り入れた設計

ステンドグラスの美しさ
ため息が出ます

 

そして、このロビーで
一人ひとつずつうちわ
配ってくれました
で出来たしっかりしたうちわで、
デザインもシャングリラらしく
渋くてとっても素敵です

 

いただいたうちわで、
パタパタと扇ぎながら中庭に…

 

この写真の黒い日よけの壁の奥に、
中庭へとおりる階段があります。

 

中庭は、真ん中に噴水があり、
その周りを緑が囲んでいます
陽の光が差し込む
明るく開放的な雰囲気
四方の壁には
モザイクが飾られています

 

壁のモザイクひとつをとっても、
幾何学的なデザイン
が美しいものから
イスラム美術としては珍しい、人物をかたどったもの
など多種多様。

 

中東の各地・各時代の精巧な芸術品
を集め、そのまま、
家の中庭にほどこしたんですって

 

美しい中庭は静寂さがあり、
気持ちが落ち着きます

 

次は、お客様をお通しする
シリアンルームへ案内されました。

 

写真の左側に見えるのは
プチ噴水みたいな設備。
水が流れていて、
その音色にも
穏やかさがあり癒されます

 

同系色でコーディネートされ、
たくさんのクッッションがおかれた座席は
6~7人くらいは座れる広さ。
壁にはコレクションの陶器
ガラスの芸術品が飾られ
客人の目を楽しませてくれます

 

さて、メインのリビングルームをご紹介する前に、
このお屋敷の主人である
富豪ドリス・デュークについて
少しご紹介しますね。

 

煙草会社を筆頭に
数々の企業を経営する
富豪の娘として育った
ドリス・デュークは結婚後、
世界中をめぐってハネムーン
を楽しみました。
そのなかでも、彼女が惹きつけられ、
魅せられたのがインドのタージマハル
中東の建造物や芸術でした。

 

ハワイとのつながりも、
やはりハネムーン
ハネムーン中4ヶ月滞在して
好きになったハワイに
インド中東にインスピレーションを
得て収集した
工芸や芸術品を用いた
家を建てました

 

その他の別荘も持っている中、
ことさら、ハワイのこの屋敷を好んで
滞在していたそうです

 

このつい数十年前まで
30人の使用人をかかえて

実際に住まいとして使っていた
というから驚きですね。

 

現在は異文化を伝える貴重な場
として開放されています

 

トリビアはそれくらいにして、さぁどんどん進みましょう

 

次は、スペインをテーマにしたリビングルームです。

 

この大きな窓は、当時からすれば
本当にびっくりですが
ボタンひとつで開閉できる
電動式なんです!!

 

部屋の装飾もドリスが自分で
ひとつひとつ選んでいるというから
そのセンスの良さ
文化への造詣の深さ
感じることができます。

 

またコレクションは
歴史的価値のある高価なもの
もあれば、マーケットで
誰もが手に入れることができるようなもの
まで、彼女なりの基準を持って
チョイスされているのも面白いですよね

 

窓の向こうに見えるのは
プールコテージ

そして、その奥に見えるのは
裏側のダイヤモンドヘッド
目の前には海と
ダイヤモンドヘッド以外何もなく、
ダイヤモンドヘッドを独り占め
しているような眺めは
本当に贅沢ですね

 

このコテージには
修復や研究調査に来る
研究者の方々
お泊りになられるとか。

 

次は、ダイニングルームです。

 

ここは、お食事をするだけでなく
ドリスが書斎としても
好んで使っていたお部屋。
ブルーの壁が向こう側の海と
マッチしていて素敵~

 

低いテーブルはインドで元々
寝台だったものを手を加えてテーブルに
したもの。そして、部屋の真ん中には、
なんとバカラ製だという
シャンデリアが燦然と
輝いていました
イスラミックな月や星のモチーフが
付いた珍しいデザインでした。

 

同じお部屋を海側から眺めた様子

 

左側のタペストリー
かかっているところは
全開すると
海やお庭が見える造りです

 

ここで、お部屋の先にある
ラナイで少し休憩タイム
太平洋の海が見渡せる
贅沢なラナイです

 

すぐ下には、船着き場

 

ここから自家用船で世界へ
出かけていたとか…
なんという贅沢でしょう

 

最後に向かったのは、
ダマスカスルーム
と呼ばれるお部屋。

 

シャングリラの中でも
イスラミックアートの真骨頂であり、
16世紀のオットーマン帝国時代の
シリアインテリアを再現
しているものです。

 

ダマスカスの美術商の家
の内装を気に入ったドリスは、
邸宅を丸ごと買い上げて、
ハワイへ持ってきて
再度組み立てたそうで、
アジャミという、当時の素晴らしい、
装飾技法が見られるお部屋です

 

お部屋の紹介はこれで以上ですが、
最後にもう一つ
ムガールガーデンと呼ばれる
外庭に案内してくれました

 

長く続く水路
シンメトリーに植えられた木々
イスラム様式の庭園で、
インドのムガール王朝の庭を
模したものだそう。
白い代理石とキラキラ輝く水が
眩しく美しい
最後にふさわしいお庭でした

 

シャングリラ(理想郷)
と呼ばれるだけあって
この大邸宅は、
何もかもが普通のスケールを
飛び越えておりました
もっと見たい方は
こちらからご参照ください

 

通常こちらのツアーは
毎週水曜日金曜日
に実施されていて、
約90分のツアーで
チケットは25ドル
参加するには
ホノルル美術館へ予約でんわ
する必要があります。

 

でも!
ハレクラニの宿泊者
ホテルで申し込めて、
しかも無料!!
で参加できちゃうので、
これは、行かなきゃ損ですよ~

 

ドリス・デュークのシャングリラ邸宅
にすっかり感動して、夢見心地で、
帰路についた後は、ちょっと休憩してから
ドレスアップ

 

ハレクラニ宿泊の
もう一つのお楽しみ
マネジャーズ・カクテル・レセプション
へ参加しましたよ

 

その様子は、また午後の部でしっかりご紹介しますので
お楽しみに~

 

★今回ご紹介した情報は予告なく変更される場合があります★

 

Halekulani
ハレクラニ

2199 Kalia Road Honolulu, HI
チェックイン 15:00
チェックアウト 12:00
詳細はこちら>>

 

JTBハワイ エル


★今回ご紹介した情報は予告なく変更される場合があります★
★今回ご紹介した情報は予告なく
変更される場合があります★

デスクがあるからいつでも頼れる!
個人旅行も大歓迎!
オプショナルツアーなら
現地40年の実績と信頼のJTBハワイで!

オプショナルツアー体験談はこちらから>>
こちらから>>

 

category_1category_1 category_3category_3

 

category_13category_13 

 

category_12 category_18category_18

 

banner_2_27_4d9cbanner_2_27_4d9c

 

tenshinoumi_2016tenshinoumi_2016 bannerb_ruthschrisbannerb_ruthschris

※本サイト内の全てのコンテンツ(画像、映像等)を無断で転用、複製することはお控えください。

Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。