ダイヤモンドヘッドから見る初日の出と絶品おせち料理!

2017年01月12日

テーマ:オプショナルツアー

今年の元旦はツアーに参加して、ダイヤモンドヘッドから初日の出を拝んできました。このブログを通して、ハワイのご来光パワーをみなさまにおすそわけします
01

 

朝5時すぎ、外はまだ真っ暗。シェラトンホテル正面入り口横のアロハランディングから出発です。ワイキキにはカウントダウンパーティの熱が冷めていない人達もちらほら
02

 

車に乗ること15分ほどでダイヤモンドヘッドのふもとに到着まずはここで車を降りて、参加者みんなでツアーの説明をききます。説明のあとは車に戻るので、自分が乗ってきた車の番号をしっかり覚えておきましょう

 

外に出ると、オレンジ色に輝く街の夜景が目の前に
そして空を見上げると満点の星空写真に収めることができなくて残念
流れ星を見つけている人もいましたよ
03

 

太陽が出る前なので外は肌寒く、パーカーなどの上着は必須です
ダイヤモンドヘッドを登っていると体が温まってくるので、脱ぎ着しやすいものがおすすめ

 

ダイヤモンドヘッドは標高232メートル片道約30分の道のり。
いざ2017年初のハイキングへ

 

ダイヤモンドヘッドは朝の6時とは思えぬ人気ぶり
やっぱりお正月にハワイにいるなら初日の出見たいですよね
ちなみに入口にあるトイレも並ぶので、ツアーに参加する前にホテルのトイレに行っておくことをおすすめします。

 

6時を過ぎてもあたりは暗く、足元はほとんど見えません
途中からゴツゴツした道になるのでスマートフォンや懐中電灯で足元を照らしている人もいました。暗いので写真も撮れず。。初日の出に期待を膨らませて、ひたすら進みます

 

トンネルをくぐれば、頂上まであと少し
左右に分かれる道があるので、ゆるやかで登りやすい左の道がおすすめです右の道は99段の階段をのぼる道。1人ずつしか進めなくなるので、混んでいる場合はなかなか前に進みません。ということで、この日は左の道に進むと…
04

 

頂上の方には人がたくさんみなさんワクワクと日の出の時間を待ちわびていました今回は頂上に行くことを諦め、ゆっくりと日の出を見物することを優先することに。視線の先にはココヘッドが見えます。
05

 

だんだんと空も明るくなってきました
空の表情がどんどん変わる様子はとってもフォトジェニック
06

 

だんだんと太陽の存在感が増していきます
07

 

太陽が昇ると、ふわっと空があたたかくなる瞬間を体験しました。
日本では、初日の出には年神様が現れると言われていますよね。
2017年、良いスタートをきれたことに感謝です
08

 

太陽の光が行き渡り、明るくなった道を進んで帰ります。
出口付近の、のぼりが建っている場所で登山証明書を配布しているので、忘れずにもらってくださいね
09

 

朝から運動したら、お腹はペコペコダイヤモンドヘッドから車で10分ほど移動し、待ちに待ったおせちタイムです
10

 

場所はホテルパークショア・ワイキキ内にある義経
11

 

本格的な日本の味を楽しめることで、ハワイ在住の人にも人気のレストランです日本の芸能人が来店されることもあるそうですよ。おせちはこんなに豪華なラインナップ
12

 

なます、田作り、数の子、昆布巻き、煮しめ…など品数豊富なのがとっても嬉しい黒豆はふっくら。伊達巻はしっとり。鮭は脂がのっていて、ごはんも進みます
13

 

お雑煮は関東風。お出汁の上品な味が体に染みわたるこれぞ日本のお正月な雰囲気をハワイでも味わうことができました
14

 

ワイキキの中心に戻ったのが9時ちょっと過ぎ
これだけ満喫したのに、1日はまだ始まったばかり
ショッピングスポット各所で開催される福袋バーゲンセール出雲大社への初詣など、ハワイのお正月をたっぷり楽しめます
15

 

初日の出とおせちを満喫できるのは、1年で1回だけぜひ次回、お正月をハワイでお過ごしの際は、こちらのツアーに参加してみてはいかがでしょうか

 

JTBハワイ WEB課

 

その他ダイヤモンドヘッドへ行くツアーは下記をクリック
1_half_banner_10_cba01_half_banner_10_cba0

 


★今回ご紹介した情報は予告なく変更される場合があります★
★今回ご紹介した情報は予告なく
変更される場合があります★

category_1 category_13

 

category_3 

banner_list

 blog_bannerb_kaimarket

デスクがあるからいつでも頼れる!
個人旅行も大歓迎!
オプショナルツアーなら
現地40年の実績と信頼のJTBハワイで!

ブログで詳しく知ろう!人気ツアーはこちらから>>

※本サイト内の全てのコンテンツ(画像、映像等)を無断で転用、複製することはお控えください。

Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。