ハワイでネイルするなら日本語OKの安心サロン。ネイルラボのハイビスカスネイルでリゾート気分を満喫

2023.12.19ウェルネス

温暖な気候と美しい景色で、自然と開放的な気分になっちゃうハワイ旅行。
ネイルもハワイらしくおしゃれしてみませんか?

今日はワイキキのど真ん中、シェラトンワイキキホテル1階にある、老舗ネイルサロン、ネイルラボさんへ行ってきました。

ついつい立ち寄りたくなる、こじんまりとしたアットホームなサロン。事前予約ももちろん人気ですが、ホテルの1階という場所柄、ふらっと入ってこられてネイルアートやネイルケアをオーダーする方も多くいらっしゃるとか。

せっかくのハワイだし、可愛いネイルしてみようかな~と思い立ったら気軽な気分で立ち寄ってみてくださいね。ネイルラボには、日本人ネイリストが多くいらっしゃって、技術も接客も信頼できる安心のネイルサロン。もちろん日本語OKですよ!

 

さて今日は私は、ネイルラボさんが元祖と言われている、こちらのハイビスカスアートのジェルネイルが気になって、サロンにお邪魔いたしました。

ジェルネイルの施術時間は約1時間とのこと。貴重なハワイでの時間、ワイキキの中心で立地も良いし、さくっと出来るのが助かりますね。

ネイルカラーやアートのサンプルがたくさんあって迷います。ハイビスカスと一言に言っても、それぞれ個性がありどれも可愛くってなかなか決められません。

 

悩んでいると、サンプルの通りでなくても、お好みの色やアートを組み合わせて、どんなデザインもできますよ!と担当のネイリストさんからのアドバイス。

他にも3Dデザインや、ウエディングネイル、ペディキュア、キッズネイルなど様々なサービスがあります。身だしなみの一つとしてネイルケアにいらっしゃる男性のお客様も多いそう。

また、やってみたいデザインがある方は、スマホの画面など、画像をネイリストさんに見せて相談してみてくださいね。出来る限り希望に近いアートを作ってくださるそうです。

 

さて、施術がスタート。ネイルで一番大事なのが、下準備です。30分ほどでしょうか、しっかりと時間をかけて甘皮の処理や、爪の形など、自爪のベースを整えてくれます。

今回は、サンプルの中でもひときわ目を惹かれたハワイ気分が上がる、ブルーと白のハイビスカスのアートに挑戦することにしました。

ベースのジェルをしっかり塗った後に、爪先にブルーのラメをグラデーションのように塗っていきます。なんだかハワイのビーチの波打ち際のようです。

ジェルの硬化ライトはテーブルの下。左右の手を交互にテンポよく仕上げていきます。

ネイルラボのネイリストさんは日本語OKの方がほとんど。英語のみのスタッフさんもいらっしゃいますが、その際は日本語を話せるスタッフがヘルプについてくださるとのことで安心です。

ネイルに関する細かい要望や質問などはもちろんですが、他愛もないハワイのお話なども日本語でコミュニケーションが出来るというのは、やはり安心感が大きいですね。

 

爪という小さなキャンバスに、ミリ単位の世界で素敵な絵を描いていくネイリストルさん…本当に尊敬します!

最後にキラキラストーンをつけてもらい、たっぷりのトップコートでカバーして硬化。透明感のあるつやっつやの仕上がりになりました!

ごくたまに自宅でセルフネイルもしますが、やはりプロの仕事と比べると、仕上がりには雲泥の差を実感します。

この記事を書いている時点ですでに1週間たっておりますが、ネイルアートはつやっつやのぴかっぴか。欠けているところもないし、ストーンもしっかりと付いていてビクともしません!

また今回のような透明カラーがベースのグラデーションアートだと、爪が伸びてきても、伸びた部分が分かりにくいので、長く楽しみたい方はおすすめです。

 

普段の生活の中でも可愛いネイルが目に入るとテンションが上がりますよね。特にハワイ旅行の記念にこんなハワイらしいネイルをすると、日本に帰ってからもずっとハワイを思い出せて幸せ気分が持続しそうです♪

 

日本ではお仕事の関係でネイルがNGだけど、ハワイ旅行中は可愛いネイルがしたい!と、到着日にサロンにいらっしゃるお客様も多いのだとか。そしてご帰国日に、また立ち寄られてさくっとジェルをオフして日本に戻られるそう。ワイキキの真ん中という抜群の立地だからこその便利さです。

 

みなさんもぜひ、次回のハワイではネイルラボでハイビスカスネイルを楽しんでみてください♪いつもより数倍、ハワイ気分が上がりますよー!

ネイルラボの営業時間、オンライン予約、施術料金など詳しくは下記の公式サイトよりご確認ください。
https://www.naillabo.net/

この記事をシェアする

ハワイでネイルするなら日本語OKの安心サロン。ネイルラボのハイビスカスネイルでリゾート気分を満喫

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

後で読む

この記事の関連情報

「ウェルネス」の最新記事