ゴージャスなディナーの極めつけ♪ディナー&シティ・ライト・タンタラス フィフティスリー・バイ・ザ・シー

2019年06月07日

カテゴリー:

本日は、「ディナー&シティ・ライト・タンタラス フィフティスリー・バイ・ザ・シー」をご紹介します♪

 

ダイヤモンド・ヘッドを望む絶景レストランのオシャレな建物の中に入ると、まるで映画の舞台のような豪華なエントランスがお出迎え。タンタラスの夜景と共に心に残る一夜を

 

<お迎えから夜景鑑賞後のお戻りまで送迎車つきだからラクチン>
ワイキキでお泊りのホテルまたは最寄の指定ポイントへ専用車がお迎えに来てくれます。フィフティスリー・バイ・ザ・シーはワイキキからは車で15分ほどの距離ですが、繁華街からは少し離れているため、なかなか行くことができないレストランだったので楽しみ~

 

自分で手配するとしたらレストランとタクシーの手配がそれぞれに必要ですが、このツアーならドライバー付きの専用車なので、レストランの予約や手配も要らないし、おまけにタンララスの丘での夜景鑑賞にへも案内してもらえる!お得でラクチンです。

 

<フィフティスリー・バイ・ザ・シー到着>
フィフティスリー・バイ・ザ・シーに到着です。ご覧のとおりオーシャンフロントに位置する静かなレストランお席からはアラモアナビーチパーク沖の海ダイヤモンドヘッドが見え、エレガントな雰囲気に溢れる絶景なレストランなんですよ。

 

フィフティスリー・バイ・ザ・シーの正面玄関です。2メートル以上もある重厚感のあるエントランスのドアがとても素敵です。

 

その正面玄関前で記念撮影を!ちなみに、ドレスコードは「セミ・フォーマル」。男性はアロハシャツ、襟付きシャツ、スラックス着用。女性はワンピース、ブラウス、スカートなど、エレガントな服装となっています。

 

<高級感漂うインテリアの店内へ>
エントランスのドアを開けると、アールデコ調の吹き抜けのエントランスホール正面に豪華な階段!高級感が漂っています。

 

お席に案内されるまでの間、是非ここでも記念撮影を。ドライバーさんが撮影のアシストや、レストランでのチェックインをアシストしてくれるので、ここでもラクチンです。

 

この階段のさきの2階にはバンケットルームなど各種イベントが開かれるお部屋もあります。私たちはこの階段で記念撮影をして、1階奥のディナー席へ案内されました

 

エレガントで落ち着いた雰囲気の店内。

 

通された私たちのテーブルは海側のテラスから外へも出入りできるこちら。

 

お花やランプのテーブルデコレーションもエレガント。室内からテラスに出なくてもダイヤモンドヘッドが見えて、雰囲気満点。

 

お料理がくる前にテラスに出てこの絶景をバックに記念撮影もできます

 

遠慮なくウエイターさんへお申し付けくださいね

 

さっそくドリンクのオーダーとなりましたが、アルコールなどのお飲み物はツアー代金には含まれていないので、別途お会計となります。

 

<ステーキ&シーフードのコース・ディナー>
ディナーのメニューをご紹介しましょう。

 

アミューズ・ブッシュ
“フィフティスリー” スタイル・ポケ
本日のスープ
サーフ&ターフ(ステーキ&シーフード)
本日のシェフ特製デザート
コーヒー または 紅茶

 

<アミューズ・ブッシュ>
シェフ特製アミューズは一口の至福。薄くスライスしたサーモン&キャビアを載せて。可愛らしさ、プレゼンテーションのクオリティーの高さが後に続くお料理への期待を高めてくれます。

 

ソースをつけていただきます♪白い新鮮なヤシの芯は瑞々しくシャキっとした歯ごたえ、お刺身のような海の幸のサーモンとキャビアのプチプチ感が楽しめました。

 

<“フィフティスリー” スタイル・ポケ>
前菜としてサーブされるレタスやフルーツが載ったまるでサラダのような美しいポケ。ハワイ近海のフレッシュなアヒ(マグロ)を使用しています。

 

おそらくこのポケはハワイで一番お上品なポケ。一口、一口美味しく味わっていただきました。

 

<本日のスープ>
「ロブスタービスク」。カップに入ったちょうど良いサイズです。

 

フェンネルがアクセントになった濃厚なシーフードのエキスがつまった美味なスープでした。

 

<メインディッシュ サーフ&ターフ>
本日の鮮魚のソテー マカダミアナッツブラウンバター&黒毛アンガス牛のステーキ 赤ワインのソース

 

サイズ感もちょうど良いステーキは赤ワインの味わい深いソースをからませて。お好みの焼き加減で焼いてくれます。

 

香ばしくグリルされた本日のお魚を、マカダミアナッツと一緒にいただきます。ハワイらしくっていいですね。

 

真ん中で存在感をみせつける、つけあわせのお野菜にマッシュポテト。素材の味をしっかり活かして美味しく調理されています。お肉、お魚、お野菜とバランスのとれた日本人の味覚に合った大満足なメインディッシュでした。

 

<デザート>
パティシエ特製本日のデザートです。ケーキにアイスクリーム、ハワイらしいリリコイ・パッションフルーツのソースが添えられています。上品な甘さのスイーツでエレガントなディナーを締めくくるのにぴったり


※お食事内容は予告なく変更される場合があります。

 

<コーヒーまたは紅茶>
高クオリティーのコーヒーに、紅茶はたっぷりめの器でサーブされ、最後まで楽しめました。テンポよくテーブルをケアしてくれるウェイターさんのサービスのレベルの高さは言うまでもありません。

 

<タンタラスの丘で夜景鑑賞>

さて大満足なディナーの後は、専用車に乗り込んでタンタラスの丘へ。レストランからは約20分ほどで丘のポイントへ到着します。

 

山の上まではジグザグで急勾配の暗い道を行くこともあって、ドライブはちょっと難しい場所。なので専用車でのツアーは本当に安心です。
※夜間は肌寒くなりますので、上着をご用意ください。またレストランを出発するとお手洗いはありませんので、ご注意ください。

 

ワイキキやアラモアナ周辺の賑わいぶりもよく見えます!キラキラときらめくホノルルの夜景をバックに記念撮影したり、景色を楽しんでください

 

十分に楽しんだらワイキキのホテルへ帰着します。時刻は8時20分前後で、ホテルのバーで飲み足したり、くつろぐ時間もたっぷりあります

 

ハネムーンやアニバーサリーにぴったりな高級感あふれるレストランでのお食事に、きらめくタンタラスの丘からの夜景。二人の忘れられないハワイの思い出づくりに是非♪

 

本日ご紹介したツアーはこちら


★今回ご紹介した情報は予告なく変更される場合があります★★今回ご紹介した情報は予告なく変更される場合があります★

 

必見ハワイの過ごし方!モデルプランはこちらから>>

 

 

 

 

天使の海 年末年始ハワイで過ごそう

 

※本サイト内の全てのコンテンツ(画像、映像等)を無断で転用、複製することはお控えください。