POW! WOW! HAWAII 2019 新しくなったカカアコのウォールアートを見に行ってきた♪

2019年03月26日

カテゴリー:

さぁ~今年もやってきましたよ♪POW! WOW! HAWAII 2019

快晴のカカアコでPOW! WOW!のファウンダー&リードディレクターのジャスパー・ウォング氏と待ち合わせ、春になっていっせいに若葉が芽を出したような最新のウォールアートの数々を紹介していただきました!

 

 

今年2月のバレンタインウイークに新たに書き換えられたMural(作品)は、約45点ほど。今日は新作の中からいくつかご紹介していきましょう。

 

と、その前にJasperさんよりポイントの説明!日本では「ウォールアート」と呼ばれることが多い壁画。POW!WOW!オフィシャルとしては、これら壁画作品を英語で「Mural /ミュラル」と呼ぶのでよろしくね!という事です。

 

ちなみに地元の人にウォールアートと言ったらあまり通じません!「Where is the Monster Mural? モンスターの壁画はどこ?」などと尋ねると伝わるでしょう

 

今年Pow!Wow!は世界15都市ほどで行われる予定で、沖縄でも開催予定だそうです。またそれらすべての催しはハワイ出身のジャスパー氏のディレクションの元で行われるというから、すごいですね。

 

 

こちらは、フランス人アーティストのSUPERDEUXによるカワイイ、パキっとした作品です。
SUPERDEUXの活動範囲はひろく、世界中でデザインが用いられているほか、アメリカのゲームやTVニカロディアンでもその作品が採用されているアーティストなんだそうです。

 

 

コラボレーションで描かれたMuralもあります。壁の左半分に目の錯覚を促すようなダイナミックなこちらの絵。

 

 

巨大な壁の右半分がこちら。Caratoes、Apexerの二人のアーティストによる共作です。

 

 

駐車場内壁に描かれた日本人作者の作品。日本、メインランド、アジアからも多数参加して盛り上がったPOW! WOW! HAWAII 2019。だんだんと規模がワールドワイドになってるのもすごい

 

 

これは、ハワイ・ローカルアーティストの作品。2次元壁面を立体的な3次元に。

 

 

ハワイ・ローカルアーティストによる、ハワイらしい巨大なMural。レインボーを想像させるような色使いも美しいですね。

 

 

ワードアベニューを海側に向けて進み、アラモアナ通りを右に曲がるとこちらの巨大なMuralが駐車場の壁一面に広がっていました。かっこいい~

 

 

自転車屋さんの隣の壁。今までのMuralとは一味違った画風ですね。街中のオアシスという感じでしょうか。

 

 

真中にカタカナで「ビビビッ!」と書いてあるのが目をひく、日本人アーティスト「ネギ焼きそば」と「Squid.Licker」の共作。なんだろう。。。じぃーっと見て考えてしまいますね。。

 

 

女子ならここで撮りたいわ♪ ピンクとお花のMural。日系人アーティストLUISE ONOによる作品。

 

 

辛口な笑いを含んだ、鬼の面で顔を隠したチャーリー・ブラウン。

 

 

今年も新たなMuralが多数加わって、一味違ったカルチャー体験ができちゃう「カカアコ散策」。近辺にはソルトなどの複合施設や新規イートイン&ショップインも多数あり楽しめますよ!ハワイ旅行のプランに絶対入れてほしいハワイで一番ホットな場所です。

 

昼間は「ワード・カカアコ・ダウンタウンルート」、夕方5時半以降は「ワード・カカアコイブニングルート」共に’OLI’OLIステーション・アラモアナ始発で立ち寄れます。ルートの詳細はこちらから

 


カカアコ停留所のサイン

 

昼間の散策の際には、お水の携帯や帽子などの暑さ対策をお忘れなく。

 

POW! WOW! HAWAII 2019
http://powwowhawaii.com/mural-map/

 

ルック企画課 & ウェブプランニング課

 


★今回ご紹介した情報は予告なく変更される場合があります★★今回ご紹介した情報は予告なく変更される場合があります★

 

必見ハワイの過ごし方!モデルプランはこちらから>>

 

 

 

 

天使の海 年末年始ハワイで過ごそう

 

※本サイト内の全てのコンテンツ(画像、映像等)を無断で転用、複製することはお控えください。