「2階建てバス」でハワイの歴史に触れてきました!(オリオリスニーカー)

2017年11月22日

テーマ:ルックJTB情報

オリオリスニーカー2階建てバス・歴史探訪に乗ってきました

 

歴史探訪はハワイの景色や歴史にたっぷりと触れることができる観光コースちょっとだけ見どころを写真でご紹介しますね

 

出発してすぐ、ピイコイ通り沿いに、ウォールアートを発見カカアコだけかと思ったら、アラモアナにもあるんですね~

 

あれ?お城?いえいえ、こちらはマキキ教会です。高知城の天守を模しているんだとか

 

この木なんの木で有名なモンキーポッドの木もたくさん生えています。大きいですね~

 

ハワイの警察署です。

 

「永遠の炎/エターナルフレーム」と呼ばれる慰霊碑です。第二次世界大戦で犠牲になった方々の慰霊碑だとか。

 

ハワイの政治の中心ハワイ州庁舎です。建物は火山を、建物を支える柱は椰子の木を、周囲の池はハワイを囲む太平洋をイメージして建てられたそうです。

 

そんな話を聞いてから州庁舎の建物をゆっくり見てみると、「なるほど!」と思うこと間違いなし
*ハワイ州庁舎をじっくり見たい場合は、オリオリウォーカー・ダウンタウン/ワードルートが便利です。

 

この日は青空がとってもきれいでした

 

オアフにある高速道路3本のうちの1本H1です。

 

プオ・ヴァイナと呼ばれる坂道を登った先が、パンチボウルの入口です。パンチボウルは、ダイヤモンドヘッドと同じく、水蒸気爆発によって頂上が吹き飛んでできたクレーターだとか。

 

入口からパンチボウル内へ続く道からは、この通りダイヤモンドヘッドを見ることができます

 

パンチボウルの中にあるのは、1949年にオープンした国立太平洋記念墓地。敷地の大きさは、およそ東京ドーム10個分。

 

第二次世界大戦、朝鮮戦争、ベトナム戦争で戦死した兵士達など、計4万人以上の方々がこの地に眠っています。

 

スペースシャトル・チャレンジャーの爆発事故で亡くなられた、オニヅカ宇宙飛行士も、ここパンチボウルに静かに眠っています。

 

パンチボウルを下りた後はチャイナタウンを通過。

 

これまた趣のある建物があちこちに

 

七代目の王、カラーカウア王によって建築された宮殿イオラニ宮殿

 

これぞハワイの王様カメハメハ大王像

 

カメハメハ三世統治時代に建てられたカワイアハオ教会などなど。他にも、ここでは紹介しきれない数々の歴史スポットを通りました

 

いかがでしたか?笑顔が素敵な日本語ガイドさんから、ハワイの景色やハワイの王様にまつわる歴史をたっぷり聞くことができるオリオリスニーカー2階建てバス・歴史探訪

 

景色をのんびりと楽しみたい方も、ハワイの歴史に興味がある方も、ただ風を感じたい方も、いろんな方々におすすめです

 

詳細は下記をチェック
オリオリスニーカー2階建てバス 歴史探訪コース

 

ルック企画課

 


★今回ご紹介した情報は予告なく変更される場合があります★★今回ご紹介した情報は予告なく変更される場合があります★
必見ハワイの過ごし方!モデルプランはこちらから>>

 

category_1 category_13

 

 

 

 

 

 

※本サイト内の全てのコンテンツ(画像、映像等)を無断で転用、複製することはお控えください。

Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。