ハワイ諸島最古の島カウアイ島はアロハあふれるやさしい島でした。「カウアイ島日帰り観光」

2020年03月13日

カテゴリー:

日本からオアフ島とハワイ島へは直行便があり、多くのハワイラバーが連日ハワイ諸島に降り立っていることと思います

 

ハワイラバーの皆様がきっと抱くであろう、さらなる未知の世界に足を踏み入れたい!の熱い探求心でカウアイ島人気がじわりじわりと上がってきているとか

 

 

オアフ島に滞在中なら「カウアイ島日帰り観光」に参加するのがお手軽です

空港のチェックインも搭乗ゲートまでの行き方の案内も専用スタッフがお手伝いしてくれるので、安心。日帰りなので、最小限の手荷物だけで参加OK

 

カウアイ島はオアフ島の北西にあり、ダニエル・K・イノウエ(ホノルル)空港から飛行機でわずか40分。この40分でまるで過去にタイムスリップした懐かしい気持ちになれるのがカウアイ島なのです

 

今回参加したの「カウアイ島日帰り観光」では早朝5時にワイキキのホテルを出発し、空港到着後にカウアイ島行きツアーの目印になるステッカーをもらいます。そしていよいよ美しい朝焼けの中、カウアイ島へ向けてテイクオフ

 

カウアイ島への国内線フライトをご利用の際のご注意
※パスポートを持参ください。国内線フライトの手荷物規定は、国際線と同じく、飲み物、液体(100ml以上)、ジェル・ペースト類、粉製品(350g以上、パンケーキミックスなども含む)、スプレー缶、刃物等の持ち込みは全て禁止となります。

 

 

機内からカウアイ島の絶景、ナ・パリ・コーストが見えたと思ったらもうリフエ空港に到着

 

時刻は朝8時。

ホノルル出発時にもらったステッカーを目印にガイドさんが声をかけてくれ、無事合流。いよいよツアーがスタートです

 

青い空美しい緑のコントラストが美しいカウアイ島

 

島全体が自然で覆われていることから、ガーデンアイランドと呼ばれていますハワイ諸島では最も誕生が古く、驚くべきその年齢はなんと約510万歳

 

カウアイ島到着後のツアーの主な流れをご紹介しましょう。


1. 潮吹き岩
2. ハナペペ渓谷展望台
3. ワイメア・キャニオン展望台
4. 昼食
5. ワイルア川遊覧
6. シダの洞窟
7. オパエカア滝

※ツアー日程はワイルア川遊覧船の予約時間により、昼食をはさんで午前と午後の行程が入れ替わる場合があります。。

 

 

 

リフエ空港から、南海岸を経由して、東から西へぐるりと周遊するような流れですね

 

 

カウアイ島の大きさは主なハワイ8島の中で4番目に大きな島でハワイ諸島の中で一番古い島。

 

賑やかなオアフ島とはまた別ののどかな雰囲気が漂う、古き良きノスタルジックな街並みを車窓で楽しみながら、ガイドさんから、令和日本の時代にはびっくりなお話が次々に飛び出してきます

 

 

カウアイ島には高層ビルがありません。建物には高さ制限があるんですって!それは「ヤシの木の高さを超えてはならない」というもの。「ヤシの木🌴」がカウアイ島ののどかな景観の基準になっているなんて、さすが「ガーデン・アイランド」

 

さらに、この島での運転には簡単な島一周のマップがあれば初心者でも迷わないと言われました。何しろメインロードは交通量の少ない1本のみですって

 

 

1. 潮吹き岩(散策及び写真撮影)


 

最初に訪れたのは、スパウティング・ホーン・パーク

 

ハワイの美しい海を背景に、壮大な溶岩棚が目の前に広がります

 

すると突然!

溶岩の穴から水しぶき

 

この日は2〜3mでしたが、なんと20mもの潮吹きが見られることもあるそう

 

 

言い伝えによると、ここには海岸を守る大きなトカゲの魔物が潜んでいて、吹き出す水しぶきは、その魔物の息だと言われているそうです

 

この日はラッキーなことに海ガメに会えました プカプカ波に揺られて可愛い〜

 

 

 

2. ハナペペ渓谷展望台(散策及び写真撮影)


 

次にやってきたのは、ハナペペ渓谷を一望できる展望台。

 

映画好きは必見!目立たない場所にありますが、あの有名な「ジュラシック・パーク」の撮影地でもある隠れ観光スポットなんですよ

 

 

迫力満点の赤土の断崖絶壁何百種類もの緑色が重なり合う、これぞ自然の造形美。恐竜がひょっこり出てきそう

 

 

画像の上部で何か動いているものを発見!まさか恐竜

 

 

正解は牛でした~

ほかにも放牧中の馬、ヤギたちが、島のあちらこちらで見られますので探してみてくださいね。 なんてのどかな風景。心が落ち着きます

 

 

3. ワイメアキャニオン展望台(散策及び写真撮影)


※展望台は風が強いため上着があると便利です

 

続いてやってきたのは、カウアイ島の最大の見所と言っても過言ではないこちら。太平洋のグランドキャニオンとも呼ばれる、ワイメア渓谷を一望できる展望台

 

 

展望台を目指して小坂を上がります プチハイキング気分で楽しい〜!道もちゃんと舗装されているので楽々です

 

 

そしてついに現れました!!!

目の前に広がるのは美しい尾根の絶景

 

 

標高1,115m、渓谷の底までの落差は最大810m。

大地の底力を写真でお伝えしきれていますでしょうかとにかく圧巻なのです

 

「ワイメア」はハワイ語で「赤い水」という意味だそうですが、見渡す限りの岩肌は赤土色

 

数百万年という想像を絶する長い年月をかけ、雨や風により削られて出来た岩肌。いま現在も侵食し続けているワイメア渓谷、そのあまりの美しさに、思わず自然とため息が漏れます…

 

 

何だろう、この解放感
こんな時に叫びたくなるのはやっぱりあの言葉!
ヤッホー

 

 

4. 昼食


※昼食のメニューや場所は予告なく変更される場合があります。予めご了承ください。

 

さて、この日の昼食はこちら 圧巻のワイメア渓谷に感動したあとだけに食欲モリモリ〜

 

 

左下はハワイアンメニュー「チキンラウラウ」です。ラウラウの葉で蒸しあげられたチキンはふんわり柔らか。

美味しいお料理を食べてお腹いっぱい!準備は満タン

 

ツアー後半スタートです

 

 

5. ワイルア川遊覧


※天候等により催行が中止となった場合は他の観光スポットへのご案内となり返金はございません。

 

 

次は、ワイルア川を遊覧しながら、ハワイ王族の聖地「シダの洞窟」を目指します

 

 

ボートから望むのは、豊かな自然が広がるハワイ諸島太古の景色

 

 

カヌーでシダの洞窟を目指すチャレンジャーを応援しつつ…

 

 

船内ではハワイアンミュージックのライブ演奏と共に歌や踊りを鑑賞

 

 

フラのレクチャーもあり、ゲスト全員で一緒に踊ったり、楽しい時間を過ごしました

 

 

 

6. シダの洞窟(散策及び写真撮影)


 

カウアイ島へハネムーンで訪れたカップルは、必ず立ち寄るスポット「シダの洞窟」。ワイルア川からボートのみでアクセス可能な聖地です

 

約20分の遊覧を経て下船し、ジャングルのような深い緑の中を歩き進みます。

 

 

トレッキング時間は5分程。道も整備されています

 

 

そしてついに到着!

 

ここはかつて、古代のハワイ王族のみが使用を許され、結婚式やハワイ式宴会(ルアウ)を行なっていた神聖な場所

 

 

なんとも神秘的な光景が目の間に広がります

 

 

 

ハワイの伝統的なウェディング・ソングの生演奏を聴きながら、シダで覆われた美しい洞窟を眺めるそのひと時は、古代のハワイ王朝時代へタイムスリップしたかのような気分にさせてくれます

 

 

この洞窟を前に硬く手を繋ぐと「永遠の愛が約束される」というなんともロマンチックな言い伝えがあるのだそう お相手がいる人はツーショットのチャンスですよ~

 

 

 

 

7. オパエカア滝(散策及び写真撮影)


 

日本語ガイドさんがつきっきりで案内してくれたカウアイ島周遊もいよいよ最終目的地へ

車での移動はお任せで、川有り、洞窟有り、大渓谷有りと下車時間や休憩・お買物なども安心&楽ちんの一日でした

 

約20mの高さから流れ落ちる美しい二筋の滝、オパエカア滝。

 

 

その昔、滝つぼの辺りで沢山のエビが飛び跳ねていたそうで、その光景から、ハワイ語で「飛び跳ねるエビ」という意味を持つ「オパエカア」と名付けられたと言われています

 

滝から近い場所に、先ほど遊覧船で訪れたワイルア川と、伝説の山「マウナ・カプ(禁断の山)」も眺めることができました

 

 

こちらも映画のロケ地として使われることで有名な人気スポットだそうです

 

 

1982年、1992年と歴史に残る大型ハリケーンに見舞われたカウアイ島

災害からの復活を果たすも、主力産業だったサトウキビ事業からの完全撤退。免税店も、巨大ショッピングモールもありません。ABCストアは島内に数店舗のみ。

 

ガイドさんは「カウアイ島は何もないんです」と言いますが、『島じゅうにアロハの心が溢れている』それがカウアイ島なのかも知れませんね

 

 

500万年以上も前から時の流れを見つめ続けてきた、カウアイ島。

 

年中緑が豊かで空気も新鮮マイナスイオンに溢れるカウアイ島は、日本人観光客も格段に少なく、ハワイらしさを存分に楽しめる緑の楽園

小さな島なので日帰りツアーでも十分お楽しみいただけます

 

 

 

JTBハワイ オプション課

 

本日ご紹介したツアーの詳細はこちら

↓   ↓   ↓


※新型コロナウイルス感染拡大予防のため、各レストラン、ショップ、施設では一時的に営業休止もしくは営業時間を変更している場合があります。

★今回ご紹介した情報は予告なく変更される場合があります★★今回ご紹介した情報は予告なく変更される場合があります★

 


必見ハワイの過ごし方!モデルプランはこちらから>>

 

 

 

 

 

天使の海

 

 

※本サイト内の全てのコンテンツ(画像、映像等)を無断で転用、複製することはお控えください。