オアフ島の真ん中でラム酒を味わう!「メイド・イン・ハワイ コハナ・ラムツアー」

2019年06月21日

カテゴリー:

本日はメイド・イン・ハワイ コハナ・ラムツアー(ハワイ産ラム酒蒸留所見学)をご紹介します

 

場所はオアフ島の真ん中、ワイキキから西へ進みワイケレを過ぎたら、北へ北へと進んだクニアという街にコハナ・ラム蒸留所はあります。バスで1時間程で到着~

 

クニアは農業に適した気候風土を持ち、長いことデルモンテのパイナップル・プランテーションで栄えた街です。プランテーションが閉まった跡地をできる限り再利用してオープンさせたのがこの蒸留所なんだそうです。

 

ハワイで人気が高まっているクラフトビールやパイナップルワイン…ではなくラム酒、それもこだわりのラム酒となれば気になります。

 

工場をイメージしていた私。建物の中に一歩踏み入れると「あらまぁ!オシャレ~」

 

奥行きをたっぷり使い、屋根の丸みが空間の広さを引きたてます。しかも樽をテーブルの脚にするなんて、これまたオシャレ~そして何やら甘い香りが漂います。

 

そう、蒸留所見学ツアーは搾りたてサトウキビの試飲からスタートするんです

 

サトウキビジュースの味は、甘くて優しくて飲み込んだ後にスイカのような爽やかさがふわっと来ます。サトウキビはスイカと同じカリウムが含まれていて、むくみに効果があるんだとか

 

うーん。おいしいねぇと味わってからふと気づく。なぜサトウキビ?もしやサトウキビからラム酒?そうなんです!ラム酒はサトウキビから蒸留されているんですよ。

 

驚きがおさえられないまま外のデッキへ移動。眼下にはレタス畑が広がっています。コハナ・ラムではクニアの風土を生かし、オーガニックレタスの水耕栽培にも力を入れているんだそう。

 

新鮮レタス。シャキッとしていて美味しそう~ん??まさかレタスからもラム酒?ってそれは違いますね

 

また、蒸留所の周りには東京ドーム2個分のサトウキビファームがあり、種類や、蒸留法によって出来上がりのラム酒の味も深みも変わってくるそうです。

 

こちらはツアー用のサンプルサトウキビが30種類以上あります。赤い葉や緑の濃い葉、薄い葉など、いろいろあるんですね~。思ったより背も高い

 

コハナ・ラム蒸留所では、絶滅したと思われていた「マヌレレ」という種類のサトウキビを発見し、栽培を軌道に乗せ、100%オーガニックにこだわってラム酒を蒸留しています。

 

作り手の思いのこもったホワイトラムダークラムそれぞれ2種類ずつを試飲してみました。

 

鼻の奥まで香りを楽しみ、少し口に含むと、一気にアルコール45度の芳醇なラムの味と香りが口いっぱいに広がります。しばし、味比べ

 

21歳未満の方や、ラム酒を試飲されない方は、オリジナルジェラートの用意もあるので、そちらをお楽しみくださいね。

 

お好みの一品を見つけた方は、お土産として購入することも可能。ロックで、またはステーキやお菓子作りの香りづけに…帰国後もハワイの思い出を楽しむことができますね

 

さて、じっくり味比べを楽しんでいると、ピザ釜へどうぞ~!の声が!ピザ?まさかピザからラム酒?

 

まさかそんな訳はなく、こちらのツアーでは、ラム酒をゆっくり寝かせた樽を薪に再利用した、焼きたてピザも楽しめるんです

 

この樽が、、、

 

薪になり、、、

 

そしてピザにサイドのレタスはもちろん、こちらで水耕栽培されたレタスで、新鮮シャキシャキ

 

素材の味をたっぷり味わったら、のんびりファクトリーで過ごしましょう~

 

工場内のインテリアは素敵でうっとり

 

家具もディスプレイもおしゃれです

 

ツアー終了後には、お持ち帰り用のテイスティンググラスがプレゼントされました!これはうれしいお土産ですね

 

こだわりのラム酒の甘い香りがいつまでも、心地よく残るメイド・イン・ハワイ コハナ・ラムツアーでした。

 

※ラムの試飲は21歳以上よりお楽しみいただけます。年齢確認のためにパスポートなど、写真付き身分証明書をご持参ください。

 

JTBハワイ オプション仕入・企画課

 

今回ご紹介したツアーのお申し込みは下記から!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓


★今回ご紹介した情報は予告なく変更される場合があります★★今回ご紹介した情報は予告なく変更される場合があります★

 

必見ハワイの過ごし方!モデルプランはこちらから>>

 

 

 

 

天使の海 女子旅

 

※本サイト内の全てのコンテンツ(画像、映像等)を無断で転用、複製することはお控えください。