顔が濡れないってホント?!噂のシーウォーカーで海底散歩に挑戦♪マリンスポーツ三昧の一日を大満喫!

2018年08月17日

カテゴリー:

今日は、マリンスポーツが思い切り楽しめる

シーウォーカー・プレミアム(昼食付き)をご紹介します

 

シーウォーカーを筆頭にジェットスキー、バナナボート、バンパーチューブ、フィッシング、シュノーケルとマリンスポーツ三昧の1日になること間違いなし ハワイの海をガッツリ遊び倒したい人にはぴったりです

 

 

ワイキキから大型バスに揺られながら一間弱程したら、オアフ島の東にあるカネオヘ湾のヘエイア・ケア・ボート・ハーバーに到着です

今日はちょっと曇りで残念ですが、天気が変わりやすい地域なので後ほど晴れるかも

 

 

船の中はこんな感じでテーブルもあり広々としています。この船で港から10分程度の沖合にあるマリンスポーツスポットへ向かいます

カタマラン船なので揺れも少なくて乗り心地もスムーズ

 

 

甲板にも席があるので景色を楽しみたい方はこちらへ船内には男女別のお手洗いもありました

 

 

 

シーウォーカー参加の私たちは、到着すると免責同意書に署名して、すぐに小さ目のボートに乗り換えました。

このボートでシーウォーカー専用のバージへ移動するようです

 

 

 

シーウォーカーのバージへは荷物の持込みが可能。

荷物の置き場は野外のため濡れることもありますので、防水のバックや濡れても良いバックで来るのがおすすめですよ

 

 

さて、ここでシーウォーカーの準備をしますまずはウエットスーツを着用(料金に含まれています)

 

 

そして手袋とリーフシューズを履きます。(こちらも料金に含まれています)

餌を撒く時、魚が指についばみに来ると結構痛いということで手袋をはめるそうです

 

 

準備が整ったら入水です~

 

バージから海中へかかっている梯子を、まずは肩くらいまで降ります。

 

そして梯子につかまっている状態で上からカポっとシーウォーカーのヘルメットを被せてもらいます

 

 

ヘルメットはけっこうズシっとしているので最初びっくりしますが、海中に入るとは重さはあまり感じられなくなりました

 

ゆっくりゆっくり一段ずつインストラクターと一緒に梯子を降りていきます

 

階段を下りていくと耳がつーんとくるので、つばを飲み込むなどして耳抜きしてくださいね

 

 

海底に到着 
深さは5メートルほどになります。

 

海底では、みんなでこの案内棒につかまって移動します。
まずは他の参加者が下りてくるのを待ちましょう

 

ヘルメットの重さが絶妙なので、海底に居ても身体が浮いていかず不思議な感じ

 

 

ヘルメットの下は開いるのですが、もちろん水は入ってきません

 

お風呂で、湯桶を逆さまにして水面に押し当てたとき、桶の中の空気を保ちながら水中にいれることができますよね?その原理を応用しているそうです。

 

ちょっと写真では見にくいのですが、開いている首元からヘルメットの中にを入れてみました 
コンタクトやメガネをしていてもまったく大丈夫なんです!ほんとに不思議~~

 

 

梯子を降りた場所はあまり魚がいなかったのですが、海底を進むとどんどんが増えてきました。

途中で膝をついて、お魚に餌をあげます

 

 

すると、前が見えないくらい大量の魚が寄ってきました~

 

 

インストラクターの方に写真撮影(持参の水中カメラ)をお願いしましたが、魚が

 

 

いくらシャッターを切ってもが目の前に写りこんできます

 

ちゃんとカメラに向かってポーズしているのに私たちの顔がほとんど見えません~~ が、それも良い思い出(笑)

 

 

海底での時間は15~20分とたっぷり。

海底で魚の中を歩くという異空間体験が楽しくってあっという間に感じられました

 

シーウォーカーの後は、母船に戻りちょっと休憩です

ドリンクは、コーヒー、お水、冷たいお茶がありました。

スナック菓子とドーナツは1日を通して補充されているので、小腹がすいたらいつでもどうぞ

 

 

 

今回参加したシーウォーカー・プレミアム(昼食付き)は、シーウォーカーの他に、なんとジェットスキー、バナナボート、バンパーチューブ、フィッシング、シュノーケルまで付いているんです

 

ということで、ちょっと休憩した後は、マリンスポーツに没頭しますよ~

 

ちなみに船の真ん中に常駐しているこちらのガイドさんが皆さんの参加種目を把握していて、待ち時間が少ないようにうまく振り分けて案内してくれます。

もちろん日本語なので分からないことがあったら相談してくださいね

 

 

私たちはまずはバナナボートから!

 

バナナボートですが、なんとサメ型!スピードが出そうな風貌です

一番前に座ったのですが、思った以上に水しぶきがすごい 目が開けていられないくらいです(笑)スピードが上がると水しぶきも激しくなって思い切り叫びました!

 

 

 

そしてジェットスキーへGO

 

インストラクターの後ろに乗ってぶっとばしてもらいました!

時々、日本語で”大丈夫~?”っと聞いてくれるのですが、そこで”大丈夫!”っと答えると、さらにスピードUPしたりして面白かったです

 

 

マリンスポーツ種目がとんとん拍子でリズムよく進んでいきます

 

次はバンパーボート

 

寝そべっているので、左右に振られると滑り落ちそうになります。

重心が低いのでこれは安定の乗り心地かなと思っていたら、意外や意外、全身がバウンスして見た目以上にスリル満点 これもキャーキャー叫んでしまいました

 

 

 

次はカヌーに呼ばれました!

 

みんなで力を合わせて、カヌーを漕いで、海のど真ん中の浅瀬にやってきました。

マリンスポーツが開催されているエリアはかなり深いのにそこから数十メートル離れると足が届く浅瀬になっていたりして、カネオヘ湾は不思議な場所です

 

 

 

ここでお昼休憩がはいりました

 

ランチはじっくりコトコト煮込まれたカレー。海の上で食べるカレーライスは格別

 

 

お昼ご飯の後はシュノーケルへ行きました

 

 

餌付け用のパンをもらって海に出るとあっという間に魚が寄ってきました!先ほどのシーウォーカーでみた魚とはまた違う種類の魚がいっぱいで楽しかったです

 

 

 

そして海上トランポリンにも挑戦

ボンボン飛んで、滑り台を滑って海へドボン 童心に戻った感じで楽しみました

 ※海上トランポリンは時間に余裕がある場合にのみご参加いただけます。
 

 

最後にフィッシングに挑戦!

残念ながら釣れませんでしたが、最後にのんびりと海を楽しめました

 

 

今日はこれで終了~~

 

港に戻ったのは3時過ぎでした。

 

 

こんなに思い切り1日遊んでもワイキキ帰着が16時半ごろと、ホテルに戻ってシャワーを浴びたらまたショッピングやディナーなどに出かけられる時間

 

海の中を見てみたい方、マリンスポーツ思い切り楽しみたい方にお勧めのツアーです

 

 

JTBハワイ WEBプランニング課

 

 

今回ご紹介したツアーはこちらから

★今回ご紹介した情報は予告なく変更される場合があります★★今回ご紹介した情報は予告なく変更される場合があります★

 

必見ハワイの過ごし方!モデルプランはこちらから>>

 

 

※本サイト内の全てのコンテンツ(画像、映像等)を無断で転用、複製することはお控えください。

Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。