海の中から空の上まで120%ハワイを満喫するならこれ!ハナウマ湾シュノーケルとパラセイル

2018年07月14日

カテゴリー:

今度のハワイ旅行は・・・3泊5日?4泊6日?

 

限られたハワイ滞在時間だけどやりたいことがいっぱい
という方に特におすすめのツアー♪

 

人気のハナウマ湾定番マリンスポーツがコンボになった

 

ハナウマ湾シュノーケルとパラセイル

 

に行ってきました!

 

 

ハワイ休暇中まで早起きしたくなーいというのが本音というアナタには嬉しいワイキキ出発時間は朝10時過ぎとゆっくりめ

 

ハナウマ湾へは車で約30分ほどなので、車内ではハナウマ湾やシュノーケルについて予習タイムです

 

 

Ipadで見ているのは実際に最近ハナウマ湾で撮影した魚の写真です。
すごい、こんなカラフルな魚がほんとに見れるのかな

 

 

ハナウマ湾に到着したら駐車場で準備をします。

更衣室などがないので、水着はあらかじめ着て行ってくださいね

 

シュノーケルの時間は1時間半ほど(自由に休憩を取ることが可能です)と、水の中にいる時間が長いのでウェットスーツのレンタル(別料金)しました。
体が冷えやすい方はオススメです

 

 

自然保護区に指定されているハナウマ湾はハワイで最も人気のシュノーケルスポット
入場エントランスにも長い行列が出来ていましたが、私たちが参加したのは

ハナウマ湾州立公園より正式許可を受けたオプショナルツアーなので、列に並ばずに入れました

 

 

ビーチに入る前に教育ビデオの鑑賞が義務づけられています
上映時間は10分ほど。

 

 

英語ですが、各種言語翻訳が聞けるヘッドフォンの貸出(無料)もありました

 

 

映画の後、ハナウマ湾へ続く坂を下りていきます

 

今日は本当にお天気が良くて絶景!
こんな高台からもくっきりとさんご礁が見えるほどの透明度
ちょうど引き潮でシュノーケルには最高のコンディションです!

 

ビーチに着いたらさっそくシュノーケルの準備です

 

まずはライフベストを着用します。
膨らますタイプなので、泳ぎに自信のある方は空気少なめでもOKですよ

 

hanauma-snorkel-15

 

そうそう
このツアーはお客様5名につきインストラクターが1名
という嬉しい少人数制

 

しかも今日の参加者は私たちを入れてなんと4名だけ

 

インストラクターさんとの距離が近くて、アットホームで和気藹々
いつも近くにいてくれる安心感もあってとっても良かったです

 

さてマスクとシュノーケルを装着し、まずは、簡単な泳ぎの練習からスタート。

 

 

たくさんのサンゴ礁が生きているハナウマ湾。
サンゴに触れないように、極力バタ足は使わず手だけで進むように、ふわ~~と浮く感じで、平泳ぎの手かきだけでゆっくりと前に進みます

泳ぎ方をマスターしたら、インストラクターさんについて、海へすすみます

 

 

けっこう泳いで沖に出ないと、トロピカルな魚って見れないのかなと思っていたら、意外や意外、足がすぐ届くような浅瀬でも、水族館で見るようなカラフルな熱帯魚に会えて感動

 

 

またハナウマ湾内のシュノーケルスポットを

熟知しているインストラクターさん、

 

常に、こっちこっち!!おいで~~と呼んでくれて、
参加者に色んな魚を見せてあげたいって気持ちがとっても感じられて嬉しかったです

 

見てください、魚の大群がこんなに近くに

 

 

こんな大きな魚も、ぬ~~~っと目の前を泳いでいきました

 

 

想像していた以上にたっっくさんの種類の魚を見ることが出来ました

 

 

 

ハナウマ湾に来ても、インストラクターさんの案内がなかったらきっと
浅瀬でぱちゃぱちゃしてただけだろうな~っと思います

 

 

途中少し休憩しましたが、
ほぼ1時間半ずっと、夢中でシュノーケルを楽しみました

 

 

帰りはシャワーでさっと海水を流して、そのまま車に戻ります。

 

また帰りは、駐車場へ戻る上りシャトルバスが含まれています
かなり急勾配の坂道なので、正直とっても嬉しいオプションでした

 

 

さーてで思いっきり遊んだ後はです

 

これからハナウマ湾から車で5分ほどのハワイカイにあるパラセイルの会場へと向かいます

 

ここで着替える必要はありません、移動の車には座席にタオルが敷いてあるので濡れた水着のままで大丈夫でしたよ

 

パラセイルのオフィスにつくとすぐにチェックイン完了し、リストバンドと撮影用のメモリーカードを預かります。

 

実はこちらのオフィスは、裏口がハワイカイマリーナに面しているのですぐにボート乗り場

 

 

チェックインからあれよあれよという間に小さなボートに乗って、マリーナをつき抜け、外海に出てきました

 

お天気が良くて空のブルー海のブルーが最高

 

 

5分ほどでマリンスポーツの母船が見えてきました

 

 

海のど真ん中に停泊したこの母船を拠点に
バナナボートジェットスキーバンパーチューブなどいろんなマリンスポーツを楽しむんですね~~ こちらも楽しそう!

 

 

ここから今度はパラセイル用のボートに乗り換えて、さらに沖に向かいます

 

ボートに乗り込んでから、ライフベストとパラセイルのシート部分が一体になったような、ずっしりとしたハーネスを装着

 

 

準備が整ったところでボートの後ろにパラシュートが開きました。
スマイルマークが可愛い

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

パラシュートの下に移動し、先ほど装着したシートベルトを
パラシュート本体にロックすると・・・・

 

 

一気に吹き飛んでいきました!!!!!

 

 

不思議と恐怖はなく
すーーーーーっと吸い込まれるような感覚で大空に舞い上がりました

 

こちらボートのスタッフが望遠レンズで撮影した写真
今回どれくらい高く飛んだかというと・・・

 

 

これくらい

 

 

えーーーー
乗ってきたボートが・・・・
めっちゃ小さいーー!!

 

後ほどスタッフにどれだけ高くまで飛んだのか聞いてみると、ボートにつないでいるロープの長さは約180メートル、
そのロープで結ばれた先っぽに居る私たちの高さはなんと約120メートル

 

想像をはるかに超える高さでした

 

空中時間は6~8分ほど

 

高くなったり低くなったり
ちょっと横に振ったりと
ボートの操縦でいろいろ楽しませてくれるんですが

 

低くなったな~~と思ったら、バシャーん!!!と水面に落とされ

 

 

ズームインッッ

 

 

キャーっと行っているうちにまた、空へ舞い戻り

 

 

楽しさスリル絶景感動と色んな感覚がギューッと凝縮した
最高の時間でした

 

母船に戻ると
ジェットレブが飛んでいてまたまたテンションUP

 

テレビでは見たことありましたが、生で見るのは初めて

 

すごい迫力です
自由自在に飛び回る姿はハリウッドのヒーロー映画そのもの
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

オフィスに戻ると、先ほどのパラセイルを撮影した写真動画がスクリーンに映し出されているではないですか
自分たちの超・素のリアクション・・・かなり面白い

 

 

写真や動画はすべてデジタルでの販売になっています。当日、現地催行会社にてお申込み・お支払いくださいね。

今回のブログ記事にもスタッフがボートから撮ってくれた画像やパラセイルに備え付けのGoProで撮られた画像を使いました

 

 

朝10時過ぎから夕方4時すぎまで、思いっきり遊んで1日があっという間
海の中から空の上まで120%ハワイを満喫できた1日でした!

 

 

JTBハワイ WEB課7873

 

 

オプショナルツアーのお申し込みは

以下のボタンから


★今回ご紹介した情報は予告なく変更される場合があります★★今回ご紹介した情報は予告なく変更される場合があります★

 

必見ハワイの過ごし方!モデルプランはこちらから>>

 

 

※本サイト内の全てのコンテンツ(画像、映像等)を無断で転用、複製することはお控えください。

Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。