ワン プカ プカ 

2013年03月17日

テーマ:ハワイの文化・歴史

第二次世界大戦で米国人として戦った日系二世部隊、
第100歩兵大隊を「ワン・プカ・プカ」と呼びます。
プカとはハワイ語で「穴」を意味しますので、こんな云い方になったのでしょう。

 

JTBハワイ スタッフブログ

 

日系二世部隊である100大隊442部隊は欧州戦線で戦い、
その多くの犠牲を基に戦後の日系米国人の地位を揺るがぬものにしていきます。

 

 

JTBハワイ スタッフブログ  JTBハワイ スタッフブログ

 

2011年12月になり、その米国人としての功績はやっと米国議会でも認められ
元日系兵士に金のメダルが贈られました。

 

JTBハワイ スタッフブログ

 

通訳兵として情報収集や翻訳、捕虜の尋問にあたったMIS(陸軍情報部)と、
第1399工兵部隊の兵士も日系部隊として
第二次世界大戦当時に活躍をしています。

 

JTBハワイ スタッフブログ  JTBハワイ スタッフブログ

 

その功績を称える展示がビショップ博物館で始まりました。

JTBハワイ スタッフブログ

 

全米7箇所の博物館で行なわれるスミソニアン博物館の巡回展示の一環で、
今年2013年4月14日までキャッスル館1階に展示されています。

 

JTBハワイ スタッフブログ

 

JTBハワイ スタッフブログ

 

3月9日(土)にその開会式典が行なわれました。

 

JTBハワイ スタッフブログ

ハワイ・ナショナル・ガード(州兵)

 

若い日系兵士も参加しての式典でした。

 

JTBハワイ スタッフブログ  JTBハワイ スタッフブログ

 

2012年12月に亡くなられたハワイ州選出連邦上院議員、ダニエル・イノウエ氏

 

442部隊で欧州戦線に赴きイタリアで負傷し、右手を失っておられます。

 

JTBハワイ スタッフブログ  JTBハワイ スタッフブログ

 

JTBハワイ スタッフブログ

 

負傷した兵士に贈られるパープルハート勲章を9486名もの日系兵士が授与されていることからも、
多くの血が流された戦いであった事が解ります。
米国史の中で最大の犠牲がはらわれた部隊でした。

 

JTBハワイ スタッフブログ

 

ビショップ博物館を訪れる機会のない方は、ワイキキでもその功績を垣間見ることが出来ます。

 

JTBハワイ スタッフブログ

 

カラーカウア大通り沿いのフォートデルッシー
日系4部隊の勇者を称えるモニュメントが建てられています。

 

JTBハワイ スタッフブログ

 

日系米国人だけの歴史ではなく、
米国史その物として悲劇を繰り返さないように心に留めて
後世に語り伝えていくべき事柄だと思います。

 

JTBハワイ スタッフブログ

 

JTBハワイ スタッフブログ

JTBハワイ David ビショップ博物館日本語ドーセント


★今回ご紹介した情報は予告なく変更される場合があります★
★今回ご紹介した情報は予告なく
変更される場合があります★

デスクがあるからいつでも頼れる!
個人旅行も大歓迎!
オプショナルツアーなら
現地40年の実績と信頼のJTBハワイで!

オプショナルツアー体験談はこちらから>>
こちらから>>

 

category_1category_1 category_3category_3

 

category_13category_13 

 

category_12 category_18category_18

 

banner_2_27_4d9cbanner_2_27_4d9c

 

tenshinoumi_2016tenshinoumi_2016 bannerb_ruthschrisbannerb_ruthschris

※本サイト内の全てのコンテンツ(画像、映像等)を無断で転用、複製することはお控えください。

Comment

“ワン プカ プカ ” への8件のフィードバック

  1. manoa より:

    日系人といえど、同じ日本人相手に敵として戦うのは辛かったでしょうね。。モニュメントも何かわからず気になってたので、ありがとうございます。

  2. マツゲン より:

    はじめまして。
    旅行会社のブログで日系人部隊のストーリーを紹介していることに感激しました。
    というのも、Amebloでも紹介しておりますが、
    http://ameblo.jp/niseiveterans-movie/
    現在、日本国内において、ハワイの二世退役軍人の証言を纏めたドキュメンタリー映画「Go for Broke! ハワイ日系二世の記憶」が上映されています。
    しかし本作は戦争の話だけではありません。
    プランテーション時代を色濃く残した1920~30年代のハワイの様子や、日系社会の様子、自ら赴いた戦争での真実、そして戦後のハワイ社会での貢献等を語った、ハワイ日系二世の証言をまとめた「もう一つの日本史」的な作品です。
    映画は、「恩を受けたら礼を返す」が集約された作品です。
    多くの日本人がハワイを訪れ、歓迎されています。また、経済活動を行っています。
    しかしそれも、日系人がハワイ社会に果たして来た役割に負うところが少なくありません。その日系人の立場を好転させ飛躍的に向上させたのが、二世の大戦時の功績と犠牲です。
    ハワイが好きな方。ハワイから癒しを得たり、アメリカも含めハワイ関連で経済的なプロフィットを得ている方。
    是非とも、ご注目頂き、「恩を受けたら礼を返す」意味でも、本作を観に来て頂きたいと思います。
    タイトル:『Go for Broke! ハワイ日系二世の記憶』
    スタッフィング:監督・脚本・撮影:松元裕之 プロデューサー:中野理恵
    編集・MA:WINK2 
    音楽:サンディー、山内”アラニ”雄喜、バッキー白片ジュニア&ドロシー・マキ
    ナレーション:ロバート・ハリス
    制作・配給:特定非営利活動法人NAC-J
    ■上映情報
    ・3月9日(土)~ 3月22日(金)横浜 ジャック&ベティ  10:10~(21日・22日は16:15~の1日2回上映)
     料金:一般1500円 大専1200円 小中高シニア1000円
    http://www.jackandbetty.net/cinema/detail/35/
    ・渋谷 UPLINK 3月18日(13:00~)、19日(12:30~)、21日(12:30~)まで上映
     料金:一般1500円 学生1200円(平日学割1,000) シニア・UPLINK会員1000円
    http://www.uplink.co.jp/movie/2013/6690
    ※上映時間、開場時間、地図、駐車場等は各劇場・会場までご確認ください。

  3. にゃりん より:

    ブログ楽しみに拝見しています。
    3/25にハワイへ行く予定で、JTBのオプショナルツアーに申込みしたのですが、質問してもいいですか?
    気温が18度とかになっていますが、パラセーリングとバナナボートを予約しました。
    寒くはないでしょうか?

  4. もものお母さん より:

    勉強になります。今までの歴史に胸を打たれ、観光だけでなく次回は歴史をたどる旅にしたいと思います。とても参考になりますので、これからもいろいろ教えてくださいね。

  5. JTBハワイ より:

    >manoaさん
    こんな身近なワイキキにあるモニュメントにも新しい発見がありますよね。
    時代が変わっても大切にしていきたい事実です。

  6. JTBハワイ より:

    >もものお母さんさん
    ハワイの多民族文化の歴史はそれぞれに側面があって、ハワイアンからジャパニーズまで、奥が深いです。
    ビショップ博物館ドーセントのDavid氏のブログでは歴史について多く書かれていますので、引き続きよろしくお願い致します。

  7. JTBハワイ より:

    >マツゲンさん
    日本での『Go for Broke! ハワイ日系二世の記憶』上映について情報をありがとうございます。
    今週で終了のようですので、是非多くの方に見に行って頂きたいですね。

  8. JTBハワイ より:

    >にゃりんさん
    オプショナルツアーのご予約ありがとうございます!
    さて今週ハワイ入りされるということで、わくわく楽しみにされているかと思います。
    マリン系のツアーは当日の実際の天候にも大きく左右されるのですが、二つの種目の間、ボート上で風が吹くと寒さが一層増すという事がありますので、タオルでしっかり水を切って羽織りモノでしっかり風対策されるのをオススメします。
    また長袖のラッシュガードに、サーフパンツ合わせて着るなどして、直接水に触れる部分を少なくする手もございます。
    昨日、今日と夜は少し冷えていますが、日中は燦々と太陽が降り注ぎ、日ざしがまぶしいです。
    ツアー参加日に絶好のお天気になると良いですね。お待ちしております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。