ルックJTB オリオリハワイドットコム

ハワイの旅をまるごとサポート!
現地情報からオプショナルツアーまで、
まるごとお役立ち情報掲載!!

サイト内検索

現地最新情報

オリオリウォーカー運行状況やご滞在中に役立つハワイの旬な情報をお届けします!

123件中31件〜40件を表示

2020年06月02日 更新

新型コロナウイルスに関して(18)

5月27日、28日にかけ、イゲ・ハワイ州知事は、ホノルル市を始めそれぞれの郡の要請に応じ、CDCのガイダンスを基に、また制限付きではありますが、段階的にビジネス再開の為の緩和策に調印しました。

 

再開状況は以下となります。

 

<オアフ島>
5/28~再開
屋外プール
キャンプ場
射撃場
アーチェリー場
ファーマーズマーケット
シーライフ・パークを含む屋外アトラクション

 

5/29~再開
個人向けサービス(理美容室,ネイルサロン,タトゥーパーラーを含む)

 

6/5~再開
制限付きでレストランでの店内飲食等の商業活動
及び10人以下の集会

 

<マウイ島>
6/1~再開
クラブハウス
ドッグパーク
遊具付き公園とスケートパーク
すべての郡の公園とビーチパーク(個々の公園の再開日は変更される場合があります)
一部の郡のプール

 

<ハワイ島>
5/30~再開
教会・礼拝所

 

6/1~再開
個人向けサービス(サロン、理髪店、美容院、タトゥーオペレーターや鍼師を含む)
レストラン(フードコートを含むが、バー、ナイトクラブは除く)
10人以下の集会場所・レクリエーション施設(ボウリング場、ビリヤードホールを含む)
屋内運動施設(フィットネスセンター、屋内プール、物理的な接触のないグループ運動を提供する施設を含む)
博物館と劇場
屋外スペース(オーシャンツアー、屋外プール、サマーキャンプを含む)
不動産サービス(オープンハウス、物件の閲覧、検査、調査、制限付きの鑑定を含む)
小売および修理(レクリエーションおよびスポーツ用品のレンタルを含む)
特定の郡立公園の敷地とレクリエーション施設は、いくつかの例外を除いて再開されます。(郡のプール、体育館、コミュニティセンターは、現時点では閉鎖されたままです)

 

<カウアイ島>
5/22~再開
プール
教会・礼拝所
野外ツアー活動
すべての清掃業と建設業
個人向けサービス(サロン、理髪店、フィットネス、個別指導、音楽レッスン)
 

6/1~再開
屋内運動およびレクリエーション施設(ジム、フィットネスセンター、レクリエーション施設を含む)
屋外スペース(遊び場、スケートパーク、パビリオン、公園、組織された屋外チームスポーツを含む)
その他の個人向けサービス(スパを含む)
レストラン

 

疾病管理予防センター(CDC)によるハワイ州から他国・地域への渡航注意レベル

 

レベル3(渡航は止めてください。(渡航中止勧告)):インド、インドネシア、南アフリカ、エクアドル、フィリピン、サウジアラビア、シンガポール、カタール、ルーマニア、トルコ、タイ、パキスタン、チリ、ブラジル、イスラエル、カナダ、日本、オーストラリア、マレーシア、イギリス、アイルランド、イラン、中国、ヨーロッパ、韓国
レベル2(不要不急の渡航は止めてください。):その他の国
レベル1(十分注意してください。):現在はありません

 

ハワイでは5/29現時点で649件(カウアイ島:20件、オアフ島:419件、マウイ島:118件、ハワイ島:82件、その他:10件)の新型コロナウイルスの感染者が確認されています。また回復者数は605件となっています。

 

今後も在ホノルル日本国総領事館、アメリカ疾病管理予防センター(CDC)、ハワイ州保健局(HDOH)より新たな情報が発信されましたら情報を共有させて頂きます。

 

ハワイ州保健局からの最新情報

 

在ホノルル日本国総領事館

 

ハワイ州観光局

 

ハワイ州観光局 現地観光情報

(*情報は随時更新されます)

 

2020年05月30日 更新

HiBus(ハイバス)およびオリオリサービスの休止期間延長のお知らせ(更新)

下記のとおりオリオリサービス休止期間の延長についてお知らせいたします(更新)

 

・OLI OLI PLAZA・OLI OLI ステーションアラモアナ・OLI OLIインフォメーションセンター 
7月15日までクローズ
・HIBUS・トロリー・電気バス 7月15日まで運休
・OLI OLI スニーカー・シャトル・オーシャンスニーカー  7月16日まで運休
・RAKUなびサポート(電話対応) 7月15日まで休止

 

ご不便をおかけして申し訳ございませんが、ご理解ご協力の程どうぞよろしくお願いいたします。

2020年05月22日 更新

新型コロナウイルスに関して(17)

デイビッド・イゲ州知事はハワイ時間5月18日に新型コロナウイルス(COVID-19)感染拡大を阻止する施策として、ハワイ居住者及び州外からの渡航者に義務付けられているハワイ州到着後の14日間の自己隔離を6月30日まで延長することを発表しました。

 

ハワイ州の空港に到着する全ての方は、ハワイ州のSafe Travels Systemへの登録及び、機内にてハワイ農務省発行の書類への必要事項を記入する義務があります。ハワイ州へ到着後、パスポートや身分証明書と共にSafe Travels Systemの登録完了画面と書類を提示します。Safe Travels Systemおよび書類には、14日間の自己隔離の必須要件と違反した際の罰則に関する情報も含まれています

 

14日間の自己隔離措置(ハワイ州観光局より抜粋)

・自己隔離措置を行う場所は滞在先の宿泊施設(ホテルやコンドミニアム等のお部屋)となります(ハワイ居住者の場合は自宅での自己隔離となります)
・ハワイへ到着後は、速やかに空港から直接宿泊先へ向かってください
・レストランや会議室、ジム、プールなどの公共施設の利用はできません
・外出は医療施設を利用する場合のみ許可されます
・宿泊先には原則、医療関係者の出入りのみが許可されます

上記のハワイ州が定める義務に従わない場合、罰則が科せられる場合がありますのでご注意ください。

 

また先日5月14日、カーク・コールドウェルホノルル市長及びデレック・カワカミカウアイ郡長は、「Safer-At-Home order」を5月末から6月30日まで延長することを発表しました。

 

疾病管理予防センター(CDC)によるハワイ州から他国・地域への渡航注意レベル
レベル3(渡航は止めてください。(渡航中止勧告)):インド、インドネシア、南アフリカ、エクアドル、フィリピン、サウジアラビア、シンガポール、カタール、ルーマニア、トルコ、タイ、パキスタン、チリ、ブラジル、イスラエル、カナダ、日本、オーストラリア、マレーシア、イギリス、アイルランド、イラン、中国、ヨーロッパ、韓国
レベル2(不要不急の渡航は止めてください。):その他の国
レベル1(十分注意してください。):現在はありません

 

ハワイでは5/19現時点で641件(カウアイ島:21件、オアフ島:415件、マウイ島:117件、ハワイ島:78件、その他:10件)の新型コロナウイルスの感染者が確認されています。また回復者数は578件となっています。

 

ハワイ州保健局からの最新情報

 

在ホノルル日本国総領事館

 

ハワイ州観光局

 

ハワイ州観光局 現地観光情報

(*情報は随時更新されます)

 

2020年05月13日 更新

新型コロナウイルスに関して(16)

デイビッド・イゲ州知事はハワイ時間5月5日に新たに「Safer-At-Home」命令を発令し、フェーズ1(第一段階の経済活動再開)の取り組みの一環として新型コロナウイルスの感染のリスクが低い企業及び組織は5月7日の午前12時1分よりソーシャルディスタンスを保つこと等を条件に営業の再開を許可することを発表しました。(ホノルル市・郡については,5月15日から小売業は再開、マウイ郡については小売店と大半の修理店は再開未定。)

 

5月7日より営業の再開を許可されている企業・組織:
・非食用農作物生産農場
・天文台及び天文台サポート施設
・洗車
・ペットグルーミングサービス
・手術や緊急治療以外のサービスを提供する医療機関
・非営利団体
・アパレルや電子機器を含む小売業およびサービス (オアフ島は5月15日から、マウイ島は5月11日から)
・ショッピングモール(マウイ島以外)
・卸売および倉庫業務
(ハワイ州観光局より適用)

 

*アラモアナショッピングセンターは5/15より営業時間を変更して再開予定です。  
月~土 11:00~19:00 日 12:00~18:00

 

またハワイ居住者及び州外からの渡航者はハワイの空港に到着後、14日間の隔離をすることが命じられています。この義務は5月31日まで適用されます。

 

疾病管理予防センター(CDC)によるハワイ州から他国・地域への渡航注意レベル
レベル3(渡航は止めてください。(渡航中止勧告)):インド、インドネシア、南アフリカ、エクアドル、フィリピン、サウジアラビア、シンガポール、カタール、ルーマニア、トルコ、タイ、パキスタン、チリ、ブラジル、イスラエル、カナダ、日本、オーストラリア、マレーシア、イギリス、アイルランド、イラン、中国、ヨーロッパ、韓国
レベル2(不要不急の渡航は止めてください。):その他の国
レベル1(十分注意してください。):現在はありません

 

ハワイでは5/10現時点で631件(カウアイ島:21件、オアフ島:407件、マウイ島:117件、ハワイ島:75件、その他:11件)の新型コロナウイルスの感染者が確認されています。また回復者数は551件となっています。

 

今後も在ホノルル日本国総領事館、アメリカ疾病管理予防センター(CDC)、ハワイ州保健局(HDOH)より新たな情報が発信されましたら情報を共有させて頂きます。

 

ハワイ州保健局からの最新情報

 

在ホノルル日本国総領事館

 

ハワイ州観光局

 

ハワイ州観光局 現地観光情報

 
(*情報は随時更新されます)

 

2020年04月29日 更新

新型コロナウイルスに関して(15)

4月25日、カーク・コードウェルホノルル市長の声明に続き、イゲ・ハワイ州知事が自宅待機を5月31日迄延長する措置を発表しました。同日の発表内容は以下となります。

 

1. 4月30日までとなっている自宅待機命令及びハワイへの渡航者(州内離島間の移動を含む)への14日間の自己検疫義務を5月31日まで延長し、検温や自己検疫中のモニタリングを厳格に行う。

 

2. 25日から、ビーチにおいて社会的距離を保ってジョギング、ウォーキング等の運動をすることや待機手術(elective surgery)等を解禁する。

 

3. 家賃滞納による立ち退きの猶予期間を5月31日まで延長する。

 

4. 今後段階的に一部経済活動を再開する可能性がある。

 

(在ホノルル日本国総領事館より抜粋)

 

また市営の公園は4月25日から、ボタニカルガーデンは5月1日からオープンし、人が密集せずに個人で行える野外での運動(ウォーキング、ジョギング、ランニング、サイクリングが対象)は許可されます。

 

疾病管理予防センター(CDC)によるハワイ州から他国・地域への渡航注意レベル
レベル3(渡航は止めてください。(渡航中止勧告)):インド、インドネシア、南アフリカ、エクアドル、フィリピン、サウジアラビア、シンガポール、カタール、ルーマニア、トルコ、タイ、パキスタン、チリ、ブラジル、イスラエル、カナダ、日本、オーストラリア、マレーシア、イギリス、アイルランド、イラン、中国、ヨーロッパ、韓国
レベル2(不要不急の渡航は止めてください。):その他の国
レベル1(十分注意してください。):現在はありません

 

ハワイでは4/26現時点で606件(カウアイ島:21件、オアフ島:396件、マウイ島:112件、ハワイ島:70件、その他:7件)の新型コロナウイルスの感染者が確認されています。また回復者数は488件となっています。今後も在ホノルル日本国総領事館、アメリカ疾病管理予防センター(CDC)、ハワイ州保健局(HDOH)より新たな情報が発信されましたら情報を共有させて頂きます。

 

ハワイ州保健局からの最新情報

 

在ホノルル日本国総領事館

 

ハワイ州観光局

 

ハワイ州観光局 現地観光情報

 
(*情報は随時更新されます)

  

2020年04月25日 更新

HiBus(ハイバス)およびオリオリサービスの休止期間延長のお知らせ(更新)

下記のとおりオリオリサービス休止期間の延長についてお知らせいたします(更新)

 

・OLI OLI PLAZA・OLI OLI ステーションアラモアナ・OLI OLIインフォメーションセンター 6月30日までクローズ

・HIBUS・トロリー・電気バス 6月30日まで運休

・OLI OLI スニーカー・シャトル・オーシャンスニーカー  7月1日まで運休

・RAKUなびサポート(電話対応) 6月30日まで中止

 

ご不便をおかけして申し訳ございませんが、ご理解ご協力の程どうぞよろしくお願いいたします。

2020年04月23日 更新

新型コロナウイルスに関して(14)

《ハワイ州の追加措置》
4月17日付けでイゲ・ハワイ州知事が追加措置を発表しました。違反者には、5,000ドル以下の罰金又は1年以下の禁固刑のいずれか、もしくは両方が科されます。

 

-すべての個人は、公共の場においてマスク又は布マスクを着用しなければならない。ただし、許可されている屋外の運動を行う者については、他者との社会的距離が保たれている限り、着用しなくてもかまわない。

 

-ハワイ州が管理するすべてのビーチは閉鎖される。ビーチで座ること、立ち止まること、寝そべることは認められない。ただし、運動のためにビーチを横切ることは構わない。

 

-同居人・同居家族の場合を除き、娯楽目的のボートには2人までしか乗ることが認められない。また、各ボートは他のボートと20フィート(約6メートル)離さなければならない。

 

-同居人・同居家族の場合を除き、いっしょにハイキングするのは2人までしか認められない。各ハイカーは、20フィート(約6メートル)以上離れなければならない。

 

-同居人・同居家族の場合を除き、州が管理する水域や土地において、複数の人が集まって魚釣りや採集活動を行うことは認められない。

 

-不可欠な事業に従事する従業員及びその顧客は、顔を覆うものを着用しなければならない。

 

-施設内に入場する人数を制限しなければならない。

 

(在ホノルル日本国総領事館より抜粋)

 
《米税関・国境警備局(CBP)からの案内》
また同日、米税関・国境警備局(CBP)は,査証免除プログラム(VWP)を利用して米国に短期滞在する外国人渡航者(ESTA取得者)に向け、滞在許可期間の延長(Satisfactory Departure)に関する案内を発表しました。

 

・CBPが、VWP渡航者からの申請に基づき、新型コロナウイルスに関連した渡航制限、フライトの欠航、発病により米国から出国できない事情があるとして「Satisfactory Departure」を認めた場合、滞在許可期間の満了日からさらに最大で30日間の滞在延長が可能。

 

・原則、「Satisfactory Departure」の申請は滞在許可期間が満了する前に行なうこと。

 

・(滞在延長許可なしで)滞在許可期間を超えて米国に滞在した場合、今後、VWPを利用した渡航ができなくなるほか、米国の法律に基づく追加的な処罰の対象となる可能性がある。
 

・「Satisfactory Departure」を希望するVWP渡航者は、パスポート番号を用意して以下に連絡すること。

 

ハワイ州の場合:米税関・国境警備局(CBP)ホノルル支局
Phone: 808-237-4601
Email: honoluludutyofficer@cbp.dhs.gov

(在ホノルル日本国総領事館より抜粋)

 

疾病管理予防センター(CDC)によるハワイ州から他国・地域への渡航注意レベル
レベル3(渡航は止めてください。(渡航中止勧告)):インド、インドネシア、南アフリカ、エクアドル、フィリピン、サウジアラビア、シンガポール、カタール、ルーマニア、トルコ、タイ、パキスタン、チリ、ブラジル、イスラエル、カナダ、日本、オーストラリア、マレーシア、イギリス、アイルランド、イラン、中国、ヨーロッパ、韓国
レベル2(不要不急の渡航は止めてください。):その他の国
レベル1(十分注意してください。):現在はありません

 

ハワイでは4/21現時点で586件(カウアイ島:21件、オアフ島:385件、マウイ島:110件、ハワイ島:64件、その他:6件)の新型コロナウイルスの感染者が確認されています。また回復者数は437件となっています。

 

今後も在ホノルル日本国総領事館、アメリカ疾病管理予防センター(CDC)、ハワイ州保健局(HDOH)より新たな情報が発信されましたら情報を共有させて頂きます。

 

ハワイ州保健局からの最新情報

 

在ホノルル日本国総領事館

 

ハワイ州観光局

 

ハワイ州観光局 現地観光情報

 

(*情報は随時更新されます)

2020年04月14日 更新

HiBus(ハイバス)およびオリオリサービスの休止期間延長のお知らせ

下記のとおりオリオリサービス休止期間の延長についてお知らせいたします。

 

・OLI OLI PLAZA・OLI OLI ステーションアラモアナ・OLI OLIインフォメーションセンター 5月31日までクローズ

・HIBUS・トロリー・電気バス 5月31日まで運休

・OLI OLI スニーカー・シャトル・オーシャンスニーカー  5月31日迄運休

・RAKUなびサポート(電話対応) 5月31日迄中止

 

ご不便をおかけして申し訳ございませんが、ご理解ご協力の程どうぞよろしくお願いいたします。

2020年03月26日 更新

JTB ハワイオフィス臨時クローズのお知らせ

ハワイ州の要請によりJTB HAWAII はオフィスをクローズして在宅勤務となりました。詳細は以下になります。

 

JTB HAWAII OFFICE 3月23日 15:00 ~4月30日までクローズ

 

オフィス出勤ができないため電話対応が出来かねます。上記期間中(再開未定)は在宅勤務の為ご連絡・お問合せはメールのみでの対応となります。

 

その他、ハワイ州、不要不急の外出禁止令に伴い、下記の状況となっております。

・OLI OLI PLAZA・OLI OLI ステーションアラモアナ・OLI OLIインフォメーションセンター 4月30日までクローズ

・HIBUS・トロリー・電気バス 4月30日まで運休

・OLI OLI スニーカー・シャトル・オーシャンスニーカー  4月30日迄運休

・RAKUなびサポート(電話対応) 5月1日迄中止

 

ご不便をおかけして申し訳ございませんが、ご理解ご協力の程どうぞよろしくお願いいたします。

2020年03月25日 更新

新型コロナウイルスに関して(13)

3月23日、3/22付けのホノルル市長の声明を受け、イゲ・ハワイ州知事も記者会見を行い,州全体で一貫した形で新型コロナウイルス対策に取り組むことが望ましいとし,ハワイ州全体に「自宅待機」・「在宅勤務」を求める命令を発令しました。

 

1 この命令は,3月25日午前12時01分から施行され,4月30日まで有効となります。この期間には,必要不可欠な事業を除き自宅待機となります。訪問者等の自宅が無い者は,ホテル等の滞在先に留まることになります。違反者には,5000ドル以下の罰金,1年以下の禁固刑のいずれか,もしくは両方が科せられます。

 

2 必要不可欠な事業とは,医療関係,日用品・薬品の販売,食料・飲料の生産,教育関連,ソーシャルサービス,メディア,ガソリンスタンド等輸送関係,金融事業,ハードウェア,建設,清掃,警備等,郵便,運送,配達等,ラウンドリー,レストラン(テイクアウトのみ),在宅勤務に必要な物資関連,移送手段,ホームケアサービス,法律・会計・保険・不動産等の専門サービス,チャイルドケアサービス,ホテル,葬式業,政府機能などが該当します。詳細については以下を参照ください。(在ホノルル日本国総領事館より抜粋)

 

詳しくはこちら>> ※英文

 
疾病管理予防センター(CDC)によるハワイ州から他国・地域への渡航注意レベル

 

レベル3(渡航は止めてください。(渡航中止勧告)):トルコ、タイ、パキスタン、チリ、ブラジル、イスラエル、カナダ、日本、オーストラリア、マレーシア、イギリス、アイルランド、イラン、中国、ヨーロッパ、韓国

レベル2(不要不急の渡航は止めてください。):その他の国

レベル1(十分注意してください。):現在はありません

 

ハワイでは3/23現時点で77件(カウアイ島:3件、オアフ島:53件、マウイ島:11件、ハワイ島:5件)の新型コロナウイルスの感染者が確認されています。

 

今後も在ホノルル日本国総領事館、アメリカ疾病管理予防センター(CDC)、ハワイ州保健局(HDOH)より新たな情報が発信されましたら情報を共有させて頂きます。

 

在ホノルル日本国総領事館

 

ハワイ州観光局

 

ハワイ州観光局 現地観光情報

 

(*情報は随時更新されます)

123件中31件〜40件を表示