2021.06.18

新型コロナウイルスに関して(47)

ハワイ州現地時間6月4日、イゲ州知事はハワイ州隣島間移動の制限を現地時間6月15日以降解除することを発表しました。ワクチン接種をどこで受診したか、またワクチン接種を完了しているかなどに関係なく、島内旅行者への事前検査ならびに自己隔離が不要となります。

ハワイ州はすでにワクチン接種率が55%(1回でもワクチン接種を行なっている者)であることが今回の規制緩和の理由とイゲ州知事が発言。ハワイ時間6月4日現在、ハワイ州民のワクチン接種完了率は52%と報告されています。

また、イゲ州知事はこの記者会見で、ハワイ州内でワクチン接種を完了者でハワイ州外へ旅行し、帰宅する際の事前検査ならびに自己隔離も同時に6月15日以降不要となります。

今後ハワイ州内のワクチン接種率が60%を超えた場合は、米国内でワクチン接種を完了したハワイへの旅行者を対象に、ワクチン接種証明書を提示することを条件にハワイへの渡航が可能になり、また70%を超えた場合は、現在ある全制限を撤廃し、ハワイ州セイフトラベルプログラムを終了となります。

6月15日以前のハワイへの渡航の場合は、下記の条件が継続となります。

ワクチン接種を完了していない、または、ワクチン接種を完了してから15日以内に隣島間を移動する方は、自己隔離免除のための措置 (事前検査やCISA*)を行っていない場合には、10日間自己隔離が必須となります。(*米国土安全保障省のサイバーセキュリティ・インフラストラクチャセキュリティ庁)

ワクチン接種完了者で隣島間の旅行を行う場合:

– 名前、生年月日、ワクチンの種類、ワクチン接種日が記載されているCDC発行のワクチン接種完了証明書を用意

– ハワイ州セーフ・トラベルズ・ハワイのウェブサイトにてオンラインアカウントの作成と、登録を行う

– ワクチン接種完了証明書に記載されている内容は正確なもので、本物であることを確認する

– ワクチン接種完了証明書のPDFファイル、またはデジタルコピーをセーフ・トラベルズ・ハワイのウェブサイトにアップロードする

– ワクチン接種完了証明書の提示を求められた場合に備え、原本を携帯する

現時点でハワイ州は、“CDCの発行するワクチン接種完了証明書”または“VAMS (Vaccination Administration Management System)が発行する証明書“のみ隣島間旅行に関する新規条件の対象となっています。もし、ワクチン接種を完了していても上記に該当する証明書を受け取っていない場合は、ワクチン接種を行った場所で証明書を再度発行してもらう必要があります。(*州または準州の保険局が発行する証明書は対象外となります)

(その他の注意事項)

– 5歳以下のお子様で、旅行の同伴者 (両親または保護者)がワクチン接種を完了し、隣島間の旅行に関する上記必須項目をすべて満たしていれば、自己隔離は免除となる

– ワクチン接種を行っていない5歳以上のお子様が自己隔離免除を受けるためには、到着前の事前検査を行う必要がある

– 16歳または17歳のワクチン接種完了者は、大人と同じ隣島間の旅行に関する上記必須項目を行う必要がある

– 旅行中は、ワクチン接種完了の有無に関わらず、新型コロナウイルス感染症の症状が出ていないかの確認を定期的に行い、各郡が出しているマスク着用、ソーシャルディスタンスなどの安全・衛生対策のガイドラインに沿って行動すること

(ハワイ州観光局より抜粋)

アメリカ政府によるアメリカから他国・地域への渡航注意レベル(6/14現在)

レベル4(渡航中止: Do Not Travel):下記以外の国々
レベル3(渡航中止勧告: Reconsider Travel):ドミニカ、ナイジェリア、オーストラリア、ブルネイ、ケイマン諸島、中国、マーシャル諸島、モーリシャス、ミクロネシア、ニューカレドニア、ニュージーランド、シエラレオネ、台湾、ウガンダ、アイスランド、ブルンジ、アンギラ、コートジボワール、香港、英国、イスラエル、チャド、タイ、シント・マールテン、アンドラ、アルメニア、オーストリア、アゼルバイジャン、ボネール、ボスニアヘルツェゴビナ、ボスワナ、ブルガリア、カンボジア、カナダ、キプロス、デンマーク、エクアドル、フランス、仏領西インド諸島、ドイツ、ギリシャ、グアテマラ、ガイアナ、ホンジュラス、ハンガリー、インドネシア、日本、イタリア、ヨルダン、カザフスタン、コソボ、ラオス、レバノン、ルクセンブルク、メキシコ、モンテネグロ、ニジェール、北マケドニア、ノルウェー、オマーン、パナマ、ペルー、フィリピン、ポーランド、ポルトガル、カタール、ルーマニア、セントルシア、セントビンセント及びグレナディーン諸島、セルビア、シント・ユースタティウス島、スロバキア、南アフリカ、スペイン、スイス、バハマ、キルギス、東ティモール、チュニジア、トルコ、ウクライナ、アラブ首長国連邦、アルバ、チェコ共和国、ドミニカ共和国、エジプト、ジャマイカ、レソト、

レベル2(不要不急の渡航は止めてください:Exercise increased caution):ベリーズ、ベニン、グレナダ、パラオ、セントクリストファー・ネイビス連邦、ベトナム、リベリア、モーリタニア、モントセラト、ルワンダ、ジンバブエ、ブータン、ザンビア、アルバニア、アンゴラ、バルバドス、バミューダ、カメルーン、カラカス、ジブチ、エルサルバドル、赤道ギニア、フィンランド、ガボン、ケニア、リヒテンシュタイン、モルドバ、モロッコ、モザンビーク、タークス・カイコス諸島、英領ヴァージン諸島、

レベル1(十分注意してください; Exercise normal precautions):
アンティグア・バーブーダ、エスワティニ、仏領ポリネシア、ガーナ、マラウイ、マルタ、セネガル、シンガポール、韓国、ガンビア、トーゴ、サバ島、

*日々情報は更新されています。新しい情報は以下をご参照下さい。

https://travel.state.gov/content/travel/en/traveladvisories/traveladvisories.html/

https://travelmaps.state.gov/TSGMap/

ハワイでは6/14現時点で35,723件(カウアイ島:328件、オアフ島:27,469件、マウイ島:4,787件、ハワイ島:3,138件、その他:1件)の新型コロナウイルスの感染者が確認されています。

今後も在ホノルル日本国総領事館、アメリカ疾病管理予防センター(CDC)、ハワイ州保健局(HDOH)より新たな情報が発信されましたら情報を共有させて頂きます。

ハワイ州保健局からの最新情報

https://health.hawaii.gov/news/covid-19/

在ホノルル日本国総領事館

https://www.honolulu.us.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html

ハワイ州観光局

https://www.allhawaii.jp/htjnews/4084/

(*情報は随時更新されます)

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE