家族旅行やグループ旅行には貸切チャータープラン!気ままに贅沢リムジン・チャーターの使い方をご紹介!

2021.01.01遊ぶ
ご案内
当記事の内容は新型コロナウイルスの感染が拡大する前の情報となります。
現在、JTBハワイではお客様と社員、地域社会の安全のために就業再開において様々な安全対策を実施しております。取り組みの詳細については、以下【新型コロナウイルスの拡大防止対策下においてのJTB安全対策】をご覧ください。
https://www.oliolihawaii.com/new_guideline#optionaltour

 

自分たちのペースで行きたい場所やお店を選んでハワイ観光をしたい。
小さなお子様を含む三世代ファミリーや自分へのご褒美のグループ旅行の希望を叶える人気プラン、気ままに贅沢 リムジン・チャーター をご紹介します。

日本ではリムジンというと、記念日やウエディングなど特別なイベントを思い浮かべますが、こちらの、気ままに贅沢 リムジン・チャーター は、ゴージャスなストレッチリムジンをとってもカジュアルに利用できます。

貸切りでなので和気あいあいのプライベートな空間とドライバーさんを独占!ホリーデーシーズンには、グループ旅行や小さなお子様のいるファミリー旅行に見逃せない観光プラン。

気ままに贅沢 リムジン・チャーターのポイント

貸切可能な時間帯: 朝8時から午後7時まで

貸切時間: 2時間、4時間、6時間、8時間
※当日参加中に延長をご希望の場合、配車状況が可能であれば延長可能です。ドライバーにご相談のうえ延長代金はドライバーに直接お支払いください。
(2020年4月からは、4時間と8時間のプランのみになります)

定員: 8名様まで

行き先について: 当日のドライバーと相談しながらご希望に合わせてお決めください。
※チャーターの開始/終了場所はワイキキ地区となります。リムジンでの通行が禁止されている場所(例:タンタラスの丘など)や観光車両の立ち入りに制限のある場所(例:カイルアビーチ、ラニカイビーチ、ラニアケアビーチなど)また、空港送迎のご要望にはお応えできません。

貸切で観光したいけど、初めてのハワイでどこに行ったらいいか分からない。というお客様には各時間内で周れるオススメの観光プランをご紹介していますので、気ままに贅沢 リムジン・チャーターの詳細ページをご覧くださいね。

今回は4時間チャーターで、景色の良い東海岸方面をまわって、オシャレなローカルタウン・カイルアでちょっとお買い物をして戻ってくるというプランを体験してみます。

約束の時間ぴったり。ホテル前のロータリーにピカピカの長~いストレッチリムジンがやってきました!横付けされたリムジンに乗り込んでいざ出発。

通常ツアーのお迎え場所は各社のツアーバスが集まる乗り場が多いのですが、リムジンは集合ホテルの正面玄関に横付け!チョッピリ特別感が漂いま~す。

リムジンに乗るのは初めて。
中はこんな風になっているのですねぇ~。 思ったよりも天井も高く広々としています。

日本ではリムジンに乗ることはもとより、見かけることもほとんどないのでは。

ハワイでは空港のタクシー乗り場でもリムジンを見かけるくらい、街で多く見かけますが、チャーターリムジンは、インテリアも含めお手入れが行き届いて綺麗です。

小さな子供たちはこの非日常な体験にワクワクすること間違いなし!コーフン気味で少しくらいテンションが上がっても自分たちだけの専用車内だからOK!家族でハワイ旅行の記念としても、リムジン体験は楽しい思い出の1ページになるはず。

座席は、前方と後方に向きあう形で2席ずつ、そして真ん中に横向きの3人掛け席がありました。

普通のバンやバスとは違って、リムジンだと全員の顔が見えるように座れるので、移動中もみんなで会話がしやすいですね。 またこういう長椅子タイプのシートは小さな子供も座りやすくてリラックス気分でドライブできます。

天井には可愛い小さなライトがいっぱい・・・星空みたいでちょっと薄暗くなってからのドライブも楽しそう。車内のエアコン温度も自分たちの好みで決められるのもウレシイですね。

まずはダイヤモンドヘッドの展望台にやってきました。
カハラの住宅地と海が一望できるスポットです。

気ままに贅沢 リムジン・チャーターのプランでは日本語可能なドライバーさんが対応してくれます。

本日のドライバーさんは、アメリカ人のロイさん。日本語が堪能で、日本語でのコミュニケーションはばっちりでした。

ダイヤモンドヘッドを後にして次はハナウマ湾の展望台に到着しました!ここはハナウマ湾全体が見渡せる絶景スポット。

海水の透明度が非常に高く、水中のサンゴ礁がくっきりと見えますねぇ。 この季節でも十分泳げるハワイ!泳いでいる人たちがとっても気持ちよさそう。

ハナウマ湾展望台は、海の景色が楽しめるだけでなく緑いっぱいのゆったりとした公園もあって、ドライブの途中に立ち寄るのにぴったりの場所。

また観光ルートでドライブ中に気になるのがお手洗い事情。
こちらハナウマ湾の公園にはこのように綺麗に整備された公衆トイレがあるので、お手洗い休憩にもばっちりです。

さぁ、カイルアタウンを目指してどんどん進みましょう!!

ちなみに、リムジンの車内には、運転席と後部座席の間に仕切りがあるのすが、このように仕切りを下ろすと移動中でもドライバーさんとの会話が可能です。

ハナウマ湾から5分ほど進むと、ハロナの潮吹き岩の展望台にやってきました。

大きな太平洋が目の前に広がる絶景

海からの波を吸い込んで岩の割れ目から豪快な潮を吹き上げる光景もキャッチ。この辺りは元旦には初日の出を迎えるために人が集まる人気スポットです。

≪女子会思い出ハワイ≫に欠かせない青い海と空がとっても綺麗な場所でみんなで記念撮影できました。

海のすぐ横をドライブできてハワイらしさ満点の景色が楽しめる東海岸は、オアフ島の中でも人気の観光ルート。

続いてマカプウビーチが見渡せる場所でも停車してもらって写真撮影。

ボディボードを楽しんでいる人たちが見えます。。楽しそうですね~~!

車内はゆったりしているけれど、離れすぎず近すぎず、みんなの会話がはずみます。また貸切のプライベート空間なので子供たちが騒いでしまっても周りが気になりません。

観光スポットで乗り降りするたびに席替えをしたりして、移動中も楽しい時間が過ごせました!

マカプウ岬の近くにある小さなビーチにも立ち寄ってもらいました。
当日の交通状況にもよりますが、ツアーバスなどでは途中で気に入った場所を発見しても下車が難しいですが、リムジンチャーターならリクエストに応じてくれて嬉しい限り。

ビーチを出たら一気にカイルアまでドライブです。

今日の目的地、カイルアタウンのホールフーズに到着~。 ホールフーズでは30分ほどお買い物を楽しめました!

カイルアからワイキキへ戻る時間になりましたが、来た道をそのまま戻るのはつまらない!ということで、帰りは緑豊かなオアフ島の内陸部を通ってワイキキへ戻ることにしました。。

その途中で、一度行ってみたかったヌウアヌ・パリ展望台へ立ち寄ってもらいました。 ここはオアフ島の北東部であるカイルアとカネオヘが一望できる絶景スポット。

こちらでは駐車料金がかかります。駐車料金や入場料の発生する場所へ立ち寄る場合の料金はお客様ご負担となります。ドライバーさんのアドバイスに従ってお支払い手続きしてくださいね。

ヌウアヌ・パリ展望台は1795年カメハメハ大王がハワイ全島を制覇するための最後の戦いが繰り広げられた場所としても知られています。

ハワイ語で「パリ」は「崖」の意味。
ここは崖の上ということもあり、いつもは強い風が吹き抜けているのですが、この日はなぜか風もなくとっても穏やか。緑いっぱいの素敵なグループ写真が撮れました。

このあとは約30分ほどドライブを楽しみ、ワイキキのホテルに帰着しました。

ご家族だけで周りに気兼ねなく観光したい時や、お友達や社員旅行のグループなど内輪だけで盛り上がりたいときにもぴったりの貸切リムジンのプラン

料金についても、今回の4時間プランは510ドルですが、もし定員の8名で行った場合は、割り勘すると一人当たり64ドル ※2021年3月31日までの料金です。※1台8名までの人数には0歳も含まれます。

このプライベート感を味わいながら自分たちのペースで島内観光が出来ると考えたら、かなり使えるプランではないでしょうか?!

ホリーデーシーズンやグループ旅行でのハワイ滞在の1日には、ぜひ貸切リムジンをご検討くださいませ~

 

 

 

ご案内
当記事の内容は新型コロナウイルスの感染が拡大する前の情報となります。
現在、JTBハワイではお客様と社員、地域社会の安全のために就業再開において様々な安全対策を実施しております。取り組みの詳細については、以下【新型コロナウイルスの拡大防止対策下においてのJTB安全対策】をご覧ください。
https://www.oliolihawaii.com/new_guideline#optionaltour

この記事をシェアする

家族旅行やグループ旅行には貸切チャータープラン!気ままに贅沢リムジン・チャーターの使い方をご紹介!

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

後で読む

この記事の関連情報

気ままに贅沢 リムジン・チャーター

オアフ島
行き先はあなたしだい!!豪華リムジンの貸し切りプラン。
最大8名まで乗車可能!グループで乗れば、1人当たりの料金は他の観光ツアーと比べて割安に! 貸し切りなので周りに気兼ねな…

約4~8時間※日程表参照

毎日

「遊ぶ」の最新記事