ルックJTB オリオリハワイドットコム

ハワイの旅をまるごとサポート!
現地情報からオプショナルツアーまで、
まるごとお役立ち情報掲載!!

サイト内検索

旅の基礎知識 ハワイ滞在情報

ハワイ旅行に役立つ情報をご紹介!

時差

日本とハワイの時差は19時間。
日本よりハワイの方が19時間遅れています。

時差 (対GMT) -10:00
(対GMT) -10:00

例) 【日本】 2017年1月1日 12:00(正午) ⇒ 【ハワイ】 2016年12月31日 17:00
日本時間に5時間足し、1日前と考えると便利です。

通貨/税金

通貨単位・略号 米ドル US DOLLAR/S (USD)

$…米ドル  ¢…セント

一般に流通している米ドル紙幣には、
1米ドル紙幣・5米ドル紙幣・10米ドル紙幣・20米ドル紙幣・50米ドル紙幣・100米ドル紙幣があります。

1米ドル以下は硬貨となり、

◉ 1セント硬貨(ペニー)  ◉ 5セント硬貨(ニッケル)  ◉ 10セント硬貨(ダイム)  ◉ 25セント硬貨(クォーター)の4種類。

1¢(ペニー)5¢(ニッケル)10¢(ダイム)25¢(クォーター)

100セント=1米ドル


上記のリンクは、JTB店頭にて両替した時の参考レートとなります。
JTBハワイ オプショナルツアー販売サイト http://www.hawaiioption.com/ また現地ツアーデスク等にて
オプショナルツアーのお支払をされる場合は、異なるレートが適用されますのでご注意ください。
またクレジットカードにて決済される場合の換算レートや換算日については、
お持ちのクレジットカード会社へお問い合わせください。


税金について

日本の消費税にあたるハワイ州の州税は4.166%(オアフ島のみ4.712%)です。
ショッピングやレストランでの食事、ホテルやコンドミニアムなどの宿泊の際にかかります。
ホテルやコンドミニアムに宿泊の際は、上記州税の他に、さらに9.25%の宿泊税がかかります。
なお、ルックJTB、JTBお買得旅にご参加のお客様は、あらかじめ旅行代金に含まれております。

電話/郵便

市内電話料金(公衆電話・固定電話からかける場合)

基本料金:0.50米ドル(オアフ島内は一通話の時間、無制限に通話できます。)


ホテルの客室から電話をかける

外線発信番号(ホテルにより異なる)を押してから相手先の電話番号を押します。
料金は通話料以外にサービス料が加算される(ホテルにより異なる)為、割高となります。


他島への通話

同島内の通話の場合は市外局番(808)は不要ですが、他島へかける場合は必要になります。
(例:1+808+●●●-●●●●)


日本宛ダイヤル方法

011(国際電話識別番号)+81(日本の国番号)+電話番号(市外局番の最初の0は不要)
例)03-1234-5678にかける場合⇒011-81-3-1234-5678とダイヤルする。
‘OLI’OLIフォンからのダイヤル方法はレンタル時にお渡しする説明書をご覧ください。


日本宛郵便料金(2015年1月現在)

はがき 1.15米ドル
封書 28グラムまで 1.15米ドル

チップ

チップの目安は下記の通りです。

ホテル ベッドメイキング $1~2/ベッド1台につき
ルームサービス ご利用額の15%
バレーパーキング $2~5
レストラン ご利用額の15~20%
予め15%~20%程度のチップが含まれていることもあります。
TipやGratuity欄に書かれている金額が、チップです。
特に6名以上のグループの場合、既にチップが含まれている額を請求される場合が多くありますので、
伝票を確認しましょう。
タクシー ご利用額の15%
エステ・スパ ご利用額の15~20%

【下記の場合はチップ不要】

◉ ファーストフード等のセルフサービス
◉ バス・トロリーの運転手
◉ オプショナルツアーのガイド
◉ ミールクーポン(追加注文の料理・ドリンク等はチップの対象となります)

モバイル/インターネット

‘OLI’OLIステーション・アラモアナでは、無料インターネットコーナー、iPadおよび無料WiFiを、
各’OLI’OLIプラザでは無料WiFiをご利用いただけます。

ほとんどのホテルではインターネットが利用可能です。

詳しくは、各ホテル情報ページをご覧ください。
また、スターバックス・コーヒー・チェーンなど有料でWiFiサービスを提供しているカフェもありますが、
飲食時は無料でWiFiサービスが利用できるフリー・ホット・スポットも増えています。
詳しくは以下にてご確認ください。
Free Wireless Internet: http://www.wififreespot.com/ (英語のみ)

また、ハワイ州全域をカバーするWiFiルーターを1泊$10(税込)でレンタルすることも可能です。
詳しくは、 http://jtlwireless.com/ をご覧ください。

コンセント/電圧

電圧 110/120V
周波数 60Hz
プラグタイプ img_plug

日本からお持ちのドライヤーなどは短時間の利用なら使える場合もありますが、破損するケースもありますので、
利用については各メーカーにご確認ください。
高熱になる電化製品や、長時間の利用は故障する場合がありますので、変圧器をご利用になるか、
各メーカーにご確認ください。

ご滞在中の注意事項

たばこについて

ハワイ(新)禁煙法施行

2006年11月16日より、ハワイ州では公共の場所が禁煙区域に設定される「新禁煙法」が施行されております。
主に禁煙となる公共の場所は以下となります。

◉ レストランやバー等
◉ 空港内
◉ ショッピング・センター
◉ ホテルの客室、ロビーや通路
また、建物の出入り口より約6メートル以内も禁煙区域となります。なお、ホテル内(客室、バルコニーを含む)の禁煙ポリシーは、各ホテルにより異なりますので、ご宿泊先にてご確認いただきますようお願いいたします。同法律に違反した個人には最低50ドル、最大500ドルの罰金が課せられることになりますので、ご注意ください。

アルコール飲料の購入及び飲酒に関するご注意

公共の場での飲酒

ハワイ州の法律により、路上や公園、ビーチなどの公共の場での飲酒は禁じられています。


写真付身分証明書の提示

ハワイ州の法律により、21歳未満の飲酒は禁じられております。
その為、21歳以上の方でも、酒類を購入される場合や、レストランやバー、
バンケットでのパーティー等でアルコール飲料を注文される際に、
確認の為にID=写真付身分証明書(旅行者の場合はパスポート)の提示を求められる場合があります。
パスポートはコピーではなくオリジナルが必要となり、これらのIDをお持ちでない方には、
ホテルや店側が、販売または提供をお断りする場合があります。
尚、パスポートを持ってお出かけになる場合は、紛失されぬようご注意ください。


スタッキング

ハワイ州の法律は「スタッキング(Stacking)」を禁止しております。
スタッキングとは・・・
1人が1度に複数のお酒をオーダーすること。ウィスキーやウォッカのストレートなど、
ミックスされていないハードリカーとビールの組み合わせは許可されていますが、
原則的に一度にオーダーできるお酒の量は、1人1杯(1本)までです。
オーダーだけでなく、2杯(2本)以上のアルコール飲料を
テーブルに置いたり持ち歩いたりすることもできません。

歩行者の交通ルールについて

JAYWALKING/ジェイウォーキング

ハワイ州では、運転手の信号無視だけでなく、
歩行者が信号を無視して道路を渡った場合や横断歩道のない場所を横切るなどした場合にも
「JAYWALKING/ジェイーウォーキング」=「交通規則を無視して道路を横断した」
という罪で厳しく取り締まられています。
チケットを切られ後日罰金を支払わなければなりませんので、ご注意下さい。