潜入!人気ツアー★ダイヤモンドヘッド・ハイキングとハウツリーラナイ朝食

2015年08月29日

テーマ:オプショナルツアー

ハワイといえば、「ダイヤモンドヘッド」
見るだけではなく、実際に一度は訪れてみたい
人気の観光スポットです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

今日はダイヤモンドヘッドに登った後に
人気レストランで朝食もできる、
大人気ツアーに潜入体験してきました

 

おいしいエッグベネディクト人気な朝食付きツアー
ダイヤモンドヘッド・ハイキングとハウツリーラナイ朝食

 

dh33

 

      

 

辺りは、まだ薄暗い、朝5時。
お迎えのバスは各主要ホテルを巡り、
今回私達の送迎ポイント、シェラトン・ワイキキに。

dh2

 

バスは20分もしないうちに、ダイヤモンドヘッドへ到着。
ただし、ダイヤモンドヘッドの開門時刻は朝6時で
まだまだ、時間があります。
ゲートの外にはすでに沢山の観光バスが行列になっていました。

dh3

 

開門を待ちながら、
これから登るダイヤモンドヘッドについてブリーフィングを
受けるため、いったんバスから降ります。

 

降り立った展望スポットから見えたのは、
ハワイのビバリーヒルズとも呼ばれる高級住宅街「カハラ」

dh4

 

ツアーエスコートの方から、日本語による
登山の注意事項帰りのバス乗車時間
についてブリーフィングを受けます。
無料記念撮影登山証明書についての話もあるので
しっかり聞いてくださいね

dh5

 

6時きっかりにゲートがオープンし、
バスで入り口まで向かいます。
ここが入り口のサインです♪

dh6

 

時刻は6時8分。
ダイヤモンドヘッドは上り30分、下り30分ほどで
登れるという事ですが、個人差もあるので
時間までに戻れるように腕時計でチェックしながらの
登山がベストです。

 

時計の他に持っていくべき物としては、
乾いた喉を潤すお水汗を拭くタオルくらい。
軽装で臨みます

 

さっそくですが、登山を開始してから、
約5分程の標高の低いポイントで
サンライズを見ることができました。

dh8

 

季節により日の出の時刻は様々です。
事前にチェックしていたほうが良いですね。

 

トレイルは手すりもあって、比較的登りやすいです。

dh9

 

振り返ると沢山の人たちが列をなして登山する光景
見ることができます。

dh10

 

dh11

 

中腹の展望台からは、カハラ方面
その向こうのココヘッドが見えます。

dh13

 

階段ですこの階段を上りきったら、左へ進むと
山頂へ向かう新しいトレイルがあります。

dh14

 

コレ 新しいトレイル!!
ゆるやかで登りやすいのがポイントです。

dh15

 

実は旧トレイルも引き続き使用できます。
ただし、99段の過酷な階段が待ち受けていました。
今日はあえて旧トレイルをチョイス~!
これです~!99段あるという(涙)
首が45度に傾きそうなこの階段・・・

dh16

 

上るやいなや、すぐに息があがってしまいました。

dh17

 

どうにか、こうにか上りきり、最後のステップの直前で
目を引いたのがこれ高さを示す表示です。
標高703フィート、214メートル地点です!

dh18

 

今上ってきた階段を上から見下ろすと・・・
うわっくらっときちゃいますね

dh19

 

もう階段は勘弁してくれ~と思った矢先
今度は螺旋階段が

dh20

 

上りきると、戦時中のトーチカだった場所に。
その昔、ダイヤモンドヘッドは軍事施設として
使われており、これらはその名残です。

 

壁の間をすりぬけて、最後のステップを踏むと
一気に眺めが広がります。

dh21

 

やった~
と、喜んでいる場合ではありません
なぜなら、ここは頂上じゃないからです!ガクッ

dh22

 

ここから更に山頂の展望台まで、最後の階段を上ります

dh23

 

着いた~
ここが本当のダイヤモンドヘッドの山頂
旧トレイルの99段の階段を上っただけに、感動もひとしお。
イェ~イ。

dh24

 

あ~このワイキキの美しい景色が見たかった♪

dh26

 

頂上では、しばらく写真撮影をしたり、
休憩して思い思いに過ごし、下山開始です

dh25

 

この写真の左に下りていく道が新トレイルです。
99階段よりは、やっぱりなだらかですね

dh27

 

すっかり日も上がって、マノア方面の街並みが
よく見えるトレイルを下っていきます。

dh28

 

無事に下山して、駐車場横でツアー会社さんが行ってくれる
記念撮影スポットに到着~

dh29

 

ツアーエスコートの方から、
登山証明書をもらいます。うれしいですね~♪

dh30

 

記念撮影タイム
ダイヤモンドヘッドのクレーターを背中に
レイを首からかけてもらって、はい、チーズ!

dh31

 

この写真はツアー会社さんのウェブサイトに
当日のうちにアップされ、無料でダウンロードする事ができます。
また自分のカメラでも撮影してくれます。

 

ダイヤモンドヘッドを後にし、麓近くにある、
「ザ・ニュー・オータニ・カイマナ・ビーチ・ホテル」へ到着。

dh32

 

オープンエアのテラス席がある、
「ハウツリーラナイ」レストランです。
樹齢100年以上とされている、「ハウツリー」が見えます。

dh33

 

「海辺のハウツリーの下で優雅に朝食を頂く」のがセレブっぽい
と、人気を博すレストランだけに、雰囲気満点。
小説「宝島」の作者ロバート・ルイス・スティーブンソンが、
ここで作品のストーリーを考えたという伝説の場所でもあります。

dh34

 

温かいコーヒーや紅茶を飲みながら、
目の前の海やハウツリーのお花を観賞。
このお花は黄色いのですが、咲き切るとピンクに色が変わって
最後にはポトリと地に落ちるそうです。きれい~♪

dh35 dh36

 

朝の運動後で、もうお腹ペコペコのところに、
人気のエッグベネディクトが運ばれてきました

イングリッシュマフィンの上には
厚切りハムと、とろっとろのポーチドエッグ
ちょうど良い量のオランデーズソース
サイドにはカリカリフライド・ポテトです。

dh37

 

ナイフを入れると、卵の黄身がとろ~っ
こぼれだし、ソースと絡めてハムやマフィンと
一緒に口に頬張ります。

マフィンのサクっとした触感に、ハムのおいしさと
卵がちょうどよく絡んで、「むむむ!うま~い」
叫んでしまいます。

dh38

 

同じテーブルに座っていた別の参加者の皆さんも
「おいしいぃ~」と連呼されていましたよ
特に男性にはボリューム度甘くないメニューという面でも
ぴったりな朝食だと思います。

 

たっぷり1時間ほどの朝食時間がありますが、
少し早く終了した私達は、レストランの目の前の
ビーチへ足を伸ばしてみました。

 

美しいやしの木に、

dh39

 

のんびりビーチでくつろぐロコの姿。

dh40

 

ハワイの朝は、なんと気持ちの良いことか!

 

バスに乗り込んでワイキキ到着はまだ朝9時
1日はまだ始まったばかりなので、それから
ビーチに行ったり、ショッピングや、ワイキキ散策
する時間は、たんまりあります。

 

ダイヤモンドヘッドと人気レストランを組み合わせた
このツアー1度で2度おいしいナイスなツアーでした。

 

JTBハワイ ハウまりりん

 

今回ご紹介したオプショナルツアーはこちら
 
ダイヤモンドヘッド・ハイキングと
ハウツリーラナイ朝食

 

その他、人気の朝食&ダイヤモンドヘッドのツアーはこちら
 
ダイヤモンドヘッド&朝食特集

 

2015年度「姫様ハワイ」パンフレットで紹介された
オンナゴコロくすぐるスポット
外せないオプショナルツアーをご紹介しています
himesama_B


★今回ご紹介した情報は予告なく変更される場合があります★
★今回ご紹介した情報は予告なく
変更される場合があります★

デスクがあるからいつでも頼れる!
個人旅行も大歓迎!
オプショナルツアーなら
現地40年の実績と信頼のJTBハワイで!

オプショナルツアー体験談はこちらから>>
こちらから>>

 

category_1category_1 category_3category_3

 

category_13category_13 

 

category_12 category_18category_18

 

banner_2_27_4d9cbanner_2_27_4d9c

 

tenshinoumi_2016tenshinoumi_2016 bannerb_ruthschrisbannerb_ruthschris

※本サイト内の全てのコンテンツ(画像、映像等)を無断で転用、複製することはお控えください。

Comment

“潜入!人気ツアー★ダイヤモンドヘッド・ハイキングとハウツリーラナイ朝食” への4件のフィードバック

  1. たー より:

    こんにちは!

    いいですね、このツアー。
    日の出を見ながらダイヤモンドヘッド登山して、いつも混んでるハウツリーラナイで食事が出来て、しかもまだ9時代なんて、有意義な1日になりますよね。

    ダイヤモンドヘッド登ってみたいです(もちろん新しいトレイルで)

    • JTBハワイ より:

      > たーさん

      いつもコメントありがとうございます!
      そうなんです。随分早起きしないといけませんが、その分これだけこなしてもまだ9時なので、とっても有意義な一日になります。
      日の出を頂上で見るのはかなりレアで難しいですが、登っている間に日が昇るのも、幻想的な景色を見ながらの登山となるので、それはそれでキレイで良いですよ。忙しくてなかなかダイヤモンドヘッドの登山に挑戦できないかもしれませんが、一度はチャレンジしていただきたいです(*^_^*)

  2. MCK613 より:

    ついにハワイまで1ヶ月切りました。ダイヤモンドヘッド登りたいと思っていますが、朝食付きというのにひっかかって、ツアーで行くか個人で行くかまだ考え中です・・。
    それにしても登った階段を見下ろした写真、目がくらみそうですね!たくさんの方が登られてとても楽しそうです!

    • JTBハワイ より:

      > MCK613さん、

      いつもコメントありがとうございます。

      もうすぐですね!

      ダイヤモンドヘッドの登山はぜひチャレンジしていただきたいです!
      ツアーですと早朝でも送迎付きですので安心ではありますが、朝食については他のレストランとの組み合わせも多数ご用意しておりますので、お目当てのレストランがあればツアーの方が便利でお得かもしれません。ご検討ください♪

      ダイヤモンドヘッド&朝食特集 - JTBハワイオプショナルツアー
      http://www.hawaiioption.com/special/DH_special.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。