戦後70年目の年、国定歴史建造物があるパールハーバーを訪問。

2015年08月01日

テーマ:オプショナルツアー

パールハーバー見学で訪問する場所は

この地図のフォード・アイランドに集約されています。
pearl-harbor-70years (1)

 

パールハーバー見学に行った方たちの話を聞くと、

 

ビジターセンターでの手続き

手荷物チェック

施設内のバス移動の乗り継ぎ
などが大変とか。

 

特に全米各地からの人たちが多くなる

これからのシーズンは行列を覚悟しないと無理

 

という声が多かったので、

今回はこのツアー
パールハーバー・デラックス・ツアー(特製ランチ付き)
をおすすめします

 

戦艦ミズーリと太平洋航空博物館、

サウスチャンネルのやや上方に戦艦アリゾナが眠る

USSアリゾナ記念館へ向うためには

シャトルバスでフォードアイランド橋経由で島へ向かいます

 

このツアーなら

ワイキキからお迎えの車に乗って、そのままフォードアイランドの見学場所へ

と案内してくれます

 

ビジターセンターでの手続きなどは、すべてツアー会社さんが済ませ、
施設内移動の専用バスに乗り換える面倒さもありません

pearl-harbor-70years (1)

 

■戦艦ミズーリ(全長 約270m /40,520t)
数えきれないくらいに、はためいている星条旗たち。
pearl-harbor-70years (2)

 

小学校の遠足でやってきた子供たちの姿も見えます
おやっ右側のカップルは!と思いきや、人形でした…
pearl-harbor-70years (3) pearl-harbor-70years (4)

 

日米にとって歴史的な施設が並ぶなかで、

こんなユーモアはいかにもアメリカらしい気がします

 

1945年9月2日に、この船の上で降伏文書調印式が行われますが、

写真右は、そんな歴史の始まりともなる、
真珠湾攻撃の際に、日本側の特攻機によって、

少しだけ曲った戦艦ミズーリの甲板と勇敢な攻撃と

その時のアメリカ側の人道的な対応を説明した解説板です。

pearl-harbor-70years (5) pearl-harbor-70years (6)

 

日本からの旅行者の方が“永遠のゼロ”という映画にもなった

ベストセラー小説を思い出すと話されているのが耳に入りました

 

戦艦ミズーリの見学を終えて、

接岸された埠頭から前方を眺めると

アリゾナ記念館がこんな感じで眺められます。
pearl-harbor-70years (7) pearl-harbor-70years (8)

 

ここで、このツアーについているランチの『海軍カレー』をいただきました。
素材を軍施設内で調理しているそうですが、

日本風のカレーライスになっていました

 

海軍カレーのいわれですが、

変化のない長い海上勤務で、曜日感覚を舌で覚えておく

 

というわけで

毎週金曜日にカレーライスを食べる習慣になった
とかいう説もあるそうです

 

なんとなく納得できそうかなぁ…

 

■太平洋航空博物館

 

格納庫を展示エリアにした太平洋航空博物館。
pearl-harbor-70years (9) pearl-harbor-70years (10)

 

博物館となっている格納庫37、

復元格納庫79を日本語ガイドが案内していきます。

 

格納庫は見上げるような広さ、

(右)P-40ウォーホーク戦闘機は

太平洋航空博物館のシンボルになっています
pearl-harbor-70years (11) pearl-harbor-70years (12)

 

このツアーでは戦艦ミズーリ、太平洋航空博物館、

どちらも日本語ガイドさんが出迎え

歴史の裏側も含めた
重要なポイントを丁寧にひも解いてくれます。
pearl-harbor-70years (13)

 

戦争を知らない世代にとって、ハワイに在住する在外邦人として、

日米歴史のデリケートな部分も含め、

大変誠実な解説を聞く時間を持てたツアーでした

 

■アリゾナ記念館(アリゾナメモリアル)

 

アリゾナ記念館へは、ビジターセンターを訪れ、

そこから専用ボートで記念館へ渡ります。

pearl-harbor-70years (14) pearl-harbor-70years (15)

 

ここだけはガイドさんがつきませんが、

見学が終了すれば所定の場所にガイドさんは待っています

 

※記念館入場後はツアー会社さんから渡されている

日本語案内メモを利用すれば安心です

 

希望すれば日本語ガイドのヘッドフォンを$7.50で借りることもできます。

 

パールハーバーとっておき情報
 

今年だけのパールハーバーBIGイベント

 

ハワイ最大の自然港で米国で唯一、

国定歴史建造物に認定されたフォードアイランドの海軍基地では
 

今年8月15日、午後8時より

パールハーバー史上初の長岡花火が打ち上げられる

ニュースが発表されています

pearl-harbor-70years (16)

 

第二次世界大戦の70周年を記念する記念式典と共にホノルル市、

日本の長岡市、アメリカ海軍の協力によるパールハーバーの空に
長岡花火が夜空を照らすなんて、

 

花火マニアとしては楽しみ~

 

※花火画像はホノルルフェスティバルでの長岡花火。
 

※長岡・ホノルル平和友好記念式典についてはこちらから(英文)
http://www.cnic.navy.mil/specialevents/nagaoka-honolulu-peace-commemoration/schedule-of-events.html

 

着地型事業部・企画 /4230

 

***********************************

 

今回ご紹介したオプショナルツアーはこちら

 

日本語ガイドのエスコート

パールハーバーの重要ポイントを見学できる

 

パールハーバー・デラックス・ツアー(特製ランチ付き)

 


★今回ご紹介した情報は予告なく変更される場合があります★
★今回ご紹介した情報は予告なく
変更される場合があります★

デスクがあるからいつでも頼れる!
個人旅行も大歓迎!
オプショナルツアーなら
現地40年の実績と信頼のJTBハワイで!

オプショナルツアー体験談はこちらから>>
こちらから>>

 

category_1category_1 category_3category_3

 

category_13category_13 

 

category_12 category_18category_18

 

banner_2_27_4d9cbanner_2_27_4d9c

 

tenshinoumi_2016tenshinoumi_2016 bannerb_ruthschrisbannerb_ruthschris

※本サイト内の全てのコンテンツ(画像、映像等)を無断で転用、複製することはお控えください。

Comment

“戦後70年目の年、国定歴史建造物があるパールハーバーを訪問。” への2件のフィードバック

  1. MCK613 より:

    パールハーバーはぜひ行きたいと思っているので、参考にします。戦後70年という節目の年ですので、特別な思いで訪れる方も多いでしょうか。先日テレビで最近の10代は日本がアメルカと戦争をして敗北を喫した歴史を「知らない」と笑いながら答えているシーンを目にして衝撃を受けました。その事実をしっているわたしたちでさえ実感できずにいたり、まだ知らない真実があるだろうというのに、その歴史さえもしらなければ必ずこの歴史的記憶を薄れていくでしょうね。

    • JTBハワイ より:

      >MCK613さん
      戦争を体験された日系人の方たちにお話を聞く機会がありました。その方たちの本当に辛く、大変な思いをされた戦争のお話を聞くだけで、いつも悲しくなります。確かにMCK613さんの仰るとおり、まだまだ知らない事がたくさんありました。戦争を体験した事はないですが、戦争を体験された方の話しを聞いて、その方たちの心の痛みを感じとり、一緒に悲しむことはできます。しかし、より若い世代は、戦争のイメージが漠然としているので、想像することが難しいのかもしれませんね。だから笑って答えれるのでしょう(全員とは言いませんが)。戦争を体験された方の人口が減っているので、若い世代に戦争の話をする時は、人から聞いた話でしか伝えることが出来ないので、どうしても少しずつ内容が薄くなってしまうのは仕方がない事かもしれません。。しかし戦争を繰り返したくない気持ちを強くもって、次の世代にどう伝えていくかは課題になりますね。。なのでこの様な施設は次世代に戦争の事を伝えるのに、とても大切なものだと思います。(長文になってすみません。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。