マカプウ・ビーチパーク ~忘れられた漁村の話~

2015年06月12日

テーマ:ハワイの文化・歴史

オアフ島の最東端に、マカプウという名の岬があります。

 

ハイキングコースとして多くの利用者でにぎわうこの岬、
頂上付近へつづくルートを歩いていると
運が良ければオオグンカンドリなどの海鳥が飛ぶ姿や
01
写真01:オオグンカンドリ

 

ザトウクジラ(冬~春)が海面で呼吸する姿、
アオウミガメハワイアンモンクシールを見かけることがあります
02
写真02:海面に背中を出したザトウクジラ

 

この岬の少し北。シーライフ・パークの向かいにある
マカプウ・ビーチパークが、今回のブログの主役です

03
写真03:マカプウ岬から見たマカプウ・ビーチパーク

 

この周辺にはかつて村がありました。
カウポー(Kaupō) または
コオナーポウ(Ko’onāpou)と呼ばれていたそうです。
漁村だったと言われています※1。

04
写真04:マカプウ・ビーチパーク

 

以下は、1923年に撮影されたマカプウ・ビーチパーク近辺の写真です。
05
写真05:Aerial view of Hawaiian village ruins near Makapuu Point, Oahu.「Hawaii State Archives, Photograph Collection , PP-37-10-019」

 

この当時すでに村はありませんが、石垣だけでなく、
石積みのようなものが残っている様子がはっきりと写されています。

 

次の写真は、付近をグーグルマップで表示してみたもの。

06
写真06:マカプウ・ビーチパーク付近

 

写真05と比較して頂くと分かりやすいかと思いますが、
ご覧のように石垣や石積みのようなものは跡形もありません

 

1933年に出版された書籍※2には、
「Site 384. The so-called “Kaupo Village,” Waimanalo.」として、
写真05に写っている石垣や石積みの様子も
イラスト地図と共に記されていました。

 

特に興味深いというコメントが記されていたものは、
次の写真にアルファベットで示した部分です。

07
写真07:Aerial view of Hawaiian village ruins near Makapuu Point, Oahu.「Hawaii State Archives, Photograph Collection , PP-37-10-019」

 

A. ヘイアウ?

B. 牛の囲い
C. 住居跡?
D. Ko’a

 

現在、A、B、Cの構造物の痕跡はありません。
ただしDのKo’aのみ、痕跡と思われるものが残されています。

 

ちなみにKo’aはかつてハワイアンが
魚の女神をまつった場所だったそうです※1。
残念ながら、1946年のアリューシャン地震により発生した
津波によって壊れてしまいました。

 

さて、近くで撮影された写真を見てみましょう。
写真中央の岩が積み重なっている部分がKo’aです。

08
写真08:Archaeological feature, Waimanalo, Oahu.「Hawaii State Archives, Photograph Collection , PP-37-11-013」

 

同じような角度を意識して撮影した現在の写真がコチラ。

09
写真09

 

・・・平らですね。写真中央の人が歩いている場所に、
Ko’aがあったと思われます。
人の背よりも高い構造物だったことが伺えます。

 

ちなみにこの歩いている方、網を持っていました。
場所が場所だけに、きっと大漁だったに違いありません(勝手な推測)。

 

別の角度から撮影された写真がコチラ。写真を見る限り、
奥の盛り上がった部分がKo’aです。
手前には、岩がまじった砂地が広がっていたようです

10
写真10

 

現在の様子はコチラ。手前の砂地は消失し、すっかり磯になっています。
Ko’aがあったと思われる部分は、ほぼ平らになっています。
11
写真11

 

さらに近づいた写真がコチラ。土台と思しき(思いたい)部分はありました。

12
写真12

 

写真12を撮影した場所から、
振り返って反対の陸側を撮影してみました。
奥に見える陸地がマカプウ・ビーチパークです。

13
写真13

 

撮影地点から砂浜にかけて、ほどよい大きさの岩が散在しています。
Ko’aとして積まれていた岩々かもしれません。

 

マカプウ・ビーチパークのあちらこちらに、大きな岩が散在しています。
もしかしたら公園の施設や塀に使われている岩と共に、
かつて石垣や石積みに使われていたのかもしれません。
残念ながら今は知る由もありませんが、ロマンですロマン
14
写真14

 

余談です。

マカプウ・ビーチパークからカオヒカイプ(別名ブラック・ロック)と
呼ばれる島が見えます(写真右側)。
様々な海鳥が繁殖する島としても知られています。

 

が、しかし・・・
私にはこの島がザトウクジラの背中に見えて仕方ありません
いかがでしょう?

15 02
写真15:カオヒカイプ島(ブラックロック)とザトウクジラの背中

 

ハイキング、灯台、シーライフ・パーク以外にも、
色んな素材(ロマン)にあふれたマカプウでした。

 

以下、参考書籍一覧
※1 Van James(2010) 「Ancient Sites of O’ahu Revised Edition」, p63, Bishop Museum Press.
※2 J. Gilbert McAllister (1933) 「Archaeology of Oahu」, pp193-195, Bernice P. Bishop Museum Bulletin 104.

 

☆ご注意
白黒写真は全てハワイ州が所蔵する写真です。

 

JTBハワイ チキラ(ビショップミュージアム・日本語ドーセント)

 


★今回ご紹介した情報は予告なく変更される場合があります★
★今回ご紹介した情報は予告なく
変更される場合があります★

デスクがあるからいつでも頼れる!
個人旅行も大歓迎!
オプショナルツアーなら
現地40年の実績と信頼のJTBハワイで!

オプショナルツアー体験談はこちらから>>
こちらから>>

 

category_1category_1 category_3category_3

 

category_13category_13 

 

category_12 category_18category_18

 

banner_2_27_4d9cbanner_2_27_4d9c

 

tenshinoumi_2016tenshinoumi_2016 bannerb_ruthschrisbannerb_ruthschris

※本サイト内の全てのコンテンツ(画像、映像等)を無断で転用、複製することはお控えください。

Comment

“マカプウ・ビーチパーク ~忘れられた漁村の話~” への4件のフィードバック

  1. masa より:

    ハワイの歴史興味あります。
    子孫を思いやるロコの優しが、感じ取れます

    • JTBハワイ より:

      >masaさん
      コメントありがとうございます。
      ハワイの歴史はとっても奥が深くて
      知れば知るほど面白いですよ〜!!
      これからも、歴史ブログアップしていきますからお楽しみに♪

  2. momo より:

    マカプウにはヘイアウやヒーリングプールがある場所と聞いています。
    写真11がヒーリングプールのようですが、どうでしょうか?ここにKo’aがあったとすると、ここがいまだにパワースポットであることに納得です。このような歴史が書いてあるのはここしかありませんでした☆☆☆
    昔はこうした部落が点在していたんでしょうね。

    次回はヘイアウもお参りし、ヒーリングプールに足を入れ、マカプウトレイルにチャレンジし、途中ペレの椅子も見たいです。で、マカプウビーチでボディボードをする予定です!

    • JTBハワイ より:

      momoさま
      コメントありがとうございます!
      マカプウのヒーリングプールですが、そうですね、写真11~13のあたりを指すと思います。潮の満ち引きによって、プール(海水溜り)が出来る場所も変わるので、”この岩のこのプールです”、というような決まった場所は無いのではないかなと思いますが、写真13でも見ていただけるように、かなり広いので、ご自身のフィーリングに合う場所を見つけていただければと思います★ マカプウは私も普段からよく行く大好きな場所なので(余談ですが・・私はこのビーチで結婚式を挙げました♪)、次回来られた際にはきっと楽しんでいただけるように祈っています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。