ホノルル市の鳥、シロアジサシ(マヌ・オ・クー) その②

2015年03月18日

テーマ:ハワイの文化・歴史

どうしよう。そうだ、本に頼ろう!

 

(注)前回『シロアジサシ(マヌ・オ・クー)その①』からの続きです。

シロアジサシ

 

前回のブログでは、通勤路で見かけるシロアジサシの産卵から孵化について取り上げました。
今回は、参考書籍から見るシロアジサシのお話です

 

ハワイの歴史を調べていると、「モオレロ・ハワイ※1」という本の名前を良く目にします。
ハワイアンの歴史家デビット・マロという方によって、
主にカメハメハ三世の統治時代(1825年~1854年)にハワイ語で書かれたものです
内容は文化、歴史、自然と多岐に渡り、
過去の情報をつづった貴重な本格言として、その価値は計り知れません。

 


デビッド・マロ

 

この書籍の第13章には、ハワイ州の鳥ネネカメハメハ大王のマントに使われたマモなど、
優に30種以上の鳥が記載されています
外部形態、信仰との関係性、捕獲目的と方法、
味(超うまい、うまい、そこそこ、甘い、魚っぽい等)など、内容も様々です

 

しかし、残念ながらシロアジサシは登場しません。

 

次にハワイの創世神話「クムリポ※2」を見てみましょう
クムリポとは、ハワイ王国の王家に口頭で伝承されていた神話です。
カラーカウア王が1889年に一般公開し、リリウオカラニ女王が1897年に英訳したものです。
キリスト教が根付く前のハワイアンの思想を、色濃く残していると言われています。

 


クムリポの表紙(こちらはMartha Warren Beckwithさんによる英訳バージョン)

 

クムリポの第三章(Chant Three)にも、30種以上の鳥が登場します
ただしモオレロ・ハワイとは異なり、鳥の名前以外の情報は記載されていません。
実在の鳥に混じって、空想上の鳥フェニックスまで登場したりします。
そういえば神話でしたねクムリポは。

 

他のアジサシ類、例えばノイオ(ヒメクロアジサシ)など、は登場しますが、
やはりシロアジサシは登場しません

 

これは一体どういうことなのでしょうか?

 

ビショップ・ミュージアムの資料※3には以下の情報が記載されていました。

 

・1960年頃まではニイハウ島でのみ繁殖(2000年代で推定30~40ペア)

カウアイ島から見たニイハウ島(水平線に浮かぶ)

 

・オアフでは、1961年にココヘッドで初めて繁殖が確認された

マカプウ岬から見たココヘッド(右のクレーター)

 

・ハワイ主要8島の考古学サイトからは遺物(骨など)は見つかっていない

 

この情報からは、シロアジサシは比較的最近になって、
オアフ周辺でよく見られるようになった
ことが伺えます。
という事であれば、1800年代に書かれた書籍には登場しないのも、何となく頷けますうんうん

 

そうは言っても、2007年にホノルル市の鳥に指定されるなど、
シロアジサシは今やホノルルの顔と言ってもいいかもしれません。

 

そんなシロアジサシを見つける三つのコツを伝授いたします

 

 飛んでいる姿を探す(ヒラヒラ飛んでます)

飛翔するシロアジサシ

 

 鳴いている方向を探す(ギャーギャー鳴いてます)

飛び交うシロアジサシ

 

 路上に白い糞がたくさん落ちていたら見上げてみる(ここ結構重要。でも落下物にご注意)

路上の糞

 

運が良ければ、成鳥だけでなくヒナも見ることができるかもしれません
まじ、モコモコです

 


成鳥とヒナ

 


ヒナです一応。

 

ワイキキ&アラモアナ&ダウンタウンで樹上や空を見上げれば
いつもとは違った光景が広がります。
ただし自転車&歩行者&車など、周囲にはくれぐれもご注意くださいね

 

以下、参考サイト(英語)

 

※1 モオレロ・ハワイ
※2 クムリポ
※3 シロアジサシ
情報をもっと知りたい方へ

 

JTBハワイ チキラ (ビショップミュージアム日本語ドーセント)ハカセ


★今回ご紹介した情報は予告なく変更される場合があります★
★今回ご紹介した情報は予告なく
変更される場合があります★

デスクがあるからいつでも頼れる!
個人旅行も大歓迎!
オプショナルツアーなら
現地40年の実績と信頼のJTBハワイで!

オプショナルツアー体験談はこちらから>>
こちらから>>

 

category_1category_1 category_3category_3

 

category_13category_13 

 

category_12 category_18category_18

 

banner_2_27_4d9cbanner_2_27_4d9c

 

tenshinoumi_2016tenshinoumi_2016 bannerb_ruthschrisbannerb_ruthschris

※本サイト内の全てのコンテンツ(画像、映像等)を無断で転用、複製することはお控えください。

Comment

“ホノルル市の鳥、シロアジサシ(マヌ・オ・クー) その②” への4件のフィードバック

  1. もも より:

    ヒナが可愛すぎます‼︎

  2. かとっち より:

    いやされます!
    よく、ラナイで鳩?には遭遇しますが、
    鳴き声頼りにさがしてみます!
    楽しい記事をこれからもよろしくお願いします!

  3. JTBハワイ より:

    >かとっちさん
    コメントありがとうございます!
    ヒナのフワフワモコモコの様子には見るだけで癒されますね~♪よく見ると色んな種類の鳥が歩いていたり気にとまっていたり・・・、次回はちょっと視線を上にも上げてハワイの小鳥観察も楽しいと思います!ハワイへのお帰りをお待ちしています!

  4. JTBハワイ より:

    >ももさん
    コメントありがとうございます。
    小枝にちょこんと載った小さなフワモコ♪♪なんとも言えないかわいさが伝わる写真ですよね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。