ハワイにパリ?ハワイの展望台♪

2015年01月27日

テーマ:ハワイの文化・歴史

ダウンタウンからカイルアへ続くパリ・ハイウェイ
オアフ島のコオラウ山脈を横断する三つのルートの一つ。
その途中から続くわき道の先にあるのがパリ展望台。
こちらはわき道入り口 

 

パリ展望台左上にコオラウ山脈

 

 

ハワイにパリ、と思われる方がいるかもしれません。
ちなみに私は思いました

 

きっと皆さんも思ったハズ。思いましたよね。

 

・・・人に同意を強要してはいけませんね。ごめんなさい。

 

本題に戻りましょう!

 

展望台はカネオヘやカイルア等を一望できる絶景ポイントです。

 

カネオヘ方面を望む
うっすらと天使の海も。

 

 

カイルア方面を望む
右下にパリ・ハイウェイ

 

 

とっても風が強い場所としても有名です。

 

写真を見ていただくと一目瞭然かと。
強風で傾く樹木

 

ハワイ語で、パリはという意味。
その名のとおり、展望台は崖の上

 

高所恐怖症の方は、あまり下をのぞきこまない方がいいかも。

 

すぐ側の絶壁この展望台は、ある決戦の地になった場所でもあります。

 

時は1795年。かのカメハメハ大王が率いる軍勢と
カラニクプレ王が率いるオアフ軍とが激戦を繰り広げました。

 

この戦いに勝利したのはカメハメハ軍
この勝利がハワイ王国の建国へとつながったとのこと。
戦いイメージ図

 

 

崖下からは、多数(数百)の人骨が発見されているそうでが
戦いに敗れたオアフ軍兵士の骨と考えられています。
展望台の真下

 

 

展望台の南の尾根にある二つの窪みを、ご覧になったことはありますか?
パリ・ノッチと呼ばれていて、展望台の駐車場からも見ることができます。

 

駐車場から見たパリ・ノッチ

 

STOPサインを見上げた尾根上にあります。

 

こちらは駐車場の住人改め住コッコ達

 

 

パリ・ノッチを最初に見たとき、何やら不思議な形だなあと思いました。

 

その後、たまたま読んでいた書籍には人の手により造られたとの記載が。
ブログを書くにあたり、改めて誰が何の目的で造ったかを調べてみると
参考書籍には、以下に示す諸説が記されていました。

 

書籍の表紙

 

 

その一 ※1
オアフ軍の大砲を設置するために造られたとの説。
二つの窪みにそれぞれ一台ずつ大砲が設置されたとのことです。
大砲はカメハメハ軍にとって大きな脅威だったようですが
最終的にはカメハメハ軍の精鋭達がこの場所を制圧したとのこと。

 

その二 ※2
カメハメハ軍の大砲を設置するために造られたとの説。
大砲を設置することに関しては、一つ目の説と同じです。
ただし、誰のために造られたのかが真逆です。

 

その三 ※2
パリ・ノッチからはコオラウ山脈の両サイドを見下せます。
さらに、コオラウ山脈を横断する旧パリ・トレイルの真上に位置します。
蓄えた大きな石を、戦士がトレイルに向かって落とすための場所だったという説。

 

望遠レンズで撮影したパリ・ノッチ

 

 

諸説ありますが、
共通するのは要塞的な意味を持っているということでしょうか。

 

ラナイ島にも尾根を削って造られた窪みがあり
パリ・ノッチと同様、要塞的な意味を持つ場所だったと考えられています※3。

 

今度ラナイ島に行く機会があったら探してみようっと。

 

最後に、一枚目の写真にパリ・ノッチが写っていたのはお気づきですか?
ここまでブログを読んでいただいた方は、すぐ分かるハズ。。。

 

以下、参考書籍一覧
※1 Elspeth P. Sterling, Catherine C. Summers (1978)
「Sites of Oahu」, pp314-315, Bishop Museum Press.
※2 J. Gilbert McAllister (1933)
「Archaeology of Oahu」, pp88, Bernice P. Bishop Museum Bulletin 104.
※3 Kenneth P. Emory (1924)
「The island of Lanai – A survey of native Culture」,pp75, Bernice P. Bishop Museum Bulletin 12.

 

JTBハワイ チキラ
(ビショップミュージアム日本語ドーセント)

 

今回ご紹介した、パリ展望台へ行けるツアーは下記から

 

ホノルル市内観光(午後)

 

風の名所ヌアヌパリ、パンチボール、カメハメハ大王像やアラモアナ・ビーチパークなど
ホノルル市内の見どころを巡るツアー!午後からのプランなので夕食の前などにお気軽にご参加いただけます♪


★今回ご紹介した情報は予告なく変更される場合があります★
★今回ご紹介した情報は予告なく
変更される場合があります★

デスクがあるからいつでも頼れる!
個人旅行も大歓迎!
オプショナルツアーなら
現地40年の実績と信頼のJTBハワイで!

オプショナルツアー体験談はこちらから>>
こちらから>>

 

category_1category_1 category_3category_3

 

category_13category_13 

 

category_12 category_18category_18

 

banner_2_27_4d9cbanner_2_27_4d9c

 

tenshinoumi_2016tenshinoumi_2016 bannerb_ruthschrisbannerb_ruthschris

※本サイト内の全てのコンテンツ(画像、映像等)を無断で転用、複製することはお控えください。

Comment

“ハワイにパリ?ハワイの展望台♪” への7件のフィードバック

  1. MCK613 より:

    深いですね・・。民族発展の裏には必ずしも民族紛争というのも相成るものなのですね。

  2. 私も、なんでパリ?て、思ってました(^-^)/
    そういう意味だったのですね
    ニワトリちゃんは、住んでらっしゃるのですね…笑
    私も、見ましたので(⌒▽⌒)

  3. ヒロ より:

    いや~、とても勉強になりました!滞在中は、レンタカーで毎朝カイルアに食事に行くので、パリハイウェイはいつもお世話になっています!途中の急カーブは怖いですが(^。^;)
    資料豊富の充実した内容で、チキチキさんのファンになりました!

  4. JTBハワイ より:

    >ヒロさん
    本当にうれしいコメントをありがとうございます。雨の日のパリハイウェイの運転はお気を付けくださいね!引き続きブログをよろしくお願いします。

  5. JTBハワイ より:

    >ワクワクきらきらりえ先生さん
    さすが、りえ先生。ニワトリちゃんのことも覚えてらっしゃいますね!
    ニワトリといったら思い出しましたが、ロコに伝わるパリハイウェイの「豚」にまつわる言い伝えがあります。女神ペレが恋人のカマプアアと離別した後、カマプアアを象徴する「豚」
    に対して怒りを持つペレは、自分のすみかとするカイルア方面に、豚肉を乗せた車がやってくるのを忌み嫌います。パリハイウェイを通る「豚肉」を乗せたその車を見つけると、呪いでその車は動かなくなり、どこからともなく現れる老婆と犬に、持っている豚肉料理を与えなければ、再び車が動かないというものです!半分本気で信じているロコもいるので、驚きですが、次回パリを通過するとき、思い出してくださいね(笑)

  6. JTBハワイ より:

    >MCK613さん
    ハワイ諸島をはじめて統一したカメハメハ大王は、強さももちろんですが、幸運の持ち主だったそうですよ。統一の裏にもいろいろな秘話が隠されています。南の島の大王・・・は「ロマンティック」より「血なまぐさい」のほうが適当かもしれません。

  7. >JTBハワイさん
    ひょえ~っっ(*_*)怖いです~っっ
    カイルアには、毎回行くから、絶対に思い出してしまう~(; ̄O ̄)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。