素晴らしかった「ラナイ島」③ジープで島内観光編

2014年09月09日

テーマ:ラナイ島

「ラナイ島」は素晴らしかったシリーズ第三弾です。

前回ご紹介した
「ラナイ島」①高原編
「フォーシーズンズ・リゾート・ラナイ・ロッジ・アット・コエレ」

fk005

「ラナイ島」②ビーチ編
「フォーシーズンズ・リゾート・ラナイ・アット・マネレベイ」

fm019

に続き、最終回は「ジープで島内観光編」です。
さてさて、
「フォーシーズンズ・リゾート・ラナイ・ロッジ・アット・コエレ」
から徒歩15分走る人ほどの距離にある、
ラナイ島唯一の街「ラナイシティ」から一日の始まりです。
朝のラナイシティ、人っ子ひとりいませんあせる
ここがラナイシティのダウンタウン!?
大自然の中の街らしく、ひっそりとしていますね…。

la01

街の中心にある「ドール・パーク」(Dole Park)
ノーフォーク松の林がすがすがしいですね~

la02

朝食はローカルに人気の
「ブルー・ジンジャー・カフェ」(Blue Ginger Cafe)
でいただきます。

la03

店内にお席もありますが、
「ドール・パーク」(Dole Park)を眺めながら、
外のお席で頂くことにします

la04

旦那オーダーの「レギュラー・ブレックファースト」(Regular breakfast)
お店オリジナルのトーストが、ふわふわでめっちゃおいしい

la05

私オーダーの「ラナイ・オムレツ」(Lanai Omelet)
サイドはトーストハッシュブラウン

la06

オムレツの中には、
ポルトガルソーセージベーコンマッシュルーム玉ねぎチーズ
ごっそり入っています
このオムレツがほんとうに美味しくて、
すごいボリュームなのにしっかり完食

la07

おなかもいっぱいになったので、さっそく島唯一のレンタカー屋さん
「ダラー・ラナイ」(Dollar Lanai)へ。

la08

お店の中には、今日の道のコンディションが細かく書いてあります。
ラナイ島は舗装してある道路がたった48kmだけ。
ほとんどはでこぼこ道となるので、天候によってい道が閉鎖されている事も。
道路のコンディションに合わせて目的地を決めます。

la09

お店から手書きでその日のコンディションが書かれたマップをもらい、
今日は①、②そして③に行く事に。
ちなみに、地図内の太い道が舗装されている道。
黄色の点線舗装されていないデコボコ道になります。

こちらが私達が借りたジープ
本日一日お世話になります

la10

さてさて、まずは
①「神々の庭園」(Garden of the Gods)
に向かいます
…と、威勢良く向かっていますが…
どんどん霧が深くなってくる気が…

la11

ラナイシティからでこぼこ道を45分ほど走ったころ…
「神々の庭園」(Garden of the Gods)
の標識が…
あった…
のですが…

la12

この日はあいにくストームが近づいていたこともあり、
まわりは靄の中

la13

なんだか地の果てのような感じ…
まっ、ちょっと残念だったけど
これはこれで幻想的いい感じかも

la14

っと気を取り直し、その先の
②ポリフア・ビーチ (Polihua Beach)
に向かいます。
実はこの時点で私はもう引き返そうと思ったんですが、
旦那の「この先は天気が良いかもしれないよ!」
とのポジティブコメントでその先に進むことにしました

la15

進む道には対向車もなく…
ひたすら地の果てのような風景が続きます

la16

そして、ありえないような
でこぼこ道をひたすら進んでいきますあせる

la17

…っとしばらく進むと…
おぉ~
なんだか晴れてきた~
海が見えてきた~

la18

なんとか、がんばって
①「神々の庭園」(Garden of the Gods)から
から走ること40分、
②「ポリフア・ビーチ」 (Polihua Beach)
到着
ポリフア・ビーチはラナイ島の北の果てにある
穴場的なビーチ

la19

レンタカー屋さんの指示により、
ビーチまでは車行かず、手前のこの標識の所に駐車します。

la20

うぉ~
誰もいない広大なビーチが目の前に
感動的~
ちなみに小さい点みたいなのが旦那です。
ビーチの広大さが伝わりますでしょうか…。

la21

広~い

la22

足あとをつけて写真を撮ったり…

la23

打ち寄せる波の写真を撮ったり…

la24

目の前にはモロカイ島も見えます

la25

さて、十分に穴場のビーチを満喫した後は、
いったん「ラナイシティ」まで戻ります。
そして、今度は北東の方向に進み、
③「シップレックビーチ」(Shipwreck Beach)
(座礁船)
を目指します。
こちらはほとんどが舗装された道なので、らくちん

la026

舗装された道とはいえ、
大自然の荒野が続きます。

la27

おっ
座礁船 船 が遠ぉ~~~くの方に見えてきました

ズームイン

舗装道を進むと、突き当たりに標識が出てきました。
左側が「シップレックビーチ」(Shipwreck Beach)のようです。
ここからは舗装されていない道路を進みます。

la29

ラナイシティから25分ほどで
「シップレックビーチ」(Shipwreck Beach)
到着

la30

おぉ~
座礁船  が遠くの方に見えます。
ちなみに、座礁船ですが、これは
1940年代の石油タンカーが座礁したまま残っているそうです

la31


ズームイン

la32

そして、このビーチが、ラナイ島の中で
モロカイ島に一番近いビーチだそう。
ポリフア・ビーチで見たよりもモロカイ島が大きく見えます。

la33

さてさて、すっかりジープでの島めぐりを満喫したあとは、
車を返却し、ラナイシティからシャトルバス で、
「フォーシーズンズ・リゾート・ラナイ・アット・マネレベイ」
に戻ってきました。
これから、フロポエベイマネレベイの間にある、
あのラナイ島のシンボル的な存在の
「スイートハート・ロック」を見に出かけます。
「スイートハート・ロック」は、方向によっては
島の形がハート型に見える岩で、
ラナイ島の美しい自然のランドマークとなっている岩です。
(湾の先端のここ↓)

ホテルからフロポエビーチを抜けて
湾の先まで20分程度のハイキングです。

la34

フロポエビーチパークでは、ローカルの方達が
バーベキューバーベキュー をしたりして憩いの場になっています。

la35

フロポエビーチパークの左端の道を進んでいきます

la36

さらにどんどん進んでいきます

la37

対岸からみたホテル

la38

おっ右側に階段が…

la39

階段の下では子どもたちが遊んでいます。
自然にできたプールのようです。
楽しそう~

la40

さらに進んでいくと…

la41

おぉ~
突然目の前に「スイートハート・ロック」が…

でかっ

la42

岩の上を歩いてもうちょっと近づいてみると…
海の色がエメラルド色でとってもきれい~
ガイドブックでみたのと同じ風景
感動~

la43

さらにもうちょっと近づいてみました

さらに近づいてみました

la44

フォーシーズンズのスタッフの方のお話によると、
「スイートハート・ロック」
朝日が出る時間帯
が一番キレイなんだそうです。
次回は絶対朝日が出る時間帯に挑戦したい
と、島めぐりも満喫し、大満足のラナイ島の旅も終わりとなりました。
ずっと来てみたかった「ラナイ島」
本当にすばらしかった
近い将来、ぜひまた来たいと夢を膨らませつつ…かお
ラナイ島の空港で出発前にステキな虹に遭遇
旅の最後をステキに飾ってくれました

la45

JTBハワイ まりりん
★今回ご紹介した情報は予告なく変更される場合があります★
今回ご紹介した
「神々の庭園」「シップレック・ビーチ」「ラナイシティー散策」
などがセットになった、マウイ島からフェリーで行く
ラナイ島への日帰り観光ツアーもご用意しております
宝石ブルーラナイ島日帰り観光押
★ツアー内容は予告なく変更される場合があります★


★今回ご紹介した情報は予告なく変更される場合があります★
★今回ご紹介した情報は予告なく
変更される場合があります★

デスクがあるからいつでも頼れる!
個人旅行も大歓迎!
オプショナルツアーなら
現地40年の実績と信頼のJTBハワイで!

オプショナルツアー体験談はこちらから>>
こちらから>>

 

category_1category_1 category_3category_3

 

category_13category_13 

 

category_12 category_18category_18

 

banner_2_27_4d9cbanner_2_27_4d9c

 

tenshinoumi_2016tenshinoumi_2016 bannerb_ruthschrisbannerb_ruthschris

※本サイト内の全てのコンテンツ(画像、映像等)を無断で転用、複製することはお控えください。

Comment

“素晴らしかった「ラナイ島」③ジープで島内観光編” への7件のフィードバック

  1. 最近は仕事が忙しく、旅行に行けないので
    更新される度に読んでます
    なんだか、これから旅行に行くようなワクワクした気持ちになるので見ていて楽しいですね

  2. JTBハワイ より:

    >アーブル歯科クリニックさん
    弊社のブログを毎日読んでいただき、ありがとうございます。
    現地スタッフが毎日更新しておりますので、なるべく現地にいるよううな感覚で読んでいただけるようにがんばって更新しておりますので、今後もよろしくお願いします(^^)

  3. 秘書 より:

    ラナイ島特集、本当に楽しく読ませていただきました。
    何でもあるオアフはもちろん楽園ですが、
    ラナイ島、素晴らしい、行ってみたいです。
    ジープの運転は、達者な方じゃないと難しいでしょうか?
    あと、あまりに人が居なくて、日本人だけで観光していて、危なくないかなーと心配になりました。

  4. JTBハワイ より:

    >秘書さん
    「ラナイ島」本当にすばらしくって長い3部作になってしまいましたが、最後まで読んでいただいてありがとうございます!
    ジープの運転ですが、やはり慣れていないと難しいかもしれません。また、島内観光ですと、本当に人に会わないので、地図をしっかり読んでおかないと聞く事もできないので、ちょっと不安になるかもしれません。
    でも、ジープで島内観光はしなくても、フォーシーズンズのどちらかのホテルに滞在されて、シャトルで行き来するだけでも、ラナイシティにもいけますし、全然退屈することはありません。
    フォーシーズンズの海側のマネレベイには日本語の話せるコンシェルジェの方も常駐しておりますので、全く心配する必要はありません。
    すばらしいラナイ島にぜひ訪れていただきたいです!

  5. JTBハワイ より:

    >秘書さん
    滞在した際のマネレベイのホテルのパンフレットを見ておりましたら、ホテルでガイド付きの島内観光ツアーも受けていると書いてありました。
    お値段はちょっと高めですが、標識も無い、誰も居ない、でこぼこ道を個人で走るよりは、ずっと安心で、しかも貴重な体験が出来る事間違い無しです。
    もし、行かれる事があれば、ホテルのコンシェルジェに尋ねていただければよいかと思います(^^)

  6. たー より:

    写真からも人の気配の無さが伝わりますが…
    濃い霧の中、対向車も無いなんて、自分だったら不安で引き返してしまいそうです(((・・;)
    勇気ありますね、ご主人。
    けど「探険」ってかんじで面白そう。
    普段見ることの出来ない、ラナイ島のそれぞれ違った景色を見ることが出来て良かったです。

  7. JTBハワイ より:

    >たーさん
    ジープで回った際に、本当に対向車にも合わず、標識も無く…濃霧に襲われるわで、かなり不安でしたが、旦那が毅然としてくれていたお陰で今となってはとても良い経験になったと思っています。
    ラナイ島は小さな島ですが、高原側と海側もほんの20分のドライブで、全く違う世界ですし、また、島巡りもほんの30分走っただけでまたまた全く違う世界になり、本当に楽しめる島でした。
    たーさんも機会があったらぜひ訪れてみてください(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。