だって、ジョバンニ@ハレイワでガーリック・シュリンプが食べたいから♪

2014年07月08日

テーマ:ハワイのグルメ

まだまだハワイ新参者newの私。

実はまだノースショアに行ったことがなかったのです

あのサーファーサーファーの聖地として名高いノースショアに…

これはもう絶対行くしかないでしょう!
 
ということで、車を走らせ行って来ました。

でもお目当てはサーフィン、ではなくガーリック・シュリンプ

だって、やっぱり美味しいものが食べたいもん 

数あるお店の中から今回お邪魔したのは、

ノースショアの西側のノスタルジックな小さな町ハレイワにある

Giovanni’s Shrimp Truck(ジョバンニズ・シュリンプ・トラック)です。

道沿いの少し広くなったスペース、
いくつかトラックが並んだこの一角にあるはずだけど…

ジョバンニズ・シュリンプ・トラック(ハレイワ)_1

 

あ、ありました!名物の落書きだらけの白いトラック

ジョバンニズ・シュリンプ・トラック(ハレイワ)_2

 

行列列ができているのですぐに分かります。

もうお昼時を過ぎた平日の14時頃時計だったのに、こんなに並んでいるとは

ジョバンニズ・シュリンプ・トラック(ハレイワ)_3

 

期待がどんどん高まりますわくわく

さて、イメージ写真はどんな感じかというと…落書きだらけで見えなーい

ジョバンニズ・シュリンプ・トラック(ハレイワ)_4

 

もはやほとんど当てにならないので
くしゃくしゃカウンターのところにあるメニューメニューでチェックします。

ジョバンニズ・シュリンプ・トラック(ハレイワ)_5

 

あのテレビ番組テレビで紹介された時の表彰状も並んで置いてありましたよ

ここ、ハレイワのジョバンニズ・シュリンプ・トラックは2号店(車?)で、

本家本元はカフクのトラック(過去記事)です。

 

メニューはそちらと同じくガーリック・シュリンプエビ3種

ハーフサイズもあるので、
少人数でいろいろな種類をトライする時にはいいかも

サイドメニューとしてガーリック・ホットドッグホットドッグやご飯の追加ご飯

マカロニサラダマカロニもありました。

 

もちろんここはガーリック・シュリンプ3種ともオーダーしちゃう

そして「ホームメイド」の美味しそうな響きぺろっに惹かれて
マカロニサラダも追加

お会計を済ませてから少し待ち、出来上がりを呼ばれて受け取りにいきます。

トラックの前の赤いパラソルarnold palmer*の立ったテーブルが
食事スペースになっているので、

席を探しておくといいかも缶ビール

はい、こちらが待ちに待ったガーリック・シュリンプ

ジョバンニズ・シュリンプ・トラック(ハレイワ)_6

 

やっぱり外せないベーシックな「スキャンピ」は、

ガーリックニンニクの香ばしさとオリーブオイルオリーブオイルが食欲を刺激します。

ジョバンニズ・シュリンプ・トラック(ハレイワ)_7

 

エビは中サイズでプリプリ上げ上げ

背中に切れ目が入っていて殻が外しやすく、
背綿も処理されているのはポイントが高い

カラッと炒めあげられているのでフライパン殻まで丸ごと食べちゃうこともできますよ

こういうの、結構大事ですよねうんうん

見るからに辛そうな「ホット&スパイシー」

ジョバンニズ・シュリンプ・トラック(ハレイワ)_8

 

メニューに”Very hot. No refunds.(激辛、返金不可)”
とあったのでどんなものかと食べてみると…

これが本当に辛いっ

辛いものが割と好きで得意な私でも、
十分納得(いや、それ以上!)の激辛

お試しいただく価値はあると思いますが、お気を付けくださいね

エビの旨みよりはもはや辛い味が売りかなてん

口休め的な優しい味だったのが「レモンバター」

ジョバンニズ・シュリンプ・トラック(ハレイワ)_9

 

ほんのりレモンレモンとバターバター☆の香るボイルしたエビに、
ソースが別添えされています。

このソース、最初に全部をかけてしまうのではなく、

エビをディップしながら食べるのがいいかも

ガーリックが苦手な方でも、
これなら一緒にエビを楽しむことができますよねエビ

そして「マカロニサラダ」も。

ジョバンニズ・シュリンプ・トラック(ハレイワ)_10

 

見た目にこれといった特徴があるわけではないのですが

どこか懐かしい、日本のお惣菜屋さんにあるような味に癒されました

こちらのガーリック・シュリンプエビは、白いボックスではなく

紙皿皿の上に2スクープのご飯と盛られて出てきます。

テイクアウトの場合には上にもう1枚紙皿が蓋のようにかぶせられ、

アルミホイルで包まれたものが渡されます袋汁漏れに注意しましょう

 

そして食べている時に悩ましかったのが、ハエてん

追い払いながら食べるのは、ちょっと煩わしかった、かな

でも美味しい物のためなら

そうそう、あとガーリック・シュリンプを食べるときには
紙ナプキンや手洗い場もありますが、

ウェットティッシュてぃっしゅを持参すると便利ですよ

さあ、次はどこで美味しい物を食べようかな~っ

 

JTBハワイ nappiレイ

 

 

Giovanni’s

66-472 Kamehameha Hwy., Haleiwa, HI 96712

(808)293-1839

【営業時間】 毎日 10:30~17:00


★今回ご紹介した情報は予告なく変更される場合があります★
★今回ご紹介した情報は予告なく
変更される場合があります★

デスクがあるからいつでも頼れる!
個人旅行も大歓迎!
オプショナルツアーなら
現地40年の実績と信頼のJTBハワイで!

オプショナルツアー体験談はこちらから>>
こちらから>>

 

category_1category_1 category_3category_3

 

category_13category_13 

 

category_12 category_18category_18

 

banner_2_27_4d9cbanner_2_27_4d9c

 

tenshinoumi_2016tenshinoumi_2016 bannerb_ruthschrisbannerb_ruthschris

※本サイト内の全てのコンテンツ(画像、映像等)を無断で転用、複製することはお控えください。

Comment

“だって、ジョバンニ@ハレイワでガーリック・シュリンプが食べたいから♪” への4件のフィードバック

  1. マリザイル☆ より:

    そうそう、お察しの通り ウエットティッシュが必需品です。
    ハレイワはハエがすごいんです!!!
    私はカフクと両方行きましたがカフクはそんなに気にならなかったですよ (^O^)/
    美味しそうですね。早く食べに行きたいです

  2. JTBハワイ より:

    >マリザイル☆さん
    コメントありがとうございます。
    我が家は子供はいないですが、ペットがいるので、おしりふきが常備されています。
    今度行くときは忘れないように持っていきますね~!

  3. もも より:

    私はジョバンニが1番好きです。
    毎回思うのですが、カフクの方が絶対に美味しいと思うんです。
    味に違いがあるのかな~
    エビ養殖場が近いから新鮮?(笑)
    私は大きいサイズのペットボトルに水を入れて持っていって、手を洗いますよ~
    何気に便利です。
    途中で補給したりして、
    海に行っても足を洗えるし。
    ミネラルウォーターでも安いですけど…

  4. JTBハワイ より:

    >ももさん
    いつもコメントありがとうございます!
    ももさんもジョバンニが一番ですか~!ガーリックシュリンプの元祖って感じでファンが多いですよね。エビってやっぱり獲れたて新鮮ってだけで美味しさかなりUPしてると思いますよ~(・ω・)/
    手洗い用のペットボトルを持ち歩くの、ハワイ上級者ならではって感じの素敵なアイデア★シェアありがとうございます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。