ハワイの伝統文化とおもてなしの心に触れる「アウトリガー・リーフ・ワイキキ・ビーチ・リゾート」

2017年09月26日

テーマ:ハワイのホテル

ハワイにホテルは星の数ほどありますが、海を間近に眺めながらのんびり滞在できる、オーシャンフロントのホテルは特に魅力的ですよね

 

中でも今回ご紹介するのは、地元ハワイに根ざしたおもてなしの心あふれるホテル「アウトリガー・リーフ・ワイキキ・ビーチ・リゾート

 

こちらのホテル、日本のTV番組にも取り上げられたことで今話題沸騰中なんです
今回はそんな人気ホテルをレポートしたいと思います

 

ハワイに数多くあるアウトリガー系列のホテルの中でも最大規模のアウトリガー・リーフは、ハワイの伝統文化と「アロハ・スピリット」と呼ばれるおもてなしの心を大切にしています。

 

たとえば、チェックイン時にはおしぼりと冷たいドリンクのサービスが!

 

長旅で疲れた体をリフレッシュしてくれますちなみに、髪に挿してあるプルメリアのお花もサービス

 

ロビーにはハワイの伝統工芸品や絵画が飾られていて、まるで美術館のよう

 

ふとロビーを見渡すと、輪になってウクレレを弾いている人たちが
アウトリガー・リーフでは、フラやウクレレ、レイ・メイキングなどのハワイアン・カルチャー・アクティビティが行われており、宿泊者は無料で参加することができるのです

 

ショッピングやビーチでのんびりもいいけれど、せっかくならハワイの文化を体験してみたい!という方にはもってこいのホテルです

 

【お部屋編】
続いては、アウトリガー・リーフの様々なタイプのお部屋をご紹介します!

 

①シティー・ビュー
こちらは、ベランダからワイキキの街が見渡せる「シティー・ビュー」タイプのお部屋パイナップルをモチーフにしたベッドなど、ハワイを感じさせる内装になっています

 

ベッドの上にあるのはアウトリガー特製のトートバッグで、なんとお持ち帰りOK!水を弾く素材でできているので、ビーチに持って行っても大丈夫

 

客室にはコーヒーメーカーがあり、コーヒーやお水は毎日補充してくれます

 

こちらはバスルーム奥に見えるのは拡大鏡で、女性の宿泊客に好評なのだとか

 

そしてアウトリガー・リーフは全室バスタブ可動式シャワー付き日本人には大変嬉しい仕様ですね

 

さらに全室にバスローブ、スリッパがあるので、お風呂上りにバスローブをまとってバルコニーで優雅なひと時を味わってみては?

 

②パーシャル・オーシャン・ビュー

 

「パーシャル・オーシャン・ビュー」とは、一部海の見えるお部屋のこと。ベランダに出てみると、建物ごしにキレイなが!手前のプールジャグジーとの色のコントラストも素敵です

 

内装はシティー・ビューとほぼ同じですが、こちらのお部屋には洗面所と寝室を隔てる壁にこんな特徴的な窓が。これは風通しを良くするためのもので、温暖なハワイの住宅ではよく見かけるのです。
地元ハワイの文化を大切にするアウトリガー・リーフならではの仕様です

 

③ボエジャー 47 クラブ・1ベッドルーム・オーシャン・フロント・スイート
最後にご紹介するのは、窓を開けたら目の前に海が広がるこちらのタイプのお部屋!今回は、中でも一番広い客室を案内してもらいましたドアから既にスペシャル感が伝わります

 

こちらがダイニングルームとリビングルーム。

 

電子レンジとウェットバー(流し台)があるので、簡単な調理ができるのが助かります

 

壁に飾ってあるパドルなど、こちらもハワイらしさが溢れる内装

 

そして圧巻だったのが、こちらのマスターベッドルーム

 

お部屋の外は一面の海窓を全部開けると心地よい海風が入ってきて、エアコン要らずの快適さ

 

バルコニーに一歩出れば、ダイヤモンドヘッドが織りなす絶景を独り占めできます!

 

思わず時間を忘れて景色に見入ってしまいます

 

そしてベッドルームの隣にあるのが、こちらの大~きなバスタブジャグジー、マッサージ機能付きという何ともゴージャスなお風呂手前の扉を開ければ、海を見ながら入浴できちゃいます

 

シャワーもこんなに広々としています!

 

さて、夢のようなお部屋を後にし、次は館内の様々な施設に向かいます

 

【館内施設編】
ボエジャー47クラブ・ラウンジ
こちらは、一部の客室に宿泊している方のみが無料で利用できるラウンジ。

 

朝(午前7時~午前10時)と夕方(午後5時~午後7時)営業しており、朝は軽食やコーヒー、夕方はハワイの地ビール等をププ(おつまみ)と共に楽しめます

 

特にコーヒーは種類が豊富で、専用のマグカップも可愛い紙コップも用意されているので、お持ち帰りもできます

 

コーヒーと軽食でエネルギーを補給したり、夕方ディナーに出かける前に一杯飲んだり、とても使い勝手の良いラウンジです

 

ラウンジの外にもソファーがあるので、海を見ながらゆったりくつろげます

 

ホテル内のショップ
アウトリガー・リーフのロビー階には多数のショップが入っており、まるでショッピングモールのようこちらは、アウトリガーオリジナルグッズを売っている「アウトリガー・トレーディング

 

こちらのコンビニエンスストア「クアイ・マーケット」では、日用品や軽食が色々そろっています!ホテルの中にコンビニがあると何かと便利ですよね

 

他にも、ハワイ在住のアーティストが手がけた絵画、ハワイ原産のコアの木を使ったお土産など、ここでしか買えないものが手に入るお店が沢山あります。ここでも、地元ハワイに根ざしたアウトリガー・リーフらしさが光ります

 

フィットネスセンター、コインランドリー
ホテル内のフィットネスセンターは24時間開いており、マシンも充実。旅行中も健康管理をしっかりしたい!という方にぴったりです

 

また、フィットネスセンターの隣にはコインランドリーがあるので、長期滞在で洗濯が必要になっても大丈夫

 

レストラン・バー
大型ホテルのアウトリガー・リーフは、もちろんレストランやバーも充実ですが来月以降、その中のいくつかが閉店し新しいお店に生まれ変わるということで、今回は来月以降も営業を続けるこちらのレストラン、「カニ・カ・ピラ・グリル」に注目しました!

 

こちらのレストランにはステージが併設しており、地元の人気アーティストによるハワイアンミュージックの生演奏が毎晩行われています!

 

お酒やお食事を楽しみながらハワイアンミュージックを聴いたら、最高の思い出が作れそうですね

 

いかがでしたでしょうか?
至るところにハワイの工芸品や絵画が飾られ、伝統文化にも親しめるアウトリガー・リーフ・ワイキキ・ビーチ・リゾートアロハ・スピリットあふれるおもてなしを受けたら、また戻って来たくなること間違いなしのホテルです

 

          

 

【注:ワイキキ・コネクション・フィーについて】
こちらの記事でご紹介したサービスの一部は、リゾート料金であるワイキキ・コネクション・フィー(1泊1室あたり$30+税金)に含まれるものです。ワイキキ・コネクション・フィーに含まれるサービスは以下の通りです。

 

ワイキキ・コネクション・トロリー(ご宿泊者様専用トロリー)乗り放題
WiFiインターネットアクセス(1室に付き3端末まで接続可能)
ハワイ州内およびアメリカ国内通話とカナダを含む国際電話(毎日60分まで)
ミネラルウォーター2本(1日あたり)
現地の新聞
アウトリガーの以下のレストランにて、お子様向けに朝食無料サービス
※大人1名様がご注文頂いた場合に、5歳以下のお子様の朝食が無料となります。
– カニ・カ・ピラ・グリル(アウトリガー・リーフ・ワイキキ・ビーチ・リゾート)
– フラ・グリル(アウトリガー・ワイキキ・ビーチ・リゾート)
– デュークス・ワイキキ・レストラン(アウトリガー・ワイキキ・ビーチ・リゾート)
ハワイアン・カルチャー・アクティビティに無料で参加頂けます。
Faithサーフ・スクールのアクティビティ「アウトリガー・カヌー・ライド」の$10クーポン券(1名様1枚)※予約状況や天候によってご利用いただけない場合もございます。
※カヌーは、アウトリガー・ワイキキ・ビーチ・リゾート前のFaithサーフ・スクールの乗り場からのみ利用可能となります。
アウトリガー特製エコトートバッグ(1室1袋)
ワイキキビーチウォークを中心とした40軒以上のショップやレストランで利用可能なクーポンブック、周辺施設へのお得な割引入場クーポン券

 

※上記の情報は2017年9月現在のものであり、サービスの内容は予告なしに変更される場合があります。

 

          

 

ハワイのホテルに泊まるなら、JTBによるハワイ専門のホテル予約サイトJTBハワイトラベル.comへ!お得な価格設定と充実したホテル情報で楽しい旅の思い出作りをお手伝いします

 

JTBハワイ WEB HOTEL課


★今回ご紹介した情報は予告なく変更される場合があります★
★今回ご紹介した情報は予告なく
変更される場合があります★

必見ハワイの過ごし方!モデルプランはこちらから>>

category_1 category_13

 

 

 

※本サイト内の全てのコンテンツ(画像、映像等)を無断で転用、複製することはお控えください。

Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。