愛くるしいドルフィンに誘われて...ドルフィン・ウォッチングに出かけよう!

2017年07月21日

テーマ:オプショナルツアー

ひし形っぽい形をしたオアフ島。北にはノースショア、東にはサンドバー、南にはワイキキビーチ、では西には何があるかご存知ですか?

 

ぐるっと海に囲まれたオアフ島、どこのビーチも美しく絵になるのですが、その中でもひときわ透明度の高い海が広がる西オアフそこでイルカに出会える人気ツアードルフィン・ウォッチング&ウェスト・オアフ・クルーズをご紹介します。

 

午前7:30にワイキキのホテル集合。バスに乗り、西へ向かうこと約1時間。大都会の高層ビルが立ち並ぶ景色はあっという間にのどかな田舎町へと変わり、さらに西へと向かうと、ワイアナエ・ボートハーバーに到着。

 

そこで、私たちを出迎えてくれたのは、こちらのドルフィン・スター号です

 

この船は2階建てのカタマランタイプで、揺れの影響を受けにくくデッキからは360度のパノラマビューが楽しめる設計になっています。船酔いが心配な方は、船上で酔い止めのジンジャーピルをもらえるので、飲んでおいてくださいね

 

乗船すると、本日のキャプテンのご挨拶。救命胴衣についての説明をうけ、時刻は9:30。いよいよ出港行ってきまーす

 

まだ暑くなりきらない清々しい海風を受け、イルカとの出会いを求め船はぐんぐん進みます。…とエンジン音が止まり、船長さんから「1時の方向にイルカがいるよ!」とアナウンスが

 

すかさず日本人クルーから「皆さん!船首を12時に見立て、1時の方向をご覧ください!」と案内がありました。このようにイルカの見える方向を時計の針に見たてて知らせてくれます。どれどれ?1時の方向…と。む?むむむ?
まぶしい海原になんとなく黒い影。イルカ…かな?遠くを見つめること数秒…

 

なんと灯台下暗しこんな、船の真下にイルカがこちらはハワイアン・ハシナガウイルカ。体長2メートルほどで、ジャンプが得意

 

あいにくこの日はジャンプを見ることはできませんでしたが、まるで、私たちの船と追いかけっこを楽しんでいるみたいに船の周りをずっと泳いで、かわいい姿を見せてくれましたたっぷりイルカの姿をカメラに収め、船はまたゆっくりと動き出します

 

長年の勘でイルカに出会える場所がわかるという船長さんが次に船を止めたのは、ワイアナエ・ハーバーよりさらに西にあるマカハ・ビーチの近くでした。こちらの大家族はバンドウガイルカ

 

先ほどのハワイアン・ハシナガイルカより一回り大きく体長約3メートル。少し浅瀬にいたせいか、海の色が違いますね

 

夢中でシャッターを切っていると、気づけばどこからか美味しそうな香りがちょうどお腹も空いてきたところで、「ランチの準備ができました~」のアナウンス1階へ降りると自分でカスタマイズできるBBQバーガーコーナーがオープンしていましたわーい楽しそう

 

まずはベースとなるパンを選びます。
手前がタロパン、奥がカイザーパンです。どちらにしようかな?

 

お好みでチーズや野菜もトッピング

 

そして最後にこちらの焼きたて熱々のビーフパテを…

 

パンにのせてもらうと…

 

じゃ~ん~完成ボリュームたっぷりのハンバーガーで、おなかも満足しました。

 

船はゆっくりと港へ戻り、クルーズは終了です。
ワイキキまでの帰り道は日差しと海風を浴び、心地よく疲れた身体にはちょうど良い休息タイム。ワイキキに午後1時ごろの到着となりますので、まだまだ時間は有効に使えますよ

 

今回ご紹介したツアーは、船上から野生のイルカをウォッチングできる
ドルフィン・ウォッチング&ウェスト・オアフ・クルーズ

 

その他イルカウォッチングの後にシュノーケルも楽しめる
ドルフィン・ウォッチング&シュノーケリングもあります

 

どちらも年齢制限がありません
さらに!ルックJTBとJTBお買得旅ご利用のお客様で2017年7月1日~9月30日の参加なら夏旅キャンペーン実施中!ご家族皆さんでいかがですか?

 

JTBハワイ DPS課

 


★今回ご紹介した情報は予告なく変更される場合があります★
★今回ご紹介した情報は予告なく
変更される場合があります★

必見ハワイの過ごし方!モデルプランはこちらから>>

売れ筋レストラン&ディナーショーはこちらから>>

category_1 category_13

 

category_3 

 blog_bannerb_kaimarket

※本サイト内の全てのコンテンツ(画像、映像等)を無断で転用、複製することはお控えください。

Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。