ルックJTB オリオリハワイドットコム

ハワイの旅をまるごとサポート!
現地情報からオプショナルツアーまで、
まるごとお役立ち情報掲載!!

サイト内検索

ハワイ最大の博物館!ビショップ・ミュージアム

ちょっとディープなハワイに触れる

ハワイの魅力はワイキキや海だけにあらず。ハワイを含む太平洋の島々から集められた工芸品や自然科学の貴重なコレクションを眺めながら、ちょっとディープなハワイに触れてみませんか?
bishop_main

ビショップ・ミュージアム入り口

ビショップ・ミュージアムへ

ビショップ・ミュージアムはハワイ州最大の博物館です。カメハメハ大王のひ孫であり、 カメハメハ家最後の直系子孫にあたるバニース・パウアヒ王女の追悼のために1889年に設立されました。設立したのは、夫であるチャールズ・リード・ビショップ氏。 ワイキキから少し距離がありますが、オリオリタクシーなら移動も楽々。 お弁当を持参して、ゆったり1日コースがお勧めです。 ◉ オリオリタクシーの詳細はこちら

日本語ガイドツアーに参加しよう

9:00のオープンと同時に入館。オリオリカードを提示すれば、何と入館料20%オフ。コレを使わない手はありません! 気分もよくなったところで、まずはハワイの歴史をたっぷり堪能。10:30からの日本語館内案内でハワイアン・ヒストリーの基礎をおさえましょう。

ハワイアン・ホール本館

hawaiian_hall

ハワイアン・ホール1階から吹き抜け部分を見上げる

hawaiian_hall_outside

ハワイアン・ホール本館外観

本館の外壁は溶岩石で覆われ、内装はハワイにのみ生育する希少な植物「コア」の木材が豊富に使われています。お土産屋で見るコア製品は、小さな物でもとっても高価。今では、この規模のコアの建築物を作るのは不可能と言われています。

cloak

王族が身にまとっていた鳥の羽製のマント (アフウラ)

fishhook

太平洋に広がる島々の文化のつながりを示す証明 となった釣り針の数々

1階はハワイの神々や信仰に関する展示、2階は漁業や農業の道具、フラの楽器など一般の人々の暮らしに関する展示、3階では王族にまつわる展示を見ることができます。

audio_tour

館内40箇所で聞けるオーディオツアー

展示物の解説は基本的に英語です。しかしご安心を。日本語での館内案内(1日4回/約30分/無料)のほか、ご自分のスマートフォン(iPhoneやandroid)を館内フリーWi-Fiに接続すれば、日本語によるオーディオツアーも楽しめます。これは嬉しい。

パシフィック・ホール

laputa

ハワイを含むポリネシア文化の基となったラピタ文化 圏で発掘されたラピタ式土器(レプリカ)

exhibition

様々な工芸品の数々、カヌーの模型、 大型スクリーンなど見どころタップリ

2013年にリニューアルしたばかりの新ホール。上階では、太平洋の真っ只中にあるハワイ諸島に一体どこからどのように人々が到達したのか、それに伴い文化がどのように変化していったのかを、時の流れに沿って見ることができます。下階には、地域ごとに異なる多種多様な工芸品が展示されています。

kamehameha_school

旧カメハメハ・スクール

旧カメハメハ・スクール

芝生エリアでちょっと早めのお弁当。(※建物内での飲食は禁止されています) 芝生エリアを見渡すと、ハワイアン・ホール本館と同じく溶岩石で覆われたもう一つの建物が目に入ります。現在は一般開放されていませんが、ハワイアンの血を引く子供たちのために設立された学校、カメハメハ・スクールだった建物です。敷地内で最も古い建物とのこと。

サイエンス・アドベンチャーセンター

lava_melt

Lava Meltプログラム(英語)にて 岩を高温で溶かす様子

science_adventure_center

ハワイアン・ホール本館とは対照的な近代的な外観

歴史の次は自然を堪能。海底火山の噴火と隆起、溶岩の堆積や風雨による侵食などによって生みだされたハワイ諸島。そんなハワイの成り立ちや火山についての展示が盛りだくさん。それらに加え、ハワイならではの動植物の標本など、自然科学的な視点からも見どころが満載。目の前で岩をドロドロに溶かして、人工的に溶岩を作りだす実演も楽しめます。

プラネタリウム

star_map

お土産の星空マップ これを見て星座探しにチャレンジ!

planetarium

今宵の星空を先取り体験

Lava Melt が終わったら、12:45からの日本語プラネタリウムへGO。サイエンス・アドベンチャーセンターで海底と地上の世界を楽しんだら、次は神話と空と宇宙の世界へ。ハワイの神々の話、コンパスも持たない人々が遠く離れた島々からハワイにたどりつくための航海術の話し、極めつけは今日の星座など、他の展示とは一味違った世界が広がります。

自分のペースでゆっくりと

見たりない&もっと見たい展示物を自分のペースでゆっくり堪能。隅から隅まで見ようと思ったら、とても1日では回りきれません。しかも日本語プログラム以外に、さらに充実した様々な英語プログラム、期間限定の展示もアチラコチラで行われていますので、時間の許す限りゆっくりと楽しんではいかがでしょうか。ミュージアムをたっぷり楽しんだら、再びオリオリタクシーで楽々ホテルへ戻りましょう!

オリオリカード特典! 入館料が下記料金より20%割引き 大人 22.95ドル、子供(4~12歳) 14.95ドル※4歳未満は無料 、シニア(65歳以上) 19.95ドル【2016年11月現在】
基本情報 名称:Bernice Pauahi Bishop Museum バニース・パウアヒ・ビショップ・ミュージアム 開館時間:AM 9:00~PM5:00 休館日:感謝祭、クリスマス(12/25) デイリープログラム:無料&予約不要、所要時間役30分 日本語 館内案内:AM10:30・AM11:30・PM1:30・PM2:30 英語 Lava Melt ~ ハワイの火山:PM12:00 日本語 プラネタリム:PM12:45 住所:1525 Bernice Street Honolulu, Hawaii 96817-2704 電話番号:国番号 1+ (808) 847-8291(日本語ライン) http://jp.bishopmuseum.org/
※各情報は2015年10月現在のものとなります。